オメガ3」タグアーカイブ

オメガ3で体の調子を整える

効能・効果

生活習慣病の予防には、脂肪分の摂取が大きく影響します。脂肪の種類はさまざまで、脂肪酸によって、体に与える影響に違いがあります。脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のふたつに大きく分けられます。動物性脂肪(肉)はおもに飽和脂肪酸で、植物性脂肪(野菜、豆類)や魚の脂肪はおもに不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸はその構造が不安定なのですが、不安定さが血液の浄化を促す作用があります。動脈硬化を防ぎ、コレステロール値、中性脂肪値を下げ、心臓病、ガン、脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満などの生活習慣病の予防に有効です。

欧米では必須脂肪酸を炭素の2重結合の位置から区別して、オメガ6、オメガ3と呼びます。「オメガ」はギリシャ語アルファベットの最後の文字であり、オメガ3とは脂肪酸の端から数えて3番目の炭素に2重結合があるという意味です。リノール酸系列がオメガ6で、アルファ・リノレン酸系列の脂肪酸がオメガ3です。青魚に含まれることで知られているEPA・DHAはオメガ3に分類されます。オメガ3脂肪酸は体内で、アルファ・リノレン酸からEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)に変換します。これは、細胞膜の構成要素で、細胞が正しく機能するために無くてはならないものです。

オメガ3は中性脂肪を減少させたり、血圧を安定させ血管を健康にしてくれますから、糖尿病のある人や心臓にリスクを抱える人達はそれを軽減できます。 アトピー性皮膚炎、ぜん息などアレルギー症状の改善にも期待できます。また、脳の機能とも関連していて、不足するとイライラしたり集中力が欠けたりします。

オメガ3が多く含まれている食品には、青魚のほか、亜麻仁油、クルミなどがあります。

現代人の食生活にはオメガ6脂肪酸の摂取が多過ぎることが問題とされています。オメガ6とオメガ3、この2種類はバランス良く摂取することが重要です。そして、必須脂肪酸はとても酸化しやすいので、取り過ぎは好ましくありません。

飲み方

オメガ3は血液を固まりにくくする働きがあるので、大量摂取は避けましょう。人によっては出血しやすくなることがあります。

こんな人にオススメ!

  • アレルギー
  • イライラ
  • 中性脂肪が多い
  • 肥満
  • 心臓病の予防