肝機能強化」タグアーカイブ

肝臓と脳の働きを良くするレシチン

効能・効果

レシチンとは、脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質のひとつです。別名ホスファチジルコリンとも呼ばれ、生体の細胞膜の主な構成成分で、さまざまな生理機能を担っています。レシチンという言葉は、ギリシャ語で卵黄を意味するレシトースという言葉に由来していて、リン脂質といわれる脂質の一種です。

人間の身体の中には、水に溶ける性質をもった水溶性のものと、油に溶ける性質をもった脂溶性のものがありますが、その仲立ちをするのがレシチンの役目で乳化作用があります。生体膜では、細胞が栄養を取り込んだり不要物を放出するのを助けるとされていて、血液中のコレステロールを溶かし、血管壁をきれいにする働きがあるといわれています。

サプリメントとしてのレシチンは、大豆か卵黄を原料にして作られていて、それを摂取することで脳や肝臓に作用することがわかっています。例えば、ウイルス性肝炎やアルコール性の肝障害に対して肝機能を改善する働きがあります。これは、レシチンからつくられる「コリン」という成分が肝臓での脂質代謝に欠かせない成分であることと、肝機能を保護する作用をもっているためです。肝臓や腸からのビタミンの吸収を助けたり、血中に入ってきたアルコールや化学物質などを除去してダメージを受けた肝臓の修復をしたり、肝細胞を新たに入れ替えるのにも使われています。

また、レシチンは、身体のそれぞれの器官から脳へ情報を伝えるのにも深く関わっています。アルツハイマー型認知症の症状の一部は、アセチルコリンという神経伝達物質の合成や利用が減少するために起こるものだといわれていますが、レシチンはこのアセチルコリンのもととなる物質であるため、これを摂取することで認知症の予防にもなります。脳内に不要な物質などが入らないように脳を保護している血液脳関門を通過することができる数少ない物質でもあり、脳細胞で学習や記憶と密接に関わる化学物質をつくり出しています。

飲み方

摂取量の目安は特にありませんが、短期間では効果が期待できないので、続けて摂取します。脳を若く保つには、アセチルコリンの合成を促進するビタミンB12との併用がおすすめです。

こんな人にオススメ!

  • 肝機能の強化
  • アルコール性肝障害の改善
  • 脳の老化予防
  • コレステロール値が高い


大豆レシチン 約30日分

眼と肝臓に役立つメグスリノキ

効能・効果

目によい植物といえばブルーベリーなどベリー類が代表的ですが、それだけではありません。知っている人もいるかと思いますが、メグスリノキという樹木があります。メグスリノキは、日本特産のカエデ科の落葉樹で、東北地方の南部から四国や九州地方まで広い範囲に自生しています。5~6月に黄緑色の花が咲き、秋になると美しく紅葉します。『目薬木』というその名前のとおり目の病気に効く民間薬として知られていますが、江戸時代から利用されてきたといわれています。地域によってはチョウジャノキ(長者の木)などとも呼ばれるそうですが、煎じた液を飲むと、目のかすみがなくなり千里先までよく見えるようになったことから、「千里眼の木」という別名もあります。

メグスリノキは昔から、疲れ目や目のかすみに樹皮を煎じた汁を服用したり、目薬や洗眼剤として、ほかに、二日酔いの解消など肝臓への効果があるとして重宝されてきたようです。有効成分はロドデンドロールという成分で、含まれているのは主に樹皮の部分です。このロドデンドロールの働きで肝機能が高まり、機能を改善させます。解毒作用が活発になり、利尿作用もあるといわれています。

葉や茎、小枝にも成分は含まれていますが、効果に対する成分やメカニズムは、まだ十分には解明されていません。しかし、近年の科学的研究により、目の疾患への効果が期待できるデータが発表されています。よく起こりがちな目の症状、例えば目のただれ、ものもらい、アレルギー性結膜炎などには、メグスリノキに含まれるタンニンによる、細菌の増殖を抑える抗菌作用、炎症を抑える収斂(しゅうれん)作用が効果をもたらすものと報告されています。

