免疫力を高める」タグアーカイブ

プロポリスは天然の抗生物質

効能・効果

プロポリスとは、ミツバチが樹木から集めた植物の成分とミツバチの分泌物を混ぜ合わせたものです。ユーカリなどの木の樹液、そして、ミツバチの唾液や酵素などが合わさって作られています。自然界では、ミツバチが自分たちの巣の修復や補強に使ったり、バクテリアを抑制する抗菌作用で巣を清潔に保ち感染しやすい幼虫を保護したりと、とても重要な役割を果たしているといわれています。人々がプロポリスを利用してきた歴史は古く、古代ギリシャやローマでは、プロポリスが天然の消毒薬、抗生物質として、切り傷や感染症、皮膚疾患などの治療に使われてきたとされています。

ミツバチが作るプロポリスには、フラボノイド、アミノ酸やミネラルなどたくさんの栄養が含まれていて、強力な抗酸化作用や殺菌作用があることから、私たちの健康への働きが期待されています。有効成分としては100種類近くも明らかになっているようですが、その中でも注目を集めているのがフラボノイド。フラボノイドは、免疫力の向上や抗酸化、抗菌・抗炎症、抗ストレスなどの作用があることで知られる成分ですが、良質なプロポリスには数十種類ものフラボノイドが含まれているといわれています。このフラボノイドが体内の毛細血管を保護して丈夫にすることで自然治癒力を高めます。さらに、ビタミン、ミネラル、酵素類なども含まれていて、これらの相乗効果で免疫の調整、アレルギー疾患の改善、血圧や血糖値の正常化、炎症の鎮静、生活習慣病の改善や予防といった効果に期待できます。また、プロポリスに含まれる抗ガン物質による抗ガン作用にも関心が寄せられています。コラーゲンを補強して細胞を活性化させるなど、粘膜や肌への良い作用もあります。

産地や抽出方法などにこだわり、抗酸化力の高い、高級なプロポリスがあります。ブラジルの熱帯雨林気候で生息する植物から採取される樹液は、過酷な環境の中で強い生命力を持った植物やミツバチの分泌物が原料になっているため、希少価値が高く高級です。

飲み方

サプリメントの種類には、液体、カプセル、粒などの種類があります。ビタミンCを含む食品と一緒に摂ると効果的です。生活習慣病の予防や改善のためには継続して摂取します。アレルギー症状や過敏症があらわれた場合には摂取を中止して様子をみます。

こんな人にオススメ!

  • アレルギー体質
  • 高血圧
  • 血糖値が高い
  • 口やのどの炎症
  • 食中毒の予防
  • ガンの予防


プロポリス+セサミンE

免疫力アップやガンに霊芝

効能・効果

霊芝(レイシ)はサルノコシカケ科に属する担子菌類の一種です。和名ではマンネンタケと呼ばれているキノコで、広葉樹の枯れ木などに生えて栄養分を摂取しています。梅などの古木の10万本に2本~3本しか採取できないという非常に希少な品種は、滅多に人の目にふれることはありませんでした。その煎じた液は、古くから、心臓の機能に効力をもつ薬として珍重され、東洋医学では伝統的に使用されてきました。

霊芝の成分のβ-Dグルカンなどの多糖類や食物繊維、トリテルペン類には免疫活性作用や抗ガン作用があります。葉緑体を持たない菌類は光合成ができないために細い菌糸を縦横に伸ばし、ほかの生命体から栄養を吸収しているのですが、ガンの予防で注目されている霊芝のいろいろな成分は、キノコ本体よりも菌糸のほうに多く含まれているといわれています。β-Dグルカンは、霊芝の細胞壁をつくっている堅い食物繊維の構造で、人体においては、ガンやウイルスなどの異物を食べるマクロファージや、異物をみつけて攻撃するNK細胞(ナチュラルキラーさいぼう)に働きかけます。そして抵抗力を増強させ、感染症を防ぐものとして注目されています。また、医療の現場では、ガンの治療薬として利用もされています。

