便秘」タグアーカイブ

プルーンで貧血や便秘を改善する

効能・効果

プルーンは西洋すもものことで、果実は6月~7月になると熟します。生のまま食べると、わりと酸味が少なく甘みがあります。欧米では、長寿の食べ物として昔から愛用されてきました。便秘薬代わりに朝食にプルーンを食べる習慣があるのです。

欧米ほど食べられてはいないでしょうが、日本でも貧血や便秘に悩む女性の間ではポピュラーなフルーツです。手軽に食べられるように、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで、ドライフルーツも多く販売されています。

プルーンは、多くの栄養素を含んだフルーツです。数ある果物の中でもプルーンに含まれるビタミンAやビタミンB1がほかの果実と比較して多く、ビタミンB2やナイアシン、パントテン酸などといった豊富なビタミン類もバランス良く含まれています。そして、鉄分がたっぷりと含まれていて血液を増やす働きがあり、特に女性に多い貧血に効き目があることが認められています。

また、塩分を体外へ排出する働きがあるカリウムは、カリウム不足だといわれる私たち日本人にとって大切な栄養素ですが、プルーンには、鉄分をはじめとしたカリウムやカルシウムなどのミネラルも多く含まれています。

食物繊維が多いことから整腸作用があり、便秘の改善にも効き目があるとされ、天然の便秘薬といえるでしょう。豊富なビタミンAが作用して肌の乾燥を防いで若々しく美しく保つ働きもあります。

これらのことからも、女性は特に積極的に摂りたいものです。

ネオクロロゲン酸というポリフェノールによる抗酸化作用があることもわかっていて、動脈硬化などの生活習慣病を予防するのにも期待され、注目されています。

飲み方

濃縮されたエキスのペーストタイプ、ドライフルーツタイプ、飲料タイプ、粒タイプなどがあります。人によっては、摂りすぎるとおなかが緩くなることがあります。

こんな人にオススメ!

  • 貧血がある
  • 便秘を治したい
  • 肌が乾燥する
  • 風邪をひきやすい
  • 生活習慣病の予防

鉄不足による貧血はこちら。

乳酸菌で整腸

効能・効果

乳酸菌とは、ブドウ糖を利用して増殖し、糖の分解によって乳酸を生みだす善玉菌の総称です。乳酸菌には主に整腸作用があります。下痢の予防や治療、腸内細菌のバランスや腸の蠕動(ぜんどう)運動の調整をして便秘を改善します。

人の腸内には、100兆個以上もの細菌がすんでいて、その種類はおよそ100種類もいるといわれています。これらの腸内細菌には、人の体にとって良い働きをする有用菌(善玉菌)と、悪い働きをする有害菌(悪玉菌)、その中間の位置にいる無毒な菌(日和見菌=ひよりみきん)の3種類がありますが、その有用菌の代表がよく耳にするビフィズス菌などの乳酸菌です。腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が増えてくると便秘や下痢をおこします。普通、善玉菌の数は腸内細菌の20パーセントくらいにあたりますが、年齢を増すに連れ悪玉菌が増えていきます。また中間にいる日和見菌は、勢力を増すほうに味方する性質をもっています。

乳酸菌が含まれている食べ物では、ヨーグルトがよく知られています。ヨーグルトにも便秘の解消や腸内環境を整える効果がありますが、サプリメントの場合は純粋に乳酸菌だけを培養しているので、ヨーグルトよりも効果が期待できます。また、ヨーグルトのようにカロリーや糖分も一緒に摂ってしまうことがないので、サプリメントはダイエットをしている人にもおすすめできます。

乳酸菌の種類にもさまざまあって、すべてが腸内で生きられるわけではありません。胃酸に負けずに生きたまま腸までたどり着く乳酸菌が注目されています。腸内乳酸菌は腸の中で、本来の働きである乳糖やブドウ糖を分解して乳酸や酢酸をつくることで腸の運動を活発にします。それにより便通を整えて、悪玉菌やほかの病原菌の増殖を抑制します。また、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、さらに、有害物質の吸着や排泄も果たします。これらの作用の相乗効果によって免疫機能が活性化し、ガンや感染症に対しての抵抗力が増すことにもつながります。

話題の乳酸菌がしっかり配合されたサプリメント、乳酸菌革命はこちら

飲み方

乳酸菌のサプリメントには、粒、カプセル、粉末、エキス、ドリンクなどがあります。乳酸菌は安全性が高いので、小さな子供から年配の人まで幅広く利用できます。抗生物質を服用している場合には、乳酸菌の効果が減少します。

こんな人にオススメ!

