糖尿病」タグアーカイブ

バナバで血糖値を正常に保つ

効能・効果

バナバは、フィリピン、インドネシア、タイなど東南アジアの熱帯、亜熱帯地方に広く生育している常緑樹です。ミソハギ科の高木で、薄紫色の花をつけます。『バナバ』というのはフィリピンでの呼び名で、和名ではオオバナサルスベリといいます。

アジアの各地で糖尿病や皮膚病の治療の民間薬として利用されたり、バナバの葉を煎じて飲むと健康維持に良いとされ、カルシウムやマグネシウム、亜鉛といったミネラルが豊富に含まれているバナバ茶は、特にフィリピンでは、古くから民間に伝わるお茶として愛飲されてきました。

バナバの葉には「コロソリン酸」という活性成分が含まれていて、バナバの糖尿病症状に対しての改善作用は、このコロソリン酸の働きによるものとみられています。人間の細胞膜上には細胞のエネルギー源であるブドウ糖の輸送体が存在していて、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んでいます。輸送体が活発に働けば、ブドウ糖が細胞に取り込まれる量が増えて血液中の糖が減少します。

コロソリン酸には、輸送体を活性化する働きがあり、ブドウ糖の細胞への取り込みを促進します。糖尿病治療にも用いられるインスリンと同じように作用することがわかり、血糖値を正常に保つことができると考えられています。

糖尿病は血液の中に含まれる糖の濃度が高くなる状態ですが、コロソリン酸は、血糖値が高いと下げ、低い人には影響しないという働きをするので、安全性が高いとされています。

また、バナバにはタンニンや食物繊維も多く含まれています。タンニンにはコレステロールを下げる働きがあり、食物繊維はすっきりしたお通じをサポートします。甘いものが好きな人、ダイエットしている人などにもおすすめです。

研究ではバナバの抽出液からとても強力な抗酸化活性も見つかっていて、活性酸素を除去して老化やガンを予防できるのではないかと期待されています。

飲み方

サプリメントの種類には、お茶タイプや粒タイプがあります。お茶の場合、食前または食事をしながら摂取すると吸収が良く、効果的です。なお、糖尿病薬を服用している人は、医師に相談したほうが良いでしょう。

こんな人にオススメ!

  • 糖尿病
  • 糖分が気になる
  • 肥満
  • 便秘がある
  • 湿疹ができる
  • 甘いものが好き

タウリンで肝機能を強化する

効能・効果

タウリンは、タンパク質の構成成分にもなる含硫アミノ酸であり、栄養ドリンク剤に配合されていることで知られています。アミノ酸と間違えられることがありますが、カルボキシル基という原子の集合体を持たないためアミノ酸とは異なります。私達がよく口にする食品では、魚の血合い部分や牡蠣(カキ)などの貝類、イカやタコに含まれています。

タウリンには、体、細胞を一定の正常な状態に保つ性質があって、特に肝臓に対して働きかけます。一般的にタウリンには疲労回復効果があるといわれていますが、それは肝機能を強化する働きがあるからです。タウリンが体内に摂取されると胆汁の分泌が促進されます。胆汁が分泌されると分解・解毒能力が高まり肝臓の負担が軽減し、肝臓から分泌される胆汁酸によってコレステロールの消費が促され血中コレステロール値が低下します。このコレステロールの減少作用についてはタウリンを投与する実験でも認められていて、動脈硬化の予防につながるのではないかと期待されます。また、
胆汁の主要な成分である胆汁酸と結合して、消化作用を助けます。さらに、胆汁酸の濃度を低くする働きがあることで結石ができにくくなり、胆石の予防にもなります。

そのほか、タウリンの作用には心臓の働きを強くするということがあります。心筋が収縮する動きが高まると送り出される血液量が増えるのですが、タウリンには筋肉の収縮力を強める働きがあることから、動悸や息切れなどの症状を改善させます。細胞内のカリウムとナトリウムのバランスをとって血圧を安定させ正常に保つので、高血圧の人にも有効です。また、抗酸化作用があり、免疫機能を傷つけ体の老化や生活習慣病を招くといわれる活性酸素から細胞を守ってくれるので、免疫力の強化についても期待ができます。

飲酒量が増えるとタウリンの作用が鈍くなるといわれています。そして、糖尿病を患っている人は、健康な人と比べたくさんの量が必要となります。

飲み方

サプリメントの種類には、カプセルや液状があります。タウリンの摂取は食事の30分くらい前に摂るようにして、同時にタンパク質を摂取するのは避けましょう。

こんな人にオススメ!

