アミノ酸」タグアーカイブ

体の組織づくりに必要なアミノ酸

効能・効果

人間の体の約20パーセントはタンパク質でできていて、おもに筋肉や消化管、内臓、血中ヘモグロビン、髪や皮膚のコラーゲンなど、体の重要な組織をつくっています。このタンパク質を構成している成分がアミノ酸です。

自然界には約500種類ものアミノ酸が発見されているそうですが、私たちの体のタンパク質を構成しているのは、そのうち20種類だといわれています。

私たちの体の中では、タンパク質の合成と分解が常に繰り返されています。肉や魚、穀物などを食べると、摂取したそのタンパク質は20種類のアミノ酸に分解されて、体の中で再びタンパク質に組み換えられるのです。その際に原料となる20種類のアミノ酸のうち、11種類のアミノ酸は必要な時に人の体内で合成することができますが、ほかの9種類は体内で合成できないので食べ物から摂取する必要があります。このように、体内で合成できないものは『必須アミノ酸』、そして合成できるものは『非必須アミノ酸』と呼ばれています。

この「必須」というのは必ず食べ物から摂るべきという意味ですが、それ以外の非必須アミノ酸は摂らなくてよいということではありません。非必須アミノ酸も私たちの体をつくるためには必要なもので、年齢や体調によっては不足します。

体内では、タンパク質に再合成されたアミノ酸のほかに細胞や血液中などに蓄えられているアミノ酸もあって、これらは遊離アミノ酸と呼ばれています。非必須アミノ酸を含む多くの遊離アミノ酸は、人間の生体を維持するために非常に重要な役割を担っています。

また、アミノ酸といえばダイエットをサポートすることで注目されていますが、摂取するだけで脂肪の分解が促進されるわけではなく、運動が組み合わされることで効果を発揮します。

アミノ酸はその種類により効果が異なりますので、目的別の利用が重要になります。自分の目的に合ったアミノ酸をタイミング良く摂取することで、アミノ酸バランスを改善できます。

アミノ酸の種類には次のようなものがあります。
筋肉増強や筋肉量の維持に役立つバリン、ロイシン、イソロイシン=BCAA(分岐鎖アミノ酸)。脂肪の分解や燃焼、肝臓の保護に作用するアラニン、アルギニン、アスパラギン酸、ヒスチジン。筋肉疲労の回復や胃腸粘膜の保護作用のあるグルタミン。神経の伝達に働くフェニルアラニンなどです。

飲み方

サプリメントの種類には、パウダータイプや粒タイプがあります。タンパク質は腸管でアミノ酸に分解され体内に吸収されますが、サプリメントのアミノ酸はダイレクトに吸収されます。スポーツでアミノ酸が消費される場合には運動の直前、直後に摂取すると効果的です。

こんな人にオススメ!

  • アルコールの摂取量が多い
  • 中性脂肪値が高い
  • ダイエットを成功させたい
  • 筋肉をつけたい
  • 免疫力を高めたい

 

黒酢で健康パワーアップ

効能・効果

鹿児島県など南九州で、伝統の製法でつくられてきた酢を『黒酢』といいます。黒酢といえば、メディアなどで多く取り上げられ、体に良いというイメージが強く健康食品としても人気があります。本来の黒酢は、壺の中にお米と麹と水を入れて1年くらいねかせてつくられるものですが、近年では、米酢の熟成期間を長くした茶褐色の酢も含まれます。ちなみに中国産の黒酢にはコーリャンといわれるモロコシや大麦などが使われているそうです。

黒酢の発酵には麹菌、乳酸菌、酵母や酢酸菌などの微生物が複雑に関係しています。発酵の中で生み出されるアミノ酸、ペプチド、有機酸などが、黒酢の独特な深い味わいをつくり出しています。熟成を重ねていくうちに、液が徐々に黒く色づいていくのですが、その現象についてはまだ詳しく解明されていないようです。

人間の体の主要な部分、血液や臓器、筋肉などは、たんぱく質で構成されているのですが、このたんぱく質は、アミノ酸が結合してできています。健康な体にとって、アミノ酸はとても大切な存在です。アミノ酸の中には、体内ではつくられずに食べ物から摂取しなければならない必須アミノ酸もあります。黒酢はこれらのアミノ酸を豊富に含んでいて、その含有量は普通の酢の5倍~10倍ともいわれ、鎖のように繋がったペプチドが無数にあるといわれています。ペプチドには血圧を正常にする作用があり、黒酢にもこのような効果が期待されています。

酢が体にいいのはわかっているけれど、あの酸っぱさが…という人には最近は、国産原料のにんにくと合わせた黒酢のサプリもあります。

たくさんの種類のアミノ酸と有機酸が含まれている黒酢には、さまざまな効用があります。有効成分のひとつであるクエン酸(有機酸)には疲労物質の乳酸を分解する作用があって、疲労回復に効果を発揮します。乳酸の分解は、血流を安定させたり動脈硬化も予防します。酢を飲むと体が柔らかくなるといいますが、これは、乳酸がたんぱく質と結合することで起こる筋肉の硬化を防ぐためであり、肩こりや腰痛の改善にもつながります。普段、あまり酸っぱいものが苦手な方でも疲労感が強いときには酸っぱいものを口にしたくなるのはこうした理由です。

なお、黒酢を含めた酢の作用の特徴には、ほかの食品の栄養成分が破壊されるのを防ぐ働きがあります。糖分と酢酸を同時に摂取することで、運動によって消耗したグリコーゲンが再補充されるのが促進されて疲労回復効果が早まるとされています。

血圧が高いのを改善したくて酢を飲もうとかんがえていらっしゃる方は「酢は天然の降圧剤」を読んでみてください。

飲み方

種類には、粒、カプセル、液状などのタイプがあります。液状の黒酢の場合は、水や果物ジュースなどで薄めて飲みます。濃い状態で飲むと胃の粘膜を傷つける可能性があります。また、空腹時に摂取するのは避けるのがおすすめです。

こんな人にオススメ!

  • 疲れやすい
  • 肩がこる
  • 高血圧
  • 体質改善
  • 生活習慣病の予防