ナ行」カテゴリーアーカイブ

ノコギリヤシで前立腺肥大の症状を改善・予防する

効能・効果

ノコギリヤシは、北アメリカ南東部原産のシュロ科の植物です。葉がノコギリの刃のような形をしていることから名前がついたハーブで、アメリカの原住民には古くから強壮剤として親しまれていました。この果実に含まれている成分には、前立腺肥大症に効果があることがわかっています。

前立腺とは男性の膀胱から尿道あたりを囲む位置にあるクルミ大の臓器で、内腺と外腺とがあります。内腺のほうに肥大結節という小さな結節が生じて、それが大きくなり外腺を圧迫することで、前立腺全体が肥大するのが前立腺肥大症です。

個人差はあると思いますが、中高年の男性では多くの人が排尿障害を感じるようになります。肥大結節が生じはじめるのは30歳代からで、50歳代になると50パーセントの男性に認められています。前立腺肥大症の初期症状としては、尿がなかなか出なくて時間がかかる、排尿に勢いが無くなる、などがありますが、ノコギリヤシのエキスには、こういった症状の改善や予防に効果があるとされています。

前立腺が肥大する原因のひとつとして、男性ホルモンの作用が関係しています。DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが前立腺に働きかけるときの刺激です。DHTは「悪玉男性ホルモン」ともいわれますが、テストステロンという男性ホルモンからつくり出されています。年齢を重ねるとテストステロンがDHTに転換される割合が増えるため、中高年になると過剰なDHTの作用により、前立腺肥大が生じると考えられます。

そして、前立腺が肥大すると5α-リダクターゼという酵素が分泌されるのですが、その酵素は皮脂腺に多く存在するので、発毛や育毛の妨げに働いてしまうことがあります。しかし、ノコギリヤシにはその働きを阻害する力があるのです。

ノコギリヤシの果実には有効成分である脂肪酸が多く含まれていて、この成分を含むノコギリヤシエキスは、DHTの前立腺への働きかけや、5α-リダクターゼの働きを抑え、前立腺肥大や脱毛の予防に対する効果が有効であると考えられています。

また、前立腺に炎症が起き、残尿感や排尿痛、頻尿などを引き起こす前立腺炎は、若い世代の男性に多く起こります。慢性化すると治りにくく、再発を繰り返したり、前立腺炎が悪化すると前立腺に膿が溜まることもあるのですが、抗炎症作用があるノコギリヤシは前立腺の炎症を抑えるのに期待できます。

飲み方

ノコギリヤシは多くの臨床試験によって有効性と安全性が示されているハーブです。問題となる副作用などは報告されておらず安全性は高いですが、医薬品と併用する場合には、医師と相談のうえ摂取するのが良いでしょう。

こんな人におすすめ!

  • 前立腺肥大症を改善・予防したい
  • 排尿障害を改善したい
  • 抜け毛を防ぎたい

ノコギリヤシ
— ノコギリヤシ(ソーパルメット)とカボチャ種子エキス、植物性ステロール、ビタミンEを配合

難消化性デキストリンで肥満を予防する

効能・効果

難消化性デキストリンは、とうもろこしやじゃがいものデンプンを消化酵素アミラーゼというもので加水分解して、消化しにくい成分を取り出し調整をした水溶性食物繊維です。食物繊維は世界で遙か昔からその有益性が注目されていたそうですが、日本では長い間、消化されない不要なものというような認識をされててきました。しかし、研究が世界中で広く行われるようになってからは、食物繊維の健康への効果がますます注目されるようになりました。難消化性デンプンは20世紀の終わり頃には製造法が発明されて、それから現在においては、安全性が高い食品素材として、たくさんの食品に使われています。

食物繊維というと整腸作用があって、便秘を改善させることなどが一般的に知られているように、難消化性デキストリンも、同じ様に便秘の改善や予防にも効果をあらわします。食品に含まれる水分を吸収しゼリー状に変化して、便を軟らかくしたり、かさを増したり、腸の中で善玉菌を増やして腸内環境を整えたりします。また、難消化性デキストリンには、食後に急激に血糖が上昇するのを穏やかにする働きがあります。さらに、脂肪やコレステロール値の低下作用もあって、肥満の予防や生活習慣病の予防にも役立つとされています。ほかに、マグネシウム、カルシウム、鉄や亜鉛といったミネラル類の吸収率を高める働きもあるようです。