目と肝臓には密接な関係があると東洋医学ではいわれていますが、このように、メグスリノキは目のほかに肝臓にも効果をもたらすことが注目されています。白内障、網膜症といった糖尿病の合併症の発症を抑える可能性も考えられています。

飲み方

お茶、健康飲料、煎じ用の小枝チップ、粒タイプなどの種類があります。妊娠中や授乳中の人は、摂取する前に医師への相談が必要です。
目には乾燥させた葉や小枝を煎じたものを、肝機能には樹皮を煎じたものを飲むとよいとされています。なお、煎じたものにはロドデンドロールによる苦味がありますので、苦手な人には粒のサプリメントがよいでしょう。

こんな人にオススメ!

  • 眼精疲労
  • 目がかすむ
  • 結膜炎
  • 白内障
  • 眼圧低下
  • 肝機能の強化

肝臓を守るハーブ、マリアアザミ

効能・効果

マリアアザミ(オオアザミ)は、キク科の二年草。原産地は南ヨーロッパなど地中海沿岸地域で、英名ではミルクシスルと呼ばれます。ヨーロッパでは2000年以上も前から、肝機能を保護したり強化したりなど肝臓疾患に対して優れた民間薬として、この種子が利用されてきました。また、ローマ帝国の時代には強壮剤としても使われていました。近年では肝機能改善のためのサプリメントとして利用されている、安全性の高いハーブです。肝障害に対し効力を発揮しますが、特に化学物質による肝臓障害の予防に効果があります。

マリアアザミの種子にはシリマリンと呼ばれる化合物のフラボノリグナン類が多く含まれていて、傷ついた肝細胞の修復を助けるとされています。シリマリンは、タンパク質の合成を促して肝細胞を再生します。また、細胞の中で抗酸化物質として働き、活性酸素を除去するグルタチオンを増加させる作用があります。肝細胞にバリアを張るように包み込んで保護します。これによって有害な活性酸素から守り、肝細胞が傷つくのを防ぐのです。このように弱った肝細胞を正常な状態に回復させる機能を持っています。

脂肪肝や肝炎になってしまった人は、脂肪で埋まってしまった悪い細胞部分に対し、脂肪の排出作用を高め細胞を新しくしていくことで、肝臓の機能を高める作用に期待できます。

マリアアザミの種子から抽出される有効成分シリマリンを精製したものは、ドイツでは中毒による肝臓障害の治療薬などとして承認されているのをはじめ、フランスやイタリアなどでも医薬品として承認される国が増えてきています。肝臓を病気から守ることと治癒させることの両方をあわせ持つハーブとして、高く期待されています。

飲み方

安全性が高いハーブであり、一般的には副作用は特に知られてはいません。しかし、まれに胃腸障害を起こすことがあります。肝臓や胆のうに疾患のある人は、医師と相談のうえ摂取しましょう。
サプリメントの種類にはカプセルや粒があります。摂取目安量は、シリマリンに換算して1日に200~400ミリグラム。継続しての摂取が効果的です。

こんな人にオススメ!

  • 飲酒量が多い
  • 肝機能を強化したい
  • 全身の倦怠感がある
  • 脂肪肝の予防、改善
  • アルコール性肝炎の予防、改善

ゴマリグナンの強力な抗酸化作用

効能・効果

とても栄養価の高い食品で、古くから体に良いといわれてきたゴマ。その発祥地とされているのはアフリカのナイル川の流域で、日本へは中国を経由して伝わってきました。ゴマには、野菜や果物の中に存在するリグナンという成分が豊富に含まれています。このリグナンの種類はいくつかあり、よく耳にする主成分のセサミンのほか、セサモリン、セサミノール、セサモールなど、リグナン類を合わせて『ゴマリグナン』といいます。近年はセサミンのさまざまな働きが明らかになり、また、抗酸化物質として新たに発見されたセサミノールへの関心も高まって、ゴマリグナンの健康への効果が注目されています。その効能には、肝機能の保護、二日酔いの予防、コレステロールの低下作用、血圧の低下作用、自律神経の調節などがあります。