  • 便秘でつらい
  • お腹をこわしやすい
  • アレルギー・アトピー症状の緩和
  • 免疫力の強化
  • ガンの予防

食物繊維が便通を整える

効能・効果

食物繊維は、人の消化酵素では消化されにくい、食物の中に含まれている難消化性の成分のことをいいます。その昔は、消化されずに役に立たない食物のカスだとされていました。しかし、現在では食物繊維は5大栄養素に次ぐ『第6の栄養素』といわれ、体に不可欠であると重要視されています。食物繊維は、大腸の中で腸内細菌によって人が吸収できる分解物に転換されることから、食後長時間を経てエネルギーとして吸収されます。

食物繊維は水溶性と不溶性の2種類に大きく分けられ、食物繊維を含む多くの食品は、不溶性と水溶性が5対1ほどの割合で含まれています。文字どおり水溶性とは水に溶ける性質を持ったもの、不溶性は水に溶けにくい性質を持ったもので、それぞれに特長があります。水溶性食物繊維にはネバネバしたものとサラサラしたものがあります。多く含む食品は海藻類やこんにゃく、果物などです。不溶性食物繊維は野菜などに含まれている長い糸状の筋で、ザラザラした感じです。多く含む食品は、野菜や穀物、豆類などがあります。

水溶性食物繊維は、粘着性があって胃腸内をゆっくり移動するため空腹を感じにくいし食べすぎを防ぐので肥満の予防に役立ちます。そして、糖質の吸収をゆるやかにして食後の血糖値が急激に上昇するのを抑えます。また、吸着性があって余分な胆汁酸やコレステロールを吸着し、体の外に排出してくれます。不溶性食物繊維は、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らんで便のかさを増します。そして、腸を刺激してぜん動運動を活発にし、便通を整えます。どちらにも共通するのは発酵性があることで、大腸内で発酵や分解がされると、ビフィズス菌などを増やして腸内環境が改善され、整腸効果があります。また、ガンの発生を抑制します。

私たちの体に必要な食物繊維の摂取量は年代によって違いはありますが、日本人の食物繊維摂取量の調査の結果では、ほぼどの年代でも目標摂取量に足りていない状況にあります。食事からだけでは摂りきれない食物繊維は、栄養補助食品をうまく使うことで補うこともできます。種類はさまざまですが、とうもろこしのデンプンから作られている『難消化性デキストリン』という成分があります。難消化性デキストリンは、食物繊維不足を補うために作られた水溶性食物繊維であり、トクホ(特定保健用食品)として認められています。

飲み方

サプリメントの種類には、粒や粉末、ドリンクなどもあります。過剰に摂取すると必要な栄養成分も排泄してしまうので注意しましょう。

こんな人にオススメ!

  • 便秘
  • コレステロール値が高い
  • 血糖値が高い
  • 肥満の予防
  • ガンの予防

サイリウムで腸の調子を整える

効能・効果

サイリウムは、地中海地域やインドなどで栽培されるプランタゴ・オバタというオオバコ科の一種の植物の種皮から得る食物繊維です。インドではイサゴールとも呼ばれます。種皮にはキシロース、アラビノースなどからなる粘性多糖を主成分に、ペクチンやヘミセルロースなどが含まれています。その種子の外皮には食物繊維が多く含有されていて、これまでにも便秘の治療などに用いられてきました。

