肝臓保護」タグアーカイブ

体の組織づくりに必要なアミノ酸

効能・効果

人間の体の約20パーセントはタンパク質でできていて、おもに筋肉や消化管、内臓、血中ヘモグロビン、髪や皮膚のコラーゲンなど、体の重要な組織をつくっています。このタンパク質を構成している成分がアミノ酸です。

自然界には約500種類ものアミノ酸が発見されているそうですが、私たちの体のタンパク質を構成しているのは、そのうち20種類だといわれています。

私たちの体の中では、タンパク質の合成と分解が常に繰り返されています。肉や魚、穀物などを食べると、摂取したそのタンパク質は20種類のアミノ酸に分解されて、体の中で再びタンパク質に組み換えられるのです。その際に原料となる20種類のアミノ酸のうち、11種類のアミノ酸は必要な時に人の体内で合成することができますが、ほかの9種類は体内で合成できないので食べ物から摂取する必要があります。このように、体内で合成できないものは『必須アミノ酸』、そして合成できるものは『非必須アミノ酸』と呼ばれています。

この「必須」というのは必ず食べ物から摂るべきという意味ですが、それ以外の非必須アミノ酸は摂らなくてよいということではありません。非必須アミノ酸も私たちの体をつくるためには必要なもので、年齢や体調によっては不足します。

体内では、タンパク質に再合成されたアミノ酸のほかに細胞や血液中などに蓄えられているアミノ酸もあって、これらは遊離アミノ酸と呼ばれています。非必須アミノ酸を含む多くの遊離アミノ酸は、人間の生体を維持するために非常に重要な役割を担っています。

また、アミノ酸といえばダイエットをサポートすることで注目されていますが、摂取するだけで脂肪の分解が促進されるわけではなく、運動が組み合わされることで効果を発揮します。

アミノ酸はその種類により効果が異なりますので、目的別の利用が重要になります。自分の目的に合ったアミノ酸をタイミング良く摂取することで、アミノ酸バランスを改善できます。

アミノ酸の種類には次のようなものがあります。
筋肉増強や筋肉量の維持に役立つバリン、ロイシン、イソロイシン=BCAA(分岐鎖アミノ酸)。脂肪の分解や燃焼、肝臓の保護に作用するアラニン、アルギニン、アスパラギン酸、ヒスチジン。筋肉疲労の回復や胃腸粘膜の保護作用のあるグルタミン。神経の伝達に働くフェニルアラニンなどです。

飲み方

サプリメントの種類には、パウダータイプや粒タイプがあります。タンパク質は腸管でアミノ酸に分解され体内に吸収されますが、サプリメントのアミノ酸はダイレクトに吸収されます。スポーツでアミノ酸が消費される場合には運動の直前、直後に摂取すると効果的です。

こんな人にオススメ!

  • アルコールの摂取量が多い
  • 中性脂肪値が高い
  • ダイエットを成功させたい
  • 筋肉をつけたい
  • 免疫力を高めたい