難消化性デキストリンはデンプンからつくられている食材であって、自然の食材で含まれているものはありません。トクホ(特定保健用食品)や健康補助食品の中に材料として含まれています。溶液は低粘性ですが透明であるため、食品の味や見ためにそれほど影響しないところが利点です。安全性が高いこともあり、いろいろな食品への利用が可能です。

食物繊維としての難消化性デキストリンの1日の摂取量は、3~8グラムが目安とされています。食後の血糖や中性脂肪の上昇を抑制するので、炭水化物、油っこい料理や甘味料を使ったものと一緒に摂取することで、糖質や脂質が吸収されるのを緩やかにします。

飲み方

サプリメントには、粉末タイプと、お茶や青汁などに含まれている飲料タイプがあります。食前か食事中の摂取が効果的で、ゲル化する性質なのである程度の水分と一緒に摂取するほうがよいです。体質や体調などによっては、摂りすぎるとお腹が緩くなることがあります。

こんな人にオススメ!

  • 便秘を改善したい
  • 体脂肪率が高い
  • 肥満の予防
  • 生活習慣病の予防

ノニは万能スーパーフルーツ

効能・効果

ノニは南太平洋諸島をはじめとする東南アジア原産のフルーツで、ゴツゴツした実がなります。和名ではヤエヤマアオキといわれ、日本では、沖縄諸島に自生しています。ノニの実は各種ビタミンやミネラル、必須アミノ酸など多くの栄養素を持ったハーブの一種です。果実は収穫後3日から1週間くらいで醗酵を始めますが、その醗酵果汁には必須アミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノール類など現代人に有用な成分が多く含まれています。

この果実は、古くから食用と薬用の両方に利用されてきました。一般に、黄色く色づいたら実をもぎ、太陽に当てて追熟してから搾ってジュースにします。薬用には、糖尿病、高血圧、心臓病、関節炎などの治療に用いられ、免疫力を高める万能薬とされてきました。また、果実から出る液は傷口や腫れものにぬったり、うがいに用いたりされ、鎮痛消炎作用もあります。このようなノニの幅広い薬効は、数多くの種類の有効成分を含んでいることによるものです。その有効成分は、アントラキノン類、アルカロイド類、フラボノイド類などで、これらの相互作用によって効能を発揮すると考えられています。注目されているひとつに、プロキセロニンという成分による細胞の活性化があります。タンパク質の働きをサポートし、弱った細胞の再生を促して機能を正常に保ちます。ノニ以外にプロキセロニンを多く含んでいる植物にパイナップルがありますが、ハワイのパイナップル研究所の研究によると、ノニはパイナップルの40倍のプロキセロニンを含んでいて、プロキセロニンを最も多く含む植物であることを発見しました。

ノニには、主にグルクロン酸配糖体、ガラクトースなどからなる多糖類が含まれています。この多糖類はマクロファージやTリンパ球を刺激してインターロイキン、インターフェロン、ガン因子などの免疫を強くする物質の産生を増加させます。免疫機構が強くなると、異物であるガン細胞や病原菌、アレルギー源となる抗原が体内から除去され、いろいろな病気にかからなくなります。また、糖尿病や甲状腺異常などといったホルモンに関する病気が、最近では自己免疫疾患であるといわれています。自己免疫疾患とは免疫機構が異常になり、間違えて自分の細胞を攻撃してしまうことで起こる病気ですが、ノニを服用することで免疫機構が正常化すると、このような病気を防ぐことができるようになります。

飲み方

ジュースが主ですが、錠剤やカプセル、粉末のサプリメントもあります。ジュースが飲みにくい場合は他のフルーツジュースなどと混ぜると飲みやすいでしょう。エキスはクセが強いですから、ジュースのにおいが苦手な人には粒タイプがよいです。

こんな人にオススメ!