同じような効能をもったものに、アガリクスメシマコブがあります。

霊芝は、このような免疫機能のほか、血管や血圧、コレステロール、臓器の働きを調整したり、中枢神経の興奮を抑制するなど、身体のさまざまな機能のバランスをはかることがわかっていて、高血圧の改善や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病を予防したり改善する作用があります。また、鎮痛剤としての働きもあって、痛みやそれに伴う不眠を改善したり、不安な気持ちをとりのぞきます。抗ヒスタミン作用がアレルギーの改善に役立ちます。

飲み方

サプリメントの種類には、粒タイプ、カプセルタイプ、飲料タイプ、姿のままで販売され自分で煎じて飲むタイプなどもあります。独特の苦味がありますので、苦手な人は粒などがのみやすいでしょう。短期間では効果が期待できませんので、継続して摂取します。自分で煎じてのむものは、空腹時に摂取するほうが効果的です。

こんな人にオススメ!

  • ガンの予防
  • 動脈硬化の予防
  • 免疫力の強化
  • 血圧が高い
  • コレステロール値が高い

フコイダンのヌメリが免疫を活性させる

効能・効果

フコイダンは、海藻から抽出される多糖類で、粘性物質です。ヌルヌルした成分には、病気に対し抵抗する免疫力を助ける働きがあります。
海藻の中でも特に、私たちが摂取する食品では、モズクやコンブ、メカブ、ワカメなどの褐藻類(かっそうるい)に多く含まれています。

フコイダンが発見されたのは18世紀のはじめ頃だそうですが、フコイダンという成分として人々に認識される前から海藻の健康パワーは注目され、体の健康維持に欠かせないものでした。

近年のガンの治療には、自然界の物質や食べ物を利用しその治療の効果を高めようという補完療法が取り込まれています。その中で注目を集めているのが、アポトーシスといわれるものです。

アポトーシスは自殺というような意味で、細胞が自発的に死滅するようにプログラムされるのですが、ある成分がガン細胞の細胞死誘発因子を作用させる信号の役割をします。この信号の役割を果たす成分のひとつがフコイダンなのです。フコイダンの働きにより、ガン細胞の遺伝子が自分自身の分解酵素によって分解され消滅します。

フコイダンは、褐藻類のうち特にオキナワモズクに純度の高いものが多く含まれ、その含有量はコンブのおよそ5倍もあるといわれています。そして、オキナワモズクから抽出されたフコイダンによるアポトーシスは、正常な細胞には危害を加えずにガン細胞のみに作用することがわかっています。このように、ガンの治療の効果を上げるサポートをします。

また、抗潰瘍作用にも優れていて、粘膜がただれた潰瘍の状態の修復を進めるEGFといわれる因子とFGFといわれる因子の産生が増えて、これが潰瘍の改善につながります。胃の粘膜を保護して、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こすことで知られるピロリ菌を減少させる働きもあります。

そのほか、血中コレステロールを低下させたり、血液の凝固を防いだり、高血圧やアレルギーを改善するのにも役立ちます。

フコイダンの粘性は一緒に摂取した物に付着し、それが吸収されるのを抑える特性があります。食事でフコイダンを摂取する場合、何らかの医薬品を服用している人は、フコイダンを一緒に摂取すると医薬品の吸収が妨げられる恐れがあるので、同時の摂取は避けたほうがよいです。

飲み方

サプリメントの種類には、粒、カプセル、液状などのタイプがあります。短期間では効果が期待できないので、続けて摂取します。

こんな人にオススメ!

  • コレステロール値が高い
  • 胃潰瘍・ピロリ菌の減少
  • アレルギー体質
  • ガンの治療・予防
  • 血栓の予防

上質なフコイダンはこちら

メシマコブで免疫力を高めガンを予防

効能・効果

メシマコブは、長崎県の男女群島の女島(めしま)でみられる、桑の古木に寄生するタバコウロコタケ科のキノコ。かたいコブ状になっていて、見た目はサルノコシカケや霊芝に似ていて傘の裏が黄色いのが特徴です。自然のごく限られた場所でしか生息しないし、天然のメシマコブはとくに成長が遅いといわれています。また人工栽培も難しいキノコです。メシマコブというのは日本名で、女島の野生の桑の木に寄生するキノコで、女島のコブタケ=メシマコブと呼ばれるようになりました。中国では古くから桑黄(そうおう)と呼ばれて薬として用いられていたし、韓国ではガンの予防や治療に使われ効果をあらわしたため医薬品として認められています。