サイリウムは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいて、それぞれの食物繊維が体内で作用します。水溶性の食物繊維は体内でゲル化し食べたものの消化吸収の速度を抑えて、急激な血糖値の上昇や血中コレステロールの上昇を抑えます。また、水に溶け便に水分を含ませて便をやわらかくします。一方、不溶性の食物繊維は水分を含むと何十倍にも大きくふくらみ、腸のぜん動運動を促して便通を整えます。このことから、満腹感を与えられるため、ダイエットにも有効であるとされています。食べ過ぎを防ぐのにありがたい成分です。ほかに、体内の有害物質を吸着して便と一緒に排出する働きがあります。

日本では、おなかの調子を整えるとして、トクホ(特定保健用食品)に認められているサイリウムを原料にした健康食品もたくさんあります。キレイで健康な腸になることは、全身の健康にも大きく影響します。

一般的に特に問題となる副作用などは知られていません。妊婦さんや授乳中の人は注意が必要です。

飲み方

サプリメントには、粉末や粒などの種類があります。サイリウムは水分によりふくらむので、摂取するには水を多めに飲みましょう。

こんな人にオススメ!

  • 腸の調子を良くしたい
  • 便秘を解消したい
  • つい食べ過ぎてしまう
  • コレステロール値が高い
  • 糖尿病の予防
  • 動脈硬化の予防

サイリウムを主原料にしたトクホのイサゴールはこちら。便秘改善にとてもメジャーな健康食品です。

コレステロール値の低下、便秘の改善にキトサン

効能・効果

キトサンは、カニの甲羅やエビの殻などに含まれるキチンという物質を処理してつくられる動物性の食物繊維で、貝やキノコ、昆虫など、多くの生物に含まれている天然素材です。

キトサンは体内の不要な物質を排泄するのに有効です。食物繊維では唯一、プラスイオンにチャージすることによって、コレステロール値や血圧の低下など様々な効果があります。たとえば体内にできたガン細胞や食中毒の原因となる細菌、バクテリア、また環境の中の化学物質など、体の内外に潜む有害な物質や細胞はマイナスに帯電していることがわかっていて、それらを排出するのに、マイナスイオンと結合しやすいプラスイオン物質が効果を発揮するのです。

キトサンの摂取で血圧が低下するのは、血圧を上げる要因である塩素がマイナスイオンで、これをキトサンが結合し、吸着して排泄するからです。実験では、このようなキトサンの作用で血中コレステロール値の低下が明らかになっています。また、腸内の善玉菌を増殖させて便秘を改善したり有毒物質を抑制する働きがあります。肉類などの摂りすぎによる酸性体質の改善や脂肪の減少による肥満の予防にも期待できます。さらに、食事と一緒に摂ると脂肪や塩分の吸収が緩やかになって、ダイエットへの効果が期待できます。白血球のひとつであり、体内に侵入した細胞や死んだ細胞を食べて消化するマクロファージを活性化させて免疫機能を高める作用もあり、ガン予防の効果も注目されています。

また、キトサンは、体内組織と相性が良いため外科手術においての人工の皮膚のような材料にも利用されたり、工業生産の原料にもなっています。

飲み方

甲殻類アレルギーの人は摂取しないこと。キトサンの摂取で一時的に、下痢や便秘、倦怠感が出たり、湿疹ができることがあります。症状が激しい場合には中止しましょう。脂溶性ビタミンが排出されるので、長期間の服用は避けてビタミンを補給するようにしましょう。

こんな人にオススメ!

  • 便秘
  • 高血圧
  • コレステロール値が高い
  • 肥満
  • ガンの予防

粒中にキトサン300mg、キトサンオリゴ糖20mgを含有した健康補助食品です。キトサンは、カニ、エビなどの甲殻類の殻に含まれる食物繊維です。キトサンオリゴ糖は、キトサンをオリゴ糖まで分解したものです。このほかに、ニンニク末、ビタミンE、レシチンなども配合