ゴマリグナンの主な働きとして注目を集めているのは、その強力な抗酸化作用。活性酸素が老化や生活習慣病の原因だといわれていますが、この余分な活性酸素を除去して、体を若々しく、元気に保つ働きがあると大きく期待されています。活性酸素は、目に見える肌以外にも、血管や心臓、脳など、あらゆる部分の細胞を攻撃して酸化させてしまいます。この活性酸素は、例えば車の排気ガスなどの環境による要因や、激しい運動、ストレスなどにもよって増加し、老化を促進させます。アンチエイジング効果をより発揮するためには、ビタミンEとの組み合わせがとても良いです。ゴマリグナンは、同様に抗酸化作用をもつビタミンEと相性が良いので、一緒に摂ると相乗効果でさらに抗酸化作用が高まり、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを軽減したり、皮膚を日焼けから保護したりします。

抗酸化作用は肝臓内でも力を発揮して、肝機能を強化します。飲酒の前にゴマリグナンを摂取しておくと、アルコールを分解する力が高まるため、二日酔いや悪酔いの予防に役立ちます。肝臓で分解できる能力以上のアルコールを飲んだときに、分解しきれず体内に残ってしまった有害物質のアセトアルデヒドが原因となり二日酔いがおこりますが、ゴマリグナンを摂取することで体内のアルコール濃度の上昇が低く、アルコール濃度が下がる速さも早いので、アセトアルデヒドは体内に残りにくくなるというわけです。このように、肝臓に余分な負担をかけないために大切な役目を果たしています。 

飲み方

ゴマリグナンの吸収力は摂取してからおよそ5時間後くらいが一番高まりますが、24時間経過すると体外に排出されます。長期間蓄積することなく排出されるので、できるだけ毎日定期的に摂取することがおすすめです。

こんな人にオススメ!

  • 老化予防
  • 二日酔いの予防
  • 動脈硬化の予防
  • 血圧が高い
  • コレステロールが高い

ゴマリグナンのサプリはこちら。

スピルリナは栄養素の宝庫

効能・効果

スピルリナは、アルカリ性の湖に繁殖する藻の一種です。メキシコやアフリカなど熱帯地方では古くから食用に利用されてきた歴史があります。近年の研究では、さまざまな病気の予防や改善に対して有効であることが明らかになっていて、サプリメントのほか食品への利用も進んでいます。

スピルリナには良質のタンパク質が豊富に含まれているのが特徴で、その含有量は成分中の60~70パーセントを占めています。アミノ酸組成についてもとてもバランスが良く、トリプトファン、リジン、メチオニンなど必須アミノ酸の9種類すべてが含まれています。リジン、バリン、イソロイシン、ロイシンなどの分岐鎖アミノ酸は、肝機能を向上させる働きを持っています。リジンとアルギニンに関しては、コレステロールを低下させる働きがある大豆タンパク質にも匹敵することから、スピルリナに同様の効果が期待されています。ビタミン類やミネラルも含まれていて、特にビタミンAやB群、鉄分が豊富です。ビタミンAは、スピルリナの原末を1日5グラム摂取するとそれだけで1日の栄養所要量を満たすほどだし、一般に植物には含まれないB12の摂取ができます。
ミネラルは鉄やカリウム、カルシウムを含み、カリウムは血圧の上昇の原因となるナトリウムの排出を促し、コレステロール値を低下させたり、血圧を正常値にします。また、便通を整え腸内環境の改善に役立つ食物繊維も含まれ、便秘、肥満の改善、大腸ガンの予防にもなります。