メシマコブの有効成分は、細胞と細胞の間などにあるヘテロマンナンというタンパク複合体です。ヘテロマンナンが免疫力を増強させることで、ガンと闘う力を強化する働きのある細胞を活性化します。しかも抗ガン剤によって起こる副作用を軽減する効果が示されているのです。ほかに、β(ベータ)-グルカンなどが含まれます。キノコの健康パワーは多糖体にあるといわれていますが、キノコによって多糖の構造には違いがあります。メシマコブは、多糖の中でも注目されているβ-(1-3)D-グルカンや、β-(1-6)D-グルカンをたくさん含んでいます。

このメシマコブの強力な抗ガン作用は、1968年に国立ガンセンターにより発表されました。いくつかの菌類を用いて、マウスにガン細胞を移植した実験では、マウスにメシマコブの煎じ汁を投与したところガンの増殖阻止率が96.7パーセントまで達したといわれています。メシマコブの基礎研究では、本来人間がもっている免疫機能のうちの、ガン細胞を攻撃するNK細胞(ナチュラルキラーさいぼう)で約2倍、マクロファージなどの免疫細胞で約3~5倍の活性を高めることがわかっています。

経口摂取で有効であり、特に問題となる副作用がほとんどないメシマコブは、抗ガン作用のほか、糖尿病、アトピー、関節リウマチなどに代表される膠原病といった自己免疫疾患への効果も期待ができます。病気に負けない体をつくるため、日頃から免疫力を高め予防しておくのにおすすめです。

飲み方

サプリメントの種類には、粉末、顆粒、粒、お茶などさまざまなものがあります。朝起きてから、昼食と夕食の食間、夜寝る前などの空腹時に服用すると効果的です。医師の治療を受けている場合には、相談のうえ摂取してください。

こんな人にオススメ!

  • ガンの予防
  • 免疫力の強化
  • 生活習慣病の予防、改善
  • 自己免疫疾患

ノニは万能スーパーフルーツ

効能・効果

ノニは南太平洋諸島をはじめとする東南アジア原産のフルーツで、ゴツゴツした実がなります。和名ではヤエヤマアオキといわれ、日本では、沖縄諸島に自生しています。ノニの実は各種ビタミンやミネラル、必須アミノ酸など多くの栄養素を持ったハーブの一種です。果実は収穫後3日から1週間くらいで醗酵を始めますが、その醗酵果汁には必須アミノ酸、中鎖脂肪酸、ポリフェノール類など現代人に有用な成分が多く含まれています。

この果実は、古くから食用と薬用の両方に利用されてきました。一般に、黄色く色づいたら実をもぎ、太陽に当てて追熟してから搾ってジュースにします。薬用には、糖尿病、高血圧、心臓病、関節炎などの治療に用いられ、免疫力を高める万能薬とされてきました。また、果実から出る液は傷口や腫れものにぬったり、うがいに用いたりされ、鎮痛消炎作用もあります。このようなノニの幅広い薬効は、数多くの種類の有効成分を含んでいることによるものです。その有効成分は、アントラキノン類、アルカロイド類、フラボノイド類などで、これらの相互作用によって効能を発揮すると考えられています。注目されているひとつに、プロキセロニンという成分による細胞の活性化があります。タンパク質の働きをサポートし、弱った細胞の再生を促して機能を正常に保ちます。ノニ以外にプロキセロニンを多く含んでいる植物にパイナップルがありますが、ハワイのパイナップル研究所の研究によると、ノニはパイナップルの40倍のプロキセロニンを含んでいて、プロキセロニンを最も多く含む植物であることを発見しました。

ノニには、主にグルクロン酸配糖体、ガラクトースなどからなる多糖類が含まれています。この多糖類はマクロファージやTリンパ球を刺激してインターロイキン、インターフェロン、ガン因子などの免疫を強くする物質の産生を増加させます。免疫機構が強くなると、異物であるガン細胞や病原菌、アレルギー源となる抗原が体内から除去され、いろいろな病気にかからなくなります。また、糖尿病や甲状腺異常などといったホルモンに関する病気が、最近では自己免疫疾患であるといわれています。自己免疫疾患とは免疫機構が異常になり、間違えて自分の細胞を攻撃してしまうことで起こる病気ですが、ノニを服用することで免疫機構が正常化すると、このような病気を防ぐことができるようになります。

飲み方

ジュースが主ですが、錠剤やカプセル、粉末のサプリメントもあります。ジュースが飲みにくい場合は他のフルーツジュースなどと混ぜると飲みやすいでしょう。エキスはクセが強いですから、ジュースのにおいが苦手な人には粒タイプがよいです。

こんな人にオススメ!