コーヨーキトサン カプセル 240粒
コーヨーキトサン カプセル 240粒

オリゴ糖で腸の調子を整える

効能・効果

オリゴ糖とは、ブドウ糖・果糖といった単糖類がいくつかつながった糖のことをいいます。栄養学的には糖類に分類されますが、体内の消化酵素では分解されにくく、食物繊維と同じような働きがあって、整腸作用に優れています。オリゴ糖は、ビフィズス菌に代表される善玉菌の栄養分となって腸まで届き、腸内の善玉菌を増殖させて、腸の調子を整えます。
特にビフィズス菌の栄養になって腸内環境を整える際に貢献します。これにより腸の調子が整い、ビタミンの合成を促進し免疫機能を向上させます。

人の腸内には、およそ100種類、数にしてなんと100兆個以上もの細菌が生息しているといわれていますが、その中には腸に溜まった老廃物を栄養にして有毒な物質を発生させる悪玉菌も存在しています。腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌に分類され、善玉菌は宿主、つまり人の健康維持に貢献し、悪玉菌は害を及ぼし、日和見菌はどちらか勢力の強いほうに味方するとされています。便秘などで便を排出することができないでいると悪玉菌が増殖してしまい、有毒物質や発ガン物質の発生する確率が高くなります。逆に善玉菌が増殖すると便通がスムーズになり、悪玉菌の活動を抑制することができます。

オリゴ糖は食物繊維と同じように働き、腸内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排泄するので、血中コレステロールを減少させ動脈硬化を予防、肝機能を高めます。

オリゴ糖のカロリーは、砂糖の半分以下です。しかし、オリゴ糖は糖質なのに体内に吸収されずに排出され、実際のカロリーはほとんどないため、ダイエットしたい人や糖尿病の傾向の人にもおすすめです。オリゴ糖の特長を生かした商品としては、砂糖に代わる甘味料、整腸用に特定保健用食品(トクホ)として認められているものも多いです。

飲み方

種類によって程度に差はありますが、1回に多量に摂取した場合に一過性の下痢症状をおこすこともあるので 、摂りすぎには注意しましょう。

こんな人にオススメ!

  • 便秘
  • ガンの予防
  • コレステロール値が高い
  • 血糖値が高い

おすすめのオリゴ糖はスムーズな排便のための「ラフィノース」頑固な便秘に悩む30~40代の女性に評判です。

便秘の改善、傷の治癒にアロエ

効能・効果

アロエは、アフリカ大陸が原産の多肉植物の総称で、その種類には何百もの品種があります。日本で一般的に知られているのは、キダチアロエとアロエベラの2種類です。キダチアロエは「木立ち」といわれるように茎が伸び背が高くなり、細い葉にトゲがあります。葉の外皮にはアロインという成分の苦味がありますが、これは健胃や緩下作用をもたらします。また、バルバロインという成分も含有していて、下剤効果が認められ便秘の改善に効果的です。アロエベラは観賞用植物として、また、皮をむくとゼリー質の部分が多くて食用に使用されます。よくヨーグルトに入っているアロエは、このアロエベラです。ほかにはお刺身のように食べられたりもします。このゼリー質や粘液には、火傷や切り傷に効果的なアロエチン、ほか免疫力を高めたり、血糖値を下げたりと、いろいろな有効成分が含まれています。鎮静効果や保湿効果があるとして、化粧品など液汁等を添加した製品も広く販売されています。

子宮の収縮作用があるため、妊娠中の使用は避けましょう。また、腹痛や下痢をおこすこともあるので長期にわたる多量摂取、月経時、腸に病気がある人などは、摂取には注意が必要です。

飲み方

アロエのサプリメントはとても種類が多いので、含まれるアロエの成分量を確かめ目的にあったものを選びましょう。種類は錠剤、粒状、粉末状、液汁、ドリンクなど様々です。アロエの含有量が表示されているものが良いです。便秘の場合、目安として、キダチアロエの粉末なら1~2グラム、液汁なら15~40ミリリットル。傷の場合、アロエチンで1日20~30ミリグラムくらい。

こんな人にオススメ!

  • 火傷や切り傷
  • 肌あれ
  • 便秘
  • 胃腸の不快感
  • 高血糖

無添加無農薬アロエ原液100%(キダチアロエピュア100)はこちら。