ほかにも、免疫力の強化や健胃作用・殺菌作用のある葉緑素(クロロフィル)、強力な抗酸化作用を持つゼアキサンチン、ミネラルの吸収を助けるフィコシアニンなども含まれていて、スピルリナは栄養素の宝庫だといわれています。スピルリナと同じ微細な藻類にはクロレラがありますが、スピルリナのほうが細胞膜が薄く細胞壁が柔らかいため、消化・吸収に優れています。

飲み方

サプリメントでは粒状に加工されているものが主流です。低血糖の人は食事のとき一緒に摂取すると血糖値が安定しやすいです。

こんな人にオススメ!

  • 栄養補給したい
  • 免疫力を高めたい
  • 高血圧
  • コレステロール値が高い
  • 便秘

肝臓の働きを助けるシジミ

効能・効果

シジミは、淡水域などに生息する小さな二枚貝。日本では二日酔いに効いたり滋養のある食べ物として、昔から親しまれてきました。中国でも古くからシジミの薬効が伝えられていて、薬書にはアルコール性肝炎や黄疸に効果があると記されています。現在では、シジミを煮だして抽出したエキスを加工した健康食品が多く流通しています。

シジミには肝臓の働きを助ける成分がたくさん含まれています。その代表的なものとして、メチオニン(必須アミノ酸)や、疲労回復・高血圧の改善に効果的とされているタウリンがあります。そして、これらには胆汁の流れをスムーズにする働きがあります。胆汁は肝臓でつくられ、腸に運ばれて脂肪の消化を助けます。胆汁の流れが悪くなると肝機能が弱くなったり、黄疸を招いたりします。黄疸(おうだん)とは、ビリルビンという色素が過剰に増加したことが原因で、皮膚や眼球などが黄色っぽく染まった状態をいいます。また、シジミにはビタミンB12の含有量が多いのですが、この含有量は魚介類の中では一番です。ビタミンB12は、血液をつくったり脳細胞を活性したりするほか、肝臓の機能を強化するのにも有効です。肝臓に脂肪が沈着するのを防止するイノシトールも多く含まれています。

さらに、シジミの持つ風味成分のコハク酸には、胆汁の分泌を促す働きがあります。胆汁の分泌が促進されれば肝臓の働きが活発になるのと一緒に、コレステロールが消費されることにつながり増加するのも抑えることになります。シジミはこのように肝臓の働きを助けますが、それだけでなく、貧血の改善や予防にも有効です。カルシウム、亜鉛、銅や貧血を防ぐ鉄などミネラルも多く、血液の循環を良くし体力をアップさせるといった効果に期待ができます。

飲み方

サプリメントの種類は、粒、顆粒、粉末、エキスドリンクなどがあります。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ) | 実際に試してみた効果(レビュー)

こんな人にオススメ!

  • 肝臓障害
  • 黄疸
  • 二日酔い
  • 貧血
  • 疲れやすい

栄養価の高い牡蠣(カキ)で体力増強

効能・効果

牡蠣(カキ)は食用としての歴史がとても長く、世界中の人々に食され、最も親しまれてきた貝の種類です。『海のミルク』と呼ばれるほど、高い栄養価を誇っています。鉄分が豊富に含まれているのはよく知られていて、女性に多い貧血の予防に役立ちます。

カキのサプリメントは、身から抽出したエキスが加工されたものです。そのエキスには、良質のたんぱく質やビタミン、ミネラルなどがバランス良く、豊富に含まれています。さらには、グリコーゲン、タウリン、亜鉛といった成分をとても多く含有しています。ですがその反面、重金属やアレルギー因子など好ましくない物質も含まれていて、季節によって栄養素が大きく変動するというマイナスな点もあります。