  • 血圧が高い
  • 糖尿病
  • アレルギー体質
  • ガンの予防

免疫機能を向上させる乳清タンパク

効能・効果

乳清タンパクは、牛乳からタンパク質だけを取りだして、さらに有用な成分だけを抽出したものです。ホエイプロテインとも呼ばれます。牛乳にはおよそ3パーセントほどのタンパク質が含まれていて、そのうちの約20パーセントが乳清タンパクです。ほかのタンパク質と比べて、乳清タンパクは体内の吸収速度が速く、タンパク質の利用率が高いという特徴があります。強い筋肉をつくるための理想のタンパク質といわれていて、スポーツ選手やボディービルダーなど強靱な筋肉を必要とする人たちに人気がありますが、一般の人も免疫力を強化するために摂取したい成分です。

人間の体には自己免疫機能というものがあって、消化管に細菌毒素や悪玉菌などの異物が入ってくると、それを排除して体を守ろうとします。細菌毒素は腹痛や下痢、食中毒の原因となる物質とされてきましたが、近年では、免疫異常やアレルギー性疾患といった治りにくい病気の原因となることが知られるようになりました。

乳清タンパクには、すべての細胞に存在するグルタチオンという抗酸化物質を増加させる働きがあることがわかっています。このように、抗酸化性、抗菌性の面でも優れていることがこれまでの研究で明らかになっていて、幅広い効用が期待されています。グルタチオンは、活性酸素の攻撃から細胞を守り、免疫機能を向上させます。また、アルツハイマー病のような退行性の疾患を予防するとみられています。しかし、年齢を重ねるとともに徐々に減少していき、それに伴って病気にかかりやすくなります。グルタチオンは体内では吸収が悪いので、乳清タンパクのようなグルタチオンの増加作用のある物質が役に立ちます。

ほかに、乳清タンパクに含まれるラクトフェリンという糖タンパク質が、大腸ガンを予防するとして注目されています。これは、ラクトフェリンが腸内の悪玉菌を減らすことで、大腸ガンの誘因となる有害な二次胆汁の生成を抑えるためだと考えられます。さらに、乳清タンパクには抗炎症作用があって、肌荒れにもその効果が期待できます。乳清が配合された化粧品なども商品化されてきています。

飲み方

乳清タンパクのサプリメントには、カプセル、粒、粉末などがあります。多量摂取によって健康が増進するものではないので、記載の摂取目安量を守りましょう。

こんな人にオススメ!

  • 体力をつけたい
  • 病気をしやすい
  • 筋肉をつけたい
  • 免疫機能の強化
  • 大腸ガンの予防
  • 感染症の予防

スピルリナは栄養素の宝庫

効能・効果

スピルリナは、アルカリ性の湖に繁殖する藻の一種です。メキシコやアフリカなど熱帯地方では古くから食用に利用されてきた歴史があります。近年の研究では、さまざまな病気の予防や改善に対して有効であることが明らかになっていて、サプリメントのほか食品への利用も進んでいます。

スピルリナには良質のタンパク質が豊富に含まれているのが特徴で、その含有量は成分中の60~70パーセントを占めています。アミノ酸組成についてもとてもバランスが良く、トリプトファン、リジン、メチオニンなど必須アミノ酸の9種類すべてが含まれています。リジン、バリン、イソロイシン、ロイシンなどの分岐鎖アミノ酸は、肝機能を向上させる働きを持っています。リジンとアルギニンに関しては、コレステロールを低下させる働きがある大豆タンパク質にも匹敵することから、スピルリナに同様の効果が期待されています。ビタミン類やミネラルも含まれていて、特にビタミンAやB群、鉄分が豊富です。ビタミンAは、スピルリナの原末を1日5グラム摂取するとそれだけで1日の栄養所要量を満たすほどだし、一般に植物には含まれないB12の摂取ができます。
ミネラルは鉄やカリウム、カルシウムを含み、カリウムは血圧の上昇の原因となるナトリウムの排出を促し、コレステロール値を低下させたり、血圧を正常値にします。また、便通を整え腸内環境の改善に役立つ食物繊維も含まれ、便秘、肥満の改善、大腸ガンの予防にもなります。

