更年期症状の緩和にイソフラボン

効能・効果

イソフラボンは、大豆の胚芽に多く含まれるポリフェノール化合物の一種で、体内に摂取されると女性ホルモン(エストロゲン)と似たような働きをすることで知られています。女性の閉経に伴う更年期障害の症状を緩和したり、骨粗鬆症の予防に効果を発揮します。また近年では、脳卒中や心筋梗塞などといった血管に関する生活習慣病の予防に役立つものとしても注目されています。そして、乳ガンや前立腺ガンの予防にも有効です。イソフラボンの分子の構造が女性ホルモン(エストロゲン)と似ていることから、ホルモン不足の場合(更年期、骨粗鬆症、前立腺ガン)は補い、過剰の場合(乳ガン)は抑制します。

イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用をするというと、環境ホルモンとの類似性が気になるところです。現在では環境ホルモンという言葉を耳にする人も多いと思いますが、環境ホルモンとは、生物の本来のホルモンの働きを狂わせてしまう物質をさす呼称で、正確には、「内分泌かく乱物質」といいます。イソフラボンと化学物質の環境ホルモンの働きは似てはいますが、決定的に違うのは、イソフラボンが人に与える影響は、ごくわずかだということ。その作用は体内でつくられる女性ホルモンの1000分の1程度なのです。さらに、2日くらいすると尿中に出て排出されますので、それほど心配は要りません。また、イソフラボンを摂っていると環境ホルモンが体内に侵入してきたときに受容体との結合を阻害する効果もあって、環境ホルモン対策にも有効なのです。

血管に関する病気の予防に役立つのは、体内の女性ホルモン(エストロゲン)が、血管の拡張に重要な役割をもつ成分の合成に関わっているからです。加齢などにより女性ホルモンが減少すると、血管が柔軟でなくなり高血圧や血管障害をもたらしますが、イソフラボンがその代わりをしてくれます。

飲み方

飲料タイプ、カプセル、タブレット、顆粒などの種類がありますが、イソフラボン単独のサプリメントというのは少ないので、含有量に注意しましょう。目標の摂取量は1日に50ミリグラムくらい。

こんな人にオススメ!

  • 更年期症状の緩和
  • 骨粗鬆症の予防
  • 環境ホルモン対策
  • 動脈硬化の予防
  • 乳ガン
  • 前立腺ガン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です