  • コレステロール値が高い
  • 血圧が高い
  • 疲れやすい
  • 肝機能の強化
  • お酒をよく飲む



血糖値の上昇を抑えるギムネマ・シルベスタ

効能・効果

ギムネマ・シルベスタは、インド南部やアフリカなど熱帯地方に自生するガガイモ科の蔓(つる)性の植物です。この葉を噛むと1~2分後には舌で甘みを感じることができなくなるため、インドではグルマール(糖を壊すもの)と呼ばれています。インドの伝承医学アーユルヴェーダでも、糖尿病の予防などに有効なハーブとして利用されてきました。

この甘みを消失させる作用は、ギムネマ・シルベスタに含まれる主成分のギムネマ酸によるものです。ギムネマ酸はグルクロン酸というブドウ糖と似た構造を持っているのですが、酸味や苦味といったほかの味覚には影響しないことから、舌の味蕾(みらい)の甘みを感じる部分にグルクロン酸が結合するためだと考えられています。

ギムネマ酸は糖分の吸収を抑えたり、血糖値の上昇を抑えるのに有効です。ギムネマ酸が体内に吸収されると、腸管で糖質が吸収されるのを抑えます。ギムネマ酸は小腸から糖分の吸収だけを抑制するので、血糖値が下がり、インスリンの分泌が少なくて済みます。その結果、膵臓(すいぞう)の負担が減って糖尿病の改善に役立ちます。つまり、食事で糖質を摂取しても血糖値の上昇が抑えられるのです。しかも、必要以上に血糖値を下げることはないので低血糖による弊害も少ないです。

血糖値の上昇を抑えることは、肥満の予防にもつながります。糖分の吸収が阻害され、未消化となった食べ物は食物繊維と同じような働きをして便秘を改善します。食事制限によるダイエットだと栄養不足になったり便秘になったりしやすいのですが、その心配がなく、ダイエット効果も期待できます。また、虫歯にある酵素の活性を阻止することから、歯垢を防ぎ、虫歯の予防にもなることが期待されています。

飲み方

サプリメントの種類には粒、錠剤、お茶などがあります。大量に服用すると下痢をすることがあるので注意が必要です。

こんな人にオススメ!

  • 甘いものが好き
  • 糖尿病
  • 肥満の予防
  • 虫歯の予防

ギムネマ・シルベスタ
ギムネマ シルベスタ 360粒
ギムネマ・シルベスタの葉から抽出したエキスを粒状にしたサプリメントです。

血糖値を下げるカイアポ芋

効能・効果

カイアポ芋はさつまいもの一種であり、シモン芋とも呼ばれます。ブラジルの中央高原カイアポ山地に自生している芋で、栄養価に優れていて、インディオの間では健康を維持するために好んで食されてきました。一度栽培したらその土地にはその後8年以上は栽培できないというほど、土壌中の栄養を一度にたくさん吸収するといわれます。

日本では四国地方で栽培されてきましたが、近年は糖尿病への薬効で注目されています。ビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいて、インスリンの分泌や働きを高めて血糖値を下げ、中性脂肪を減少させます。

研究によると、CAFという酸可溶性糖たんぱくがインスリンの分泌作用を改善すると考えられています。CAFはカイアポ芋の表皮に多く含まれていて、長時間加熱すると分解されてしまいます。このことからも、効果を発揮するには、皮をつけたまま生で食すのが良いとされています。人体での臨床試験の結果では、カイアポ芋の投与によって空腹時の血糖値が下がり、コレステロール値の減少も見られ、糖尿病に有効であることがわかりました。そして今後もさらに、カイアポ芋の効用について深く解明されることが期待されています。

カイアポ芋は、形はさつまいものようですが、ひとつの重さが4~5kgととても大きく、さつまいもに比べて、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンKなど)やミネラル類(カルシウム、リン、カリウムなど)を豊富に含んでいます。芋自体は他の芋と比べて特に美味しいものではないようですが、元気の源として認められていました。ビタミンKにはカルシウムを骨に結合させる働きがあり、豊富な食物繊維は腸の働きを活発にして、体内の有害なものを排出する働きがあります。

飲み方

サプリメントの種類はカプセル、粒、錠剤、粉末、ドリンクなどです。なお、既にインスリン分泌薬を服用している人は、摂取の前に、医師と相談が必要です。

こんな人にオススメ!

  • 糖尿病