ほかにも、免疫力の強化や健胃作用・殺菌作用のある葉緑素(クロロフィル)、強力な抗酸化作用を持つゼアキサンチン、ミネラルの吸収を助けるフィコシアニンなども含まれていて、スピルリナは栄養素の宝庫だといわれています。スピルリナと同じ微細な藻類にはクロレラがありますが、スピルリナのほうが細胞膜が薄く細胞壁が柔らかいため、消化・吸収に優れています。

飲み方

サプリメントでは粒状に加工されているものが主流です。低血糖の人は食事のとき一緒に摂取すると血糖値が安定しやすいです。

こんな人にオススメ!

  • 栄養補給したい
  • 免疫力を高めたい
  • 高血圧
  • コレステロール値が高い
  • 便秘

幅広い薬効のあるクマザサ

効能・効果

クマザサは、冬になると葉の縁が枯れて白くなる(隈取りがある)ことをあらわして「隈笹」と書かれたり、笹が深い山地にあり、冬眠から目覚めた熊が体力を回復させるために食べることから「熊笹」と書かれたりもします。そんなクマザサは、東北地方では、胃病、糖尿病、風邪、高血圧などの薬として、古くから民間療法に利用されてきました。現在では、乾燥させた葉を煎じてお茶にしたり、笹から抽出されたエキスが健康食品として広く利用されています。

その薬効に大きく影響しているといわれているのが、クマザサの葉に含まれる葉緑素(クロロフィル)や笹多糖体です。葉緑素はコレステロール値や血圧の低下、貧血の改善など、たくさんの作用をもっています。笹多糖体には人体に不足しがちなグルコース、マンノース、アラビノースといった栄養素が豊富に含まれていて、細胞膜を強化する、免疫力を高める作用が認められています。

また、クマザサの葉には血液を固めるのに必要なプロトロンビンを増やすビタミンKの含有量が多くて、骨の形成に欠かせないカルシウムが溶け出すのを防いで骨を丈夫にするため、女性に多い骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防にも役立ちます。

そして、クマザサはガンの予防にも期待されています。その成分は、葉に含まれているリグニンといわれる物質と、笹の防腐作用をつかさどるパンフォリンといわれる多糖類です。リグニンでは動物での実験でガン細胞の抑制が認められていて、パンフォリンは人の免疫力を向上させるのに役立ちガンの増殖を抑えること、正常な細胞に対しては害がないことなどがわかっています。

国際ピロリ菌学会では、特別な抽出法で採取したクマザサエキスにはピロリ菌を死滅させる作用があることが発表されていて、世界で注目されています。ピロリ菌は、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の発症と大きな関係があることがわかっている細菌で、胃粘膜のわずかな空間に棲息し、潰瘍を患っている人はピロリ菌に感染している確率が高いとされています。なお日本では、40歳以上の人のおよそ70パーセントがピロリ菌を保持しているともいわれています。

飲み方

サプリメントの種類には液状エキス、お茶、粒などがあります。

こんな人にオススメ!

  • 免疫力強化
  • 高血圧
  • 胃・十二指腸潰瘍の予防
  • ガンの予防
  • 骨粗鬆症の予防
  • 貧血

コレステロール値の低下、便秘の改善にキトサン

効能・効果

キトサンは、カニの甲羅やエビの殻などに含まれるキチンという物質を処理してつくられる動物性の食物繊維で、貝やキノコ、昆虫など、多くの生物に含まれている天然素材です。

キトサンは体内の不要な物質を排泄するのに有効です。食物繊維では唯一、プラスイオンにチャージすることによって、コレステロール値や血圧の低下など様々な効果があります。たとえば体内にできたガン細胞や食中毒の原因となる細菌、バクテリア、また環境の中の化学物質など、体の内外に潜む有害な物質や細胞はマイナスに帯電していることがわかっていて、それらを排出するのに、マイナスイオンと結合しやすいプラスイオン物質が効果を発揮するのです。