  • 血圧が高い
  • 糖尿病
  • アレルギー体質
  • ガンの予防

ニンニクでスタミナの増強

効能・効果

ニンニクといえば食欲をそそる独特の香りをもっています。ニンニクは、古代エジプトの時代からスタミナ増強に利用されてきました。ピラミッドの壁には建設従事者である奴隷たちに食べさせたニンニクの量などが記されているそうで、そこからも、ニンニクが過酷な労働においての体力を維持するためのスタミナ源だったことがわかります。そうしてエジプトから世界に広まっていき、その効用が伝えられています。日本には、朝鮮半島や中国大陸を経て4世紀ごろに伝来したとみられています。

ニンニクエキスの入った健康食品はメディアでも多く紹介されていますから、知っている人も多いでしょう。においがほとんど気にならない無臭ニンニクなども話題です。

ニンニクの有用成分は、おもに、アリインというアミノ酸の一種です。アリインは、交感神経を刺激して興奮状態にする作用があり、同時に体脂肪を燃焼させてエネルギーに変換します。ニンニクを切ったりつぶしたりすることで、アリインは強いにおいのある「アリシン」に変化します。アリシンは分解しやすく、ニンニクオイルの主成分の二硫化ジアリルや含硫化合物へと変わります。この含硫化合物には、ガンができるのを抑える働きがあることが認められています。また、疲労回復に効果的なビタミンB1の吸収を良くする作用があり、これらの働きが強壮につながっていると考えられています。

ニンニクには、ほかにも抗酸化作用、コレステロール低下作用や血圧降下作用、そして血栓抑制効果など、幅広い効用があります。強い殺菌作用もあるため、食中毒や風邪の予防、整腸・健胃に役立ちます。

ニンニクは、一度にたくさん食べるとそのぶん大きな効果が期待できるものではなく、適量を毎日続けて摂取することが、病気にかからない丈夫な体をつくるのに役立ちます。ニンニクを食べる場合の1日の摂取量は、生なら1片まで。生のニンニクを食べ過ぎると胃に負担がかかります。加熱したものでも2~3片くらいがよいです。

飲み方

サプリメントには、粒やカプセル、ドリンクタイプなどの種類があります。健康維持に毎日続けての摂取がおすすめです。

サプリメントなら、青森産福地ホワイト六片にんにくを使用したやわたの熟成にんにく卵黄がおすすめ。

こんな人にオススメ!

  • 疲労回復
  • 血圧が高い
  • コレステロール値が高い
  • ガンの予防
  • 血栓の予防

ニコチンの排泄を促進するニコエン

効能・効果

ニコエンは、体内からタバコのニコチンを排出する効果をもっています。11種類の果実や生薬などからその成分は抽出されます。世の中の禁煙ブームで公共の場の喫煙スペースが少なくなり、喫煙者は肩身の狭い思いをしているでしょう。禁煙は、よほど意志が強くないと難しいものですが、タバコが体に良くないのはわかっているし、やめたいけれどやめられないと悩む喫煙者も増えているようです。

タバコがもつ健康被害の原因物質の主なものはタールやニコチンです。禁煙できない場合でも、タールは低タールのタバコやフィルターなどで害を減らすことができます。一方ニコチンについてですが、ニコチンは体内に入ると短時間で「コチニン」という無害な物質に変わり、70~80%が腎臓から尿中へと排泄されます。喫煙者が一服してすぐにまた吸いたくなるのは、ニコチンが短時間で代謝されることも関係しているようです。これまではニコチンは代謝されてコチニンになるので害が少ない物質だとされていました。しかし、コチニンにならなかった残りの20~30%が問題となります。これらは有害な発ガン物質ニトロサミンなどに転換されるといわれているのですが、この害を少しでも減らすには、コチニンに変わる部分を多くすることが重要となります。そこで、注目したいのが『ニコエン』という成分です。11種類の天然植物成分(リンゴ、レモン、カリン、銀杏、セロリ、緑茶、クコの実、キキョウ、カンゾウ、桑の葉、陳皮)から抽出され、ニコチンからコチニンへの代謝を促進します。ニコエンを摂取すると尿中のコチニンが増加します。これはニコチンからコチニンに変わる部分が増加していることをあらわしています。また、発ガン物質ニトロサミンの転換を抑制します。

世界保健機構の統計によると、喫煙が主な死亡原因のひとつと考えられるものには慢性気管支炎や肺気腫があります。また、喫煙は肺ガン以外にも口腔ガン・喉頭ガン、食道ガン・胃ガンなどの危険因子ともいわれています。さらに直接死亡原因となる心筋梗塞や脳卒中といった血流の悪さにも関係しています。身近なところでは歯周病の進行の早さもあげられます。健康のために禁煙が最善の方法ですが、それができない場合、喫煙の害を減らすためにニコエンの摂取がおすすめです。

飲み方

喫煙量に比例して摂取します。用量をよく確認しましょう。

こんな人にオススメ!