グリコーゲンというのは多糖類のひとつで、筋肉を動かすエネルギー源として、筋肉や肝臓などに蓄えられます。そして、肝臓の働きを活発にしてホルモンを正常に機能させ、疲れた体に力を与える働きをします。タウリンはアミノ酸の一種であり、栄養ドリンクに配合され馴染みのある疲労回復成分です。肝臓の代謝機能の改善、血栓の予防や血圧のコントロール、発ガンを抑制するなどの働きがあります。亜鉛は体をスムーズに機能させるためには不可欠なミネラル分で、ホルモンの代謝を正常に保ったりインスリンの分泌を促進したりして、生殖器や脳の機能を活性させるのにも重要な役割を持っています。

カキのエキスは、このような栄養成分が相乗的に作用することで、総合的に体の健康をサポートしてくれるので注目され、人気を集めています。

飲み方

カキエキスのサプリメントの種類は、粉末、カプセル、錠剤、ドリンクなどがあります。漢方では、カキの貝殻が原料の生薬が『ぼれい』と呼ばれていて、ストレスを抱える人などに精神安定を目的として処方されます。

こんな人にオススメ!

  • 虚弱体質
  • 倦怠感がある
  • 飲酒量が多い
  • ガンの予防
  • 血栓の予防

肝機能の強化にウコン

効能・効果

ウコンは主にインドを産地とするショウガ科の多年草です。日本では、沖縄を中心に栽培されています。日本で栽培されているウコンには、春ウコン(キョウオウ)、秋ウコン(ウコン)、紫ウコン(ガジュツ)といわれる3種類があります。同じウコンでも、花の咲く時期によって別の名前がついています。通常、ウコンというのは秋ウコンのことを指します。

春ウコンには強い苦味と酸味があります。沖縄ではウコンが肝臓に効いて二日酔いを防ぐことが昔から知られていて、春ウコンを原料としたお茶が昔から飲まれてきました。精油成分が多く含まれ、ミネラルや食物繊維も含まれています。
秋ウコンは、よくカレーを作るのに使われるターメリックです。色が強いので食用や薬用のほか、染料としても使われます。この秋ウコンには、クルクミンという抗酸化成分が豊富に含まれています。クルクミンは、特に肝臓に作用して肝機能を強化し、胆汁の分泌を活発にする働きがあります。胆汁の分泌はコレステロールを消費して、動脈硬化を予防します。脂肪肝、肝炎、肝硬変に有効です。また、遺伝子に作用しガンが発生するのを抑制します。たばこに含まれる発ガン物質の場合、その作用を50パーセント抑制するという話もあるようで、喫煙量の多い人は期待できます。
紫ウコンは赤紫の花をつけ、茎が白紫であることなどから、紫ウコンと呼ばれています。特に胃潰瘍(いかいよう)に有効とされています。健胃作用に優れていて、殺菌・抗菌作用も強く、胃潰瘍の原因だと考えられているピロリ菌を除去する成分が含まれます。

このように、春ウコンは精油成分とミネラルが豊富、秋ウコンにはクルクミンが多く、紫ウコンは健胃作用が強いという特徴をもっています。これら3種類のウコンをブレンドして摂取すると、相乗効果が働き、さらに健康に役立ちます。

飲み方

サプリメントの種類には、粉末、錠剤、タブレットなどがあります。ウコンには消化器系の活動を活発にする成分があるので、できれば食べる前や飲む前に摂取するのがおすすめです。ウコンのサプリメントは、クルクミン量に換算して1日あたりに30~70mg程度を飲むと良いとされています。
粉末ウコンの場合、においや味が気になるという人はオブラートに包んで飲みましょう。それでも飲みにくいという人は、粉末を水またお湯に溶かして、そこにオリゴ糖などを入れれば飲みやすくなります。

こんな人にオススメ!

  • お酒をたくさん飲む
  • 二日酔いに
  • 胃腸の調子が悪い
  • ガンの予防に
  • 喫煙量が多い

ウコンについて詳しい内容はウコンの効能・効果が参考になります。