キトサンの摂取で血圧が低下するのは、血圧を上げる要因である塩素がマイナスイオンで、これをキトサンが結合し、吸着して排泄するからです。実験では、このようなキトサンの作用で血中コレステロール値の低下が明らかになっています。また、腸内の善玉菌を増殖させて便秘を改善したり有毒物質を抑制する働きがあります。肉類などの摂りすぎによる酸性体質の改善や脂肪の減少による肥満の予防にも期待できます。さらに、食事と一緒に摂ると脂肪や塩分の吸収が緩やかになって、ダイエットへの効果が期待できます。白血球のひとつであり、体内に侵入した細胞や死んだ細胞を食べて消化するマクロファージを活性化させて免疫機能を高める作用もあり、ガン予防の効果も注目されています。

また、キトサンは、体内組織と相性が良いため外科手術においての人工の皮膚のような材料にも利用されたり、工業生産の原料にもなっています。

飲み方

甲殻類アレルギーの人は摂取しないこと。キトサンの摂取で一時的に、下痢や便秘、倦怠感が出たり、湿疹ができることがあります。症状が激しい場合には中止しましょう。脂溶性ビタミンが排出されるので、長期間の服用は避けてビタミンを補給するようにしましょう。

こんな人にオススメ!

  • 便秘
  • 高血圧
  • コレステロール値が高い
  • 肥満
  • ガンの予防

粒中にキトサン300mg、キトサンオリゴ糖20mgを含有した健康補助食品です。キトサンは、カニ、エビなどの甲殻類の殻に含まれる食物繊維です。キトサンオリゴ糖は、キトサンをオリゴ糖まで分解したものです。このほかに、ニンニク末、ビタミンE、レシチンなども配合

コーヨーキトサン カプセル 240粒
コーヨーキトサン カプセル 240粒

免疫力を高めるエキナセア

効能・効果

ストレス社会といわれる現代では、人々は数えきれないほどのストレスを抱えながら毎日生活しています。このストレスは、知らない間に自己免疫力を低下させます。免疫力とは、自分で自分を守る、人が本来持っている力のこと。体内に入ってきた病原菌(細菌・ウイルス)、また、体内で発生したガン細胞などの異物を攻撃して病気から体を守っていますが、この免疫力が低下することによって、カゼをひきやすかったり、インフルエンザに感染しやすかったり、もっと深刻な病気を招く原因にもなります。

エキナセアは、免疫力を高めるのに有効な、キク科の植物。昔からアメリカやカナダの草原で暮らすインディアンたちは、病気の予防や治療にエキナセアを活用していたそうで、現在でもアメリカやヨーロッパではメディカル・ハーブとして人気が高いのです。ドイツではエキナセアが医薬品として認められていて、カゼ、扁桃腺炎、アレルギー、多発性関節炎などの感染症の治療や、治りにくい傷や火傷の治療にも使用されています。

安全性については、毒性は報告されていません。ただし副作用については、下痢や胃炎などの軽い症状がでることがあります。エキナセアを継続して8週間以上は摂らないほうがよいといわれていますが、これは害があるからではなく、効果が薄れてくるからだということです。自己免疫疾患や肺結核を患っている人、HIVに感染している人は、摂取を避けましょう。また、デージー(ヒナギク)系の植物のアレルギーがある人や妊婦さん・授乳中の人も摂取を避けたほうがよいでしょう。

飲み方

サプリメントの種類には、カプセルや錠剤、液体と粉末の抽出物などがあります。カゼやインフルエンザの予防や症状の改善には、2週間くらい続けて摂取します。6歳以下の子供の場合は、大人の摂取量の半分です。

こんな人にオススメ!

  • ストレスが多い
  • カゼをひきやすい
  • 扁桃腺が腫れやすい
  • アレルギー体質
  • インフルエンザの予防
  • 尿路感染症の予防

有機栽培のエキナセアを使用したハーブティーです。化学的に合成された農薬や肥料を使わず、地球にやさしい環境で栽培され、有機農作物の日本農林規格(有機JAS)に合格したハーブを使用。エキナセアは、古くから北米インディアンに親しまれてきたハーブで、健康管理の難しい時におすすめです。

生活の木 有機 エキナセア 100g
生活の木
有機 エキナセア 100g