  • タバコがやめられない
  • ガンの予防
  • 歯周病の予防
  • 心筋梗塞・脳卒中の予防

免疫機能を向上させる乳清タンパク

効能・効果

乳清タンパクは、牛乳からタンパク質だけを取りだして、さらに有用な成分だけを抽出したものです。ホエイプロテインとも呼ばれます。牛乳にはおよそ3パーセントほどのタンパク質が含まれていて、そのうちの約20パーセントが乳清タンパクです。ほかのタンパク質と比べて、乳清タンパクは体内の吸収速度が速く、タンパク質の利用率が高いという特徴があります。強い筋肉をつくるための理想のタンパク質といわれていて、スポーツ選手やボディービルダーなど強靱な筋肉を必要とする人たちに人気がありますが、一般の人も免疫力を強化するために摂取したい成分です。

人間の体には自己免疫機能というものがあって、消化管に細菌毒素や悪玉菌などの異物が入ってくると、それを排除して体を守ろうとします。細菌毒素は腹痛や下痢、食中毒の原因となる物質とされてきましたが、近年では、免疫異常やアレルギー性疾患といった治りにくい病気の原因となることが知られるようになりました。

乳清タンパクには、すべての細胞に存在するグルタチオンという抗酸化物質を増加させる働きがあることがわかっています。このように、抗酸化性、抗菌性の面でも優れていることがこれまでの研究で明らかになっていて、幅広い効用が期待されています。グルタチオンは、活性酸素の攻撃から細胞を守り、免疫機能を向上させます。また、アルツハイマー病のような退行性の疾患を予防するとみられています。しかし、年齢を重ねるとともに徐々に減少していき、それに伴って病気にかかりやすくなります。グルタチオンは体内では吸収が悪いので、乳清タンパクのようなグルタチオンの増加作用のある物質が役に立ちます。

ほかに、乳清タンパクに含まれるラクトフェリンという糖タンパク質が、大腸ガンを予防するとして注目されています。これは、ラクトフェリンが腸内の悪玉菌を減らすことで、大腸ガンの誘因となる有害な二次胆汁の生成を抑えるためだと考えられます。さらに、乳清タンパクには抗炎症作用があって、肌荒れにもその効果が期待できます。乳清が配合された化粧品なども商品化されてきています。

飲み方

乳清タンパクのサプリメントには、カプセル、粒、粉末などがあります。多量摂取によって健康が増進するものではないので、記載の摂取目安量を守りましょう。

こんな人にオススメ!

  • 体力をつけたい
  • 病気をしやすい
  • 筋肉をつけたい
  • 免疫機能の強化
  • 大腸ガンの予防
  • 感染症の予防

乳酸菌で整腸

効能・効果

乳酸菌とは、ブドウ糖を利用して増殖し、糖の分解によって乳酸を生みだす善玉菌の総称です。乳酸菌には主に整腸作用があります。下痢の予防や治療、腸内細菌のバランスや腸の蠕動(ぜんどう)運動の調整をして便秘を改善します。

人の腸内には、100兆個以上もの細菌がすんでいて、その種類はおよそ100種類もいるといわれています。これらの腸内細菌には、人の体にとって良い働きをする有用菌(善玉菌)と、悪い働きをする有害菌(悪玉菌)、その中間の位置にいる無毒な菌(日和見菌=ひよりみきん)の3種類がありますが、その有用菌の代表がよく耳にするビフィズス菌などの乳酸菌です。腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が増えてくると便秘や下痢をおこします。普通、善玉菌の数は腸内細菌の20パーセントくらいにあたりますが、年齢を増すに連れ悪玉菌が増えていきます。また中間にいる日和見菌は、勢力を増すほうに味方する性質をもっています。

