女性ホルモン」タグアーカイブ

皮膚の健康や女性の悩みに月見草油

効能・効果

月見草はアカバナ科の多年草で、夕方に咲き始め朝になるとしぼむ、夜間に咲く花をもちます。この月見草の種子からとれる月見草油(イブニングプリムローズオイル)には、必須脂肪酸のγ-リノレン酸(ガンマ-リノレン酸)が豊富に含まれています。γ-リノレン酸は母乳に含まれている脂肪酸で、本来は植物油脂に含まれるリノール酸が、体内の酵素の働きによって代謝されてできます。そして、EPAなどの脂肪酸に助けられながら炎症を抑制するホルモンに変換され、炎症体質の改善に働きます。

食生活が乱れたり年齢を重ねることによって代謝に必要な酵素の働きが鈍り、γ-リノレン酸が不足することがあります。γ-リノレン酸は皮膚の健康に欠かせない成分で、アトピー性疾患はこのγ-リノレン酸の不足が原因のひとつともいわれています。ですがその補給については、日常的に食べるものとしてγ-リノレン酸を含む食品はほとんどなく、通常の食事から摂取することが難しいので、月見草油を原料にしたサプリメントが有効となります。アトピー性皮膚炎の子供たちに行った月見草油の摂取による実験結果では、症状の改善が明らかにみられています。また、アトピー性湿疹の患者に対する実験では患者の多くに改善がみられたうえ、副作用などの報告もありませんでした。

γ-リノレン酸(ガンマ-リノレン酸)には、このようなアレルギー性の炎症に対する効用があるだけでなく、血管を拡張する働きや血栓を抑制する働き、コレステロール低下作用もあって、高血圧や動脈硬化の予防、糖尿病の予防、肝機能の強化に有効だとされています。また、女性ホルモンの代謝に作用するため、女性ホルモンのバランスを調整する効果に期待でき、生理痛や月経前症候群(PMS)の症状を和らげたり、更年期障害の緩和や改善にも役立ちます。ヨーロッパでは昔から女性特有の症状を改善するハーブとして親しまれています。

飲み方

月見草のサプリメントには、粒やカプセルタイプがあります。γ-リノレン酸の含有量を確認して選びましょう。アレルギーの炎症を抑制するには、γ-リノレン酸をEPA(オメガ3)などの脂肪酸と一緒に摂取するのが効果的です。

こんな人にオススメ!

  • アトピー性皮膚炎
  • 生理痛
  • 月経前症候群の緩和
  • コレステロール値が高い
  • 動脈硬化の予防

植物性プラセンタで肌を若返らせる

効能・効果

プラセンタというのは胎盤から抽出されるエキスのことで、動物性プラセンタと植物性プラセンタがあります。植物性プラセンタは文字どおり植物から抽出されるエキスのことをいいます。サプリメントのほか、化粧品など美容に関した製品にも含まれていて、いつまでも美しく若々しい肌でいたいと願う女性たちの注目を集めています。世界三大美女として有名なクレオパトラや楊貴妃も美容に用いていたといわれ、古い時代から世界で医療に用いられてもいました。

胎盤は妊娠した女性(雌)だけにできるもので、お腹の中の赤ちゃんが成長するための酸素や栄養を運んだり臓器の役目をして、赤ちゃんとお母さんをつなぐとても大切な役割をしています。動物が持つ胎盤が植物にもあるのかというとそうではなく、植物の胚が胎盤に当たります。植物の発芽とその発芽した芽を育てるための栄養成分がたっぷり詰まった胚には、細胞を再生したり、活性化させたりする成分が豊富に含まれていて胎盤と似た働きをすることからそう呼ばれているのです。

植物性プラセンタは、遺伝子組み換えをしていない植物の胚の細胞を培養して抽出されたもので、特にアラニンやプロリンというアミノ酸が豊富であり、細胞を再生する力を高め、肌の細胞を活性化します。また、美白や保湿の効果が高いことも知られています。肌の細胞の再生能力が低くなるとシミやシワの原因となるのですが、このプラセンタエキスを補充することでこれらを防いだり遅らせたりします。細胞が活性化されると新陳代謝が良くなり、血行が促進されたり免疫力が高められます。それにより、肌にハリや潤い、みずみずしさを取り戻して若返らせる美肌の効果、肩こりや筋肉痛、自律神経失調症や更年期障害などにも効果が期待できるといわれています。更年期障害では女性ホルモンの減少が原因で様々な症状が出ますが、プラセンタエキスはホルモンのバランスを調整し、悩みや症状を緩和します。

飲み方

植物性プラセンタのサプリメントの種類には、カプセル、液状などがあります。液状タイプの飲むプラセンタは吸収力が早いため人気で、寝る前に飲むのが効果的です。

こんな人にオススメ!

  • 肌のハリがない
  • 顔色がくすんでいる
  • 女性らしい体型を維持したい
  • 疲れやすい
  • 更年期障害の緩和