アルツハイマー」タグアーカイブ

アルツハイマーの進行を抑えて記憶力を高め、意欲もぐんぐん高まる「トウゲシバ」

笑い話のような物忘れの原因がアルツハイマーだったという話は多く、女性に覆い

シニア層が集まると、物忘れ自慢のような笑い話が盛り上がりをみせることも珍しくありません。認知症は50歳頃からじわじわと進行します。

認知症は「記憶」「解釈」「判断」「思考」といった認知機能が、極度に低下してしまう進行性の病気です。医療機関を受診した認知症の方は、最近の10年間で驚異的な増え方をしています。

最近、新聞やテレビで話題になっている、軽度認知障害(MCI)という言葉も周知されてきました。軽度認知障害とは、「加齢による脳の老化」と「認知症」の境界の状態。同年齢の人に比べて認知機能の低下が見られるものの、認知症とは診断されない状態のことです。

65歳以上の13% が軽度認知障害で、5年以内に半数が認知症に移行するというものです。中高年になると認知症は他人事ではないということです。認知症の7割以上はアルツハイマー病です。アルツハイマー病は、圧倒的に女性が多く、全体の約65%を占めています。

女性は男性の約2倍もアルツハイマー病にりやすいという研究報告があります。女性の場合、閉経後にエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が激減することが、アルツハイマー病の発症に大きな影響を及ぼすと考えられています。

最近では、アルツハイマー病と間違われやすい「レビー小体型認知症」も増えてきました。レビー小体型認知症は、手足の震えや歩行障害を伴い、幻視(実際には存在しないものが見えると主張する症状) やうつが現れるのが特徴です。レビー小体型認知症はこちら。

ストレスや睡眠不足は脳の働きを低下させ神経細胞が減って海馬の萎縮を招く

アルツハイマー病では、記憶カの低下つまり「物忘れ」\がいちばんの症状として現れます。アルツハイマー病が起こる原因ははっきりと解明されていませんが、に脳の老化が最大の危険因子です。

脳の中で最も衰えやすいのが、記憶に関する重要な働きをする「海馬」と呼ばれる部分です。
海馬は、直径1cm、長さ5cmほどの大きさで形がタツノオトシゴに似ており、大脳辺縁系という場所に左右1個ずつあります。

目や耳などの感覚器を通して脳に入ってきた情報は、大脳皮質に送られ、次に海馬へ届けられます。海馬は、大脳皮質から受け取った情報を選択し、整理・統合した後に再び大脳皮質に送り返します。情報はその後、脳のさまざまな部分に割り振られ、脳が重要な情報と判断した場合、長期記憶として大脳皮質に保存されます。

ところが、年を取ったり、ストレスや睡眠不足が重なったりす。つまり「記憶の入り口」が閉じてしまうわけです。その結果、新しいことが覚えられない・物忘れを頻発する(しまい込んだ記憶を引き出せなくなる)・論理的な考え方ができなくなる、といった記憶障害が現れるのです。

アルツハイマー病では、海馬の周辺から脳の神経細胞が消失(脱落)して、脳全体が萎縮するケースが多く見られます。記憶にかかわるアセチルコリンという神経伝達物質を作る神経細胞が、著しく脱落してしまうのです。
アルツハイマー病の進行を遅らせるには、アセチルコリンの機能を高めることが欠かせないのです。

トウゲシバ
[送料無料]ヒュークルミン 120粒
頭のハーブとして知られるトウゲシバ(ヒューベルジンA含有)とビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビタミンB1を、さらに定評のある高吸収クルクミン、DHAをバランス良く配合したヒュークルクミンサプリメントです。頭の健康を気遣い、毎日イキイキ、能力を活用したい方を応援します。

トウゲシバの有効成分「ヒューペルジンA」が認知症に優れた効果を発揮する

トウグシバは、脳のアセチルコリンを分解する酵素の働きを抑えて、認知症に対して優れた働きを持つことが多くの実験で確かめられています。アセチルコリンとは、記憶に深くかかわっている神経伝達物質です。
アルツハイマー病の進行を抑えるのに役立つと注目したのが、シダ植物の1つであるトウゲシバの全草に含まれる「ヒューペルジンA」という物質です。

脳の中枢に行き届く

トウゲシバは、大脳の中枢に入りやすいことがわかりました。私たち人間をはじめとする動物の脳には、「血液脳関門」と呼ばれる関所があります。有害物質が神経細胞に届くのを防ぐため、血液中に含まれる物質を簡単には通さないしくみになっています。血液脳関門を通過できるのは糖など、脳が求めるごく一部の成分に限られています。トウゲシバに含まれる「ヒューペルジンA」 も数少ない通過成分の1つであることが、動物実験によって確かめられたのです。

脳の神経細胞の働きを活性化

トウゲシバは、神経伝達物質のアセチルコリンを増やすことがわかりました。実験用のネズミにトウゲシバを与えて脳の変化を調べる実験では、記憶や学習に深くかかわっている大脳皮質や海馬と呼ばれる場所で、アセチルコリンが著しく増加したことがわかりました。トウゲシバがアセチルコリンの分解酵素であるコリンエステラーゼの働きを抑えることで、脳にアセチルコリンが増えたと考えられます。

脳の神経細胞の働きを守る

トウゲシバには、グルタミン酸による毒性から、脳の神経細胞を守る働きがあることもわかりました。グルタミン酸はアミノ酸の一種で、神経細胞を興奮させて記憶力や学習カを向上させます。脳の神経細胞には、グルタミン酸を取り込む「NMDA受容体」という小器官があります。グルタミン酸が脳で過剰に増えNMDA受容体に強く作用して毒性を発揮し、神経細胞を死滅させてしまいます。また、グルタミン酸が過剰に増えると冷静な判断を欠き、攻撃的になることもあります。

トウグシバは、NMDA受容体に働きかけてグルタミン酸の毒性を抑え、神経細胞の死滅を防ぐことが確かめられています。

トウゲシバ
[送料無料]ヒュークルミン 120粒

肝臓と脳の働きを良くするレシチン

効能・効果

レシチンとは、脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質のひとつです。別名ホスファチジルコリンとも呼ばれ、生体の細胞膜の主な構成成分で、さまざまな生理機能を担っています。レシチンという言葉は、ギリシャ語で卵黄を意味するレシトースという言葉に由来していて、リン脂質といわれる脂質の一種です。

人間の身体の中には、水に溶ける性質をもった水溶性のものと、油に溶ける性質をもった脂溶性のものがありますが、その仲立ちをするのがレシチンの役目で乳化作用があります。生体膜では、細胞が栄養を取り込んだり不要物を放出するのを助けるとされていて、血液中のコレステロールを溶かし、血管壁をきれいにする働きがあるといわれています。

サプリメントとしてのレシチンは、大豆か卵黄を原料にして作られていて、それを摂取することで脳や肝臓に作用することがわかっています。例えば、ウイルス性肝炎やアルコール性の肝障害に対して肝機能を改善する働きがあります。これは、レシチンからつくられる「コリン」という成分が肝臓での脂質代謝に欠かせない成分であることと、肝機能を保護する作用をもっているためです。肝臓や腸からのビタミンの吸収を助けたり、血中に入ってきたアルコールや化学物質などを除去してダメージを受けた肝臓の修復をしたり、肝細胞を新たに入れ替えるのにも使われています。

また、レシチンは、身体のそれぞれの器官から脳へ情報を伝えるのにも深く関わっています。アルツハイマー型認知症の症状の一部は、アセチルコリンという神経伝達物質の合成や利用が減少するために起こるものだといわれていますが、レシチンはこのアセチルコリンのもととなる物質であるため、これを摂取することで認知症の予防にもなります。脳内に不要な物質などが入らないように脳を保護している血液脳関門を通過することができる数少ない物質でもあり、脳細胞で学習や記憶と密接に関わる化学物質をつくり出しています。

飲み方

摂取量の目安は特にありませんが、短期間では効果が期待できないので、続けて摂取します。脳を若く保つには、アセチルコリンの合成を促進するビタミンB12との併用がおすすめです。

こんな人にオススメ!

  • 肝機能の強化
  • アルコール性肝障害の改善
  • 脳の老化予防
  • コレステロール値が高い


大豆レシチン 約30日分