乳酸菌が含まれている食べ物では、ヨーグルトがよく知られています。ヨーグルトにも便秘の解消や腸内環境を整える効果がありますが、サプリメントの場合は純粋に乳酸菌だけを培養しているので、ヨーグルトよりも効果が期待できます。また、ヨーグルトのようにカロリーや糖分も一緒に摂ってしまうことがないので、サプリメントはダイエットをしている人にもおすすめできます。

乳酸菌の種類にもさまざまあって、すべてが腸内で生きられるわけではありません。胃酸に負けずに生きたまま腸までたどり着く乳酸菌が注目されています。腸内乳酸菌は腸の中で、本来の働きである乳糖やブドウ糖を分解して乳酸や酢酸をつくることで腸の運動を活発にします。それにより便通を整えて、悪玉菌やほかの病原菌の増殖を抑制します。また、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、さらに、有害物質の吸着や排泄も果たします。これらの作用の相乗効果によって免疫機能が活性化し、ガンや感染症に対しての抵抗力が増すことにもつながります。

話題の乳酸菌がしっかり配合されたサプリメント、乳酸菌革命はこちら

飲み方

乳酸菌のサプリメントには、粒、カプセル、粉末、エキス、ドリンクなどがあります。乳酸菌は安全性が高いので、小さな子供から年配の人まで幅広く利用できます。抗生物質を服用している場合には、乳酸菌の効果が減少します。

こんな人にオススメ!

  • 便秘でつらい
  • お腹をこわしやすい
  • アレルギー・アトピー症状の緩和
  • 免疫力の強化
  • ガンの予防

ナットウキナーゼで血栓症を予防

効能・効果

ナットウキナーゼは、納豆だけに含まれている血栓溶解酵素です。文字どおり血栓を溶かして、脳梗塞や心筋梗塞を防ぎます。血液をサラサラにして流れを良くします。『キナーゼ』は酵素という意味です。納豆は蒸した大豆に納豆菌を加え発酵させたものですが、蒸した豆には酵素はなく、納豆菌が大豆をエサにして発酵中に作り出されます。

ナットウキナーゼには、血栓症の原因となる血栓ができないようにしたり、できてしまった血栓を溶かしたりする働きがあります。血栓の主要成分に直接働きかけて血栓を溶解します。また、体内で血栓を溶かすウロキナーゼという酵素を活性化するように働き、血栓の分解を促します。血栓症とは、心臓病や脳卒中といった、血管内にできた血栓によって起こる病気です。人間の体には、出血した時に血液を固める血栓形成作用と、血栓を分解する溶解作用があって、それぞれのバランスが保たれています。しかし、生活習慣の乱れや老化などにより高血圧や動脈硬化になると、血液・血管の異常が起こりやすくなります。

ナットウキナーゼは体内で合成されないので体外から摂取する(納豆を食べる)しかないのですが、独特のにおいがあり納豆が苦手だという人もいるでしょう。ほかの食品と炒めたりすると食べやすくはなりますが、ナットウキナーゼは熱に弱く70℃以上の熱を加えると壊れてしまいますから、その点でサプリメントの摂取がおすすめです。

血栓は体の場所によってできやすい時間帯があるので、きちんと働くよう、それに合わせるように摂取すると、より効果が期待できるでしょう。就寝中は筋肉があまり動いていないため、血液が固まりやすくなっています。統計でも、心筋梗塞や脳梗塞は明け方から午前中にかけての時間帯に起こりやすい、という報告があります。ナットウキナーゼの血栓溶解作用は体内で6時間~8時間持続するので、夜に摂れば就寝中にも働きが期待できます。心筋梗塞の予防には朝の摂取、脳梗塞の予防には夜の摂取が良いです。

飲み方

サプリメントの種類には粒状やカプセルのものがあります。抗血液凝固剤のワーファリンを服用している人は、ナットウキナーゼの摂取を避けましょう。もちろん、納豆を食べる場合も同じです。納豆に含まれるビタミンKはワーファリンの効果を弱めてしまいます。

こんな人にオススメ!

  • 血栓症の予防
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 血圧が高い

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット