ヤ行」カテゴリーアーカイブ

葉酸は特に妊婦に必要な女性のためのビタミン

効能、効果

妊婦さんに重要な栄養素ということで葉酸が知られていますが、細胞の遺伝情報が集約されているDNAは、核酸でできています。その核酸の成分となる成分の合成時に働く酵素を葉酸が補酵素として補っているのです。

ビタミンB群の仲間で、体内の約20種の酵素と協力してDNAの合成や細胞分化に作用します。細胞の分裂増殖が盛んに行われている胎児や乳幼児には重要な成分で、細胞の分裂や成長には欠かせないビタミンです。先天性の奇形のリスクも軽減でき、米国などでは妊娠の可能性のある女性には1日の摂取量を定めています。

妊婦さんの葉酸欠乏による神経系の障害はもちろんですが、最近では、脳細胞の分裂が終わった後でも学習能力の低下がみられることが報告されています。このように脳の発育に関係するのですが、合わせて胃腸の粘膜を正常に保つ働きもあります。

葉酸が欠乏した際の症状は赤血球のもとになる骨髄の赤芽球の生産に影響し、巨大な赤芽球が増加して正常な赤血球が減る悪性貧血を引き起こします。妊娠中の女性は、葉酸の体内需要が高まり、またピル服用中の女性は腸管からの葉酸の吸収が悪くなるので不足しないように注意が必要です。

葉酸の過剰症については特に報告されていなくて、米国の推奨量の50~100倍を摂っても安全です。ほうれん草から発見されたビタミンではありますが、キャベツのほうがやや多く含まれます。

また、妊婦でなくても、女性は毎月の月経があったり、ダイエットをする人も多く、鉄欠乏性貧血になりがちです。鉄欠乏性貧血の改善については、鉄分だけでなく、鉄の吸収率を高めるビタミンCを一緒に摂取するのがより効果的です。

飲み方

米国では、1日に男性の場合、200μグラム、女性の場合、180μグラムとしていますが、妊婦さん、授乳中の女性、貧血気味の人、飲酒過多の人は、この倍量が適量です。

こんな人にオススメ!

  • 妊婦
  • 授乳中
  • 飲酒量が多い
  • 貧血気味

妊娠したい

PR

妊婦さんのためのパウダービーズ抱き枕 MOGU

ヨモギで体を若く保つ

効能・効果

ヨモギは日本全国に広く自生する、キク科の多年草。地下茎(ちかけい)を横のほうに伸ばす、繁殖力の強い植物です。餅や団子にして食べられることもあり、日本では親しまれ、モチグサ(餅草)とも呼ばれます。ヨモギの葉には特有の香りがあり、ビタミン類やミネラル、酵素、多糖類などが豊富に含まれています。なかでも、ビタミンAが多く含まれていて、とても強い抗酸化力があることが認められています。特に老化の要因となる脂質過酸化反応に対しての抑制効果が高いため、活性酸素の抑制剤として体内を若く保つ働きが注目されます。

古くから日本の代表的な薬草として知られているヨモギの葉は、薬用にされ、薬草名を艾葉(ガイヨウ)といいます。5月~7月頃にかけて葉をとり、日干しにされます。葉を乾燥させて裏側の綿毛を採取したものは、「もぐさ」としてお灸に使われます。この艾葉(ガイヨウ)は、昔から、特に消化器系や婦人科系の症状に対して用いられてきました。また、漢方にも利用されていて、多くの効能・効果を持っています。ヨモギの代表的な薬効・効能としては、健胃、冷え性、鎮痛、保湿などがあります。若い芽や株は、干した後に煎じて飲むと、これらに効果的であるといわれています。さらに、もう少し成長したものは、干した後にお風呂に入れると腰痛や痔の緩和に良いとされています。

香りの成分は、シネオール、ツヨン(ツジョン)などです。ヨモギに含まれるこの精油成分には抗菌作用があって、すり傷、切り傷の止血や殺菌にも効果があります。体を温める作用もあるので、冷え性をはじめ生理不順、神経痛の緩和や貧血などにも良いです。ぜん息、気管支炎などによる咳を鎮める効果もあります。また、細胞や血管の老化を防ぐのにも有効です。香りが良いこともあり、体をきれいに保つ健康茶として人気が出ています。

ミネラル・ビタミン類も豊富に含まれていて整腸作用があり、便秘や下痢にも効果があるといわれています。そして内臓の機能を正常に保ち、有害物質や老廃物が体内に溜まらないように排出したり、血液を浄化する作用もあります。

このようにヨモギは、薬用にも食用にも広く利用され、健康増進のために役立っています。

飲み方

妊娠中・授乳中の人は摂取を避けてください。過敏症の人やキク科の植物にアレルギーのある人は、アレルギー反応を起こすことがあるので摂取を避けたほうが良いでしょう。

こんな人にオススメ!

  • 老化予防
  • 冷え性
  • 貧血
  • ガンの予防
  • 神経痛の緩和

ヤーコンは整腸と生活習慣病に

効能・効果

ヤーコンは、南アメリカ、アンデス山脈地方原産のキク科の多年草です。アンデス山脈の一帯では先住民たちによって、伝統的に、ヤーコンやジャガイモなど芋状の根菜類が栽培されてきました。日本で現在栽培されているヤーコンは1980年代にニュージーランドから輸入されたものから増殖されていったもので、日本の各地に広まったのは2000年以降のことです。

ヤーコンは塊根部(芋)の形がサツマイモと似ていることから、アンデスポテトとも呼ばれます。水分が多く含まれていて、歯ざわりはシャキシャキした梨に似ています。ほんのりした甘さで、生のままで食べることができます。ほかに加熱調理して食べられたりもしますが、日本では、食用というよりも健康に対してのプロバイオティクスとして注目を浴びています。

ヤーコンの主な成分は、糖質、食物繊維、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルなどです。整腸作用やコレステロールを低下する作用、血糖値を抑制する作用があります。サツマイモやジャガイモに多いデンプンが含まれていない低カロリーな食品です。塊根部にはフラクトオリゴ糖がとても豊富に含まれていて、収穫された後しばらく保存しておくと分解されてオリゴ糖となります。フラクトオリゴ糖と食物繊維は、大腸で、善玉菌であるビフィズス菌の栄養源となって繁殖を促し、悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。フラクトオリゴ糖には、便秘、高脂血症の改善のほか、血糖値の抑制、老化防止などの効果が認められていて、肥満や動脈硬化の予防にもつながる低カロリー甘味料の素材としても利用されています。

葉にはプロトカテク酸、クロロゲン酸、コーヒー酸などが含まれ、こちらもプロバイオティクスに役立つと考えられています。緑茶に負けないくらいの抗酸化成分やミネラル類を含有し、煎じたものがハーブティー、ヤーコン茶として利用されています。また、茎にはインスリンと同じような働きをする成分イヌリンが含まれているため、血糖値が上昇するのを抑制します。

飲み方

ヤーコンを使った健康食品として、ヤーコン茶やヤーコンジュースがあります。お茶にして摂取されることが多いです。

こんな人にオススメ!

  • 便秘・下痢
  • コレステロール値が高い
  • 血糖値が高い
  • 糖尿病の予防