肥満」タグアーカイブ

バナバで血糖値を正常に保つ

効能・効果

バナバは、フィリピン、インドネシア、タイなど東南アジアの熱帯、亜熱帯地方に広く生育している常緑樹です。ミソハギ科の高木で、薄紫色の花をつけます。『バナバ』というのはフィリピンでの呼び名で、和名ではオオバナサルスベリといいます。

アジアの各地で糖尿病や皮膚病の治療の民間薬として利用されたり、バナバの葉を煎じて飲むと健康維持に良いとされ、カルシウムやマグネシウム、亜鉛といったミネラルが豊富に含まれているバナバ茶は、特にフィリピンでは、古くから民間に伝わるお茶として愛飲されてきました。

バナバの葉には「コロソリン酸」という活性成分が含まれていて、バナバの糖尿病症状に対しての改善作用は、このコロソリン酸の働きによるものとみられています。人間の細胞膜上には細胞のエネルギー源であるブドウ糖の輸送体が存在していて、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んでいます。輸送体が活発に働けば、ブドウ糖が細胞に取り込まれる量が増えて血液中の糖が減少します。

コロソリン酸には、輸送体を活性化する働きがあり、ブドウ糖の細胞への取り込みを促進します。糖尿病治療にも用いられるインスリンと同じように作用することがわかり、血糖値を正常に保つことができると考えられています。

糖尿病は血液の中に含まれる糖の濃度が高くなる状態ですが、コロソリン酸は、血糖値が高いと下げ、低い人には影響しないという働きをするので、安全性が高いとされています。

また、バナバにはタンニンや食物繊維も多く含まれています。タンニンにはコレステロールを下げる働きがあり、食物繊維はすっきりしたお通じをサポートします。甘いものが好きな人、ダイエットしている人などにもおすすめです。

研究ではバナバの抽出液からとても強力な抗酸化活性も見つかっていて、活性酸素を除去して老化やガンを予防できるのではないかと期待されています。

飲み方

サプリメントの種類には、お茶タイプや粒タイプがあります。お茶の場合、食前または食事をしながら摂取すると吸収が良く、効果的です。なお、糖尿病薬を服用している人は、医師に相談したほうが良いでしょう。

こんな人にオススメ!

  • 糖尿病
  • 糖分が気になる
  • 肥満
  • 便秘がある
  • 湿疹ができる
  • 甘いものが好き

難消化性デキストリンで肥満を予防する

効能・効果

難消化性デキストリンは、とうもろこしやじゃがいものデンプンを消化酵素アミラーゼというもので加水分解して、消化しにくい成分を取り出し調整をした水溶性食物繊維です。食物繊維は世界で遙か昔からその有益性が注目されていたそうですが、日本では長い間、消化されない不要なものというような認識をされててきました。しかし、研究が世界中で広く行われるようになってからは、食物繊維の健康への効果がますます注目されるようになりました。難消化性デンプンは20世紀の終わり頃には製造法が発明されて、それから現在においては、安全性が高い食品素材として、たくさんの食品に使われています。

食物繊維というと整腸作用があって、便秘を改善させることなどが一般的に知られているように、難消化性デキストリンも、同じ様に便秘の改善や予防にも効果をあらわします。食品に含まれる水分を吸収しゼリー状に変化して、便を軟らかくしたり、かさを増したり、腸の中で善玉菌を増やして腸内環境を整えたりします。また、難消化性デキストリンには、食後に急激に血糖が上昇するのを穏やかにする働きがあります。さらに、脂肪やコレステロール値の低下作用もあって、肥満の予防や生活習慣病の予防にも役立つとされています。ほかに、マグネシウム、カルシウム、鉄や亜鉛といったミネラル類の吸収率を高める働きもあるようです。

難消化性デキストリンはデンプンからつくられている食材であって、自然の食材で含まれているものはありません。トクホ(特定保健用食品)や健康補助食品の中に材料として含まれています。溶液は低粘性ですが透明であるため、食品の味や見ためにそれほど影響しないところが利点です。安全性が高いこともあり、いろいろな食品への利用が可能です。

食物繊維としての難消化性デキストリンの1日の摂取量は、3~8グラムが目安とされています。食後の血糖や中性脂肪の上昇を抑制するので、炭水化物、油っこい料理や甘味料を使ったものと一緒に摂取することで、糖質や脂質が吸収されるのを緩やかにします。

飲み方

サプリメントには、粉末タイプと、お茶や青汁などに含まれている飲料タイプがあります。食前か食事中の摂取が効果的で、ゲル化する性質なのである程度の水分と一緒に摂取するほうがよいです。体質や体調などによっては、摂りすぎるとお腹が緩くなることがあります。

こんな人にオススメ!

  • 便秘を改善したい
  • 体脂肪率が高い
  • 肥満の予防
  • 生活習慣病の予防

ラズベリーの香りの成分で肥満予防

効能・効果

ラズベリーは、バラ科の植物でキイチゴ属の果実。ヨーロッパや北米が原産で、果実は粒が塊のようになっているのが特徴で、甘みと酸味があります。見た目にかわいらしく、ガーデニング用の果樹としても人気です。さらに、優れた風味をもち、ジャムや洋菓子、ハーブティーやリキュール類などに食用としてよく用いられ、フランボワーズと呼ばれています。

ラズベリーには健康維持のための有用成分が豊富に含まれていますが、主成分は幅広い効用のあるビタミンC、エネルギーの燃焼を促進し疲労回復効果のあるクエン酸です。そして、アントシアニンなどのポリフェノール類が注目されています。ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、細胞が酸化するのを抑制することで、体の老化や、ガン、動脈硬化などを予防します。記憶力の増強、運動機能の改善にも効果的です。果実にはビタミンCやミネラル類、ポリフェノール類が豊富に含まれ、美容効果も高いといわれています。メラニン色素を抑える働きがあるので肌の美白効果にも期待できます。

ラズベリーの香り成分であるラズベリーケトンには脂肪の分解を促進する作用があります。脂肪は体内に吸収されると筋肉で分解され、最終的には二酸化炭素と水になります。しかし、分解されなかった脂肪はそのまま蓄えられて肥満につながってしまいます。脂肪の分解能力を高めることが肥満を予防するのに有効なわけですから、脂肪分解促進作用のあるラズベリーケトンを含むラズベリーが役立ちます。ラズベリーケトンは、その分子構造が、ダイエットに有効とされている唐辛子に含まれるカプサイシンに似ているのですが、効能は、なんとカプサイシンの3倍にもなるといわれています。そのため、ラズベリーケトンが配合されたダイエット用補助食品が人気を集めたこともありました。ラズベリーケトンが配合されたものには、サプリメントのほかにシェイプアップインナーなどもあります。

ラズベリーの葉(ラズベリーリーフ)には、婦人科系の効果があることが知られています。妊娠後期に摂取することで、子宮筋や骨盤の働きを正常にするように働いたり、母乳の出を良くしたり母乳の栄養価を高める作用があるといわれています。このようなことからヨーロッパでは「妊婦のハーブ」と呼ばれています。日本でも安産のためのハーブとして浸透してきています。また、子宮に働きかける作用があるため生理痛の緩和にも効果があり、さらにリラックス効果もあるので、ハーブティーとして女性に人気があります。

飲み方

錠剤のサプリメントもラズベリーリーフティーも、妊娠初期の摂取は控えてください。

こんな人にオススメ!

  • 肥満の予防
  • 疲労回復
  • 肌荒れが気になる
  • 老化予防
  • ガンの予防

ガルシニア・カンボジアで食欲抑制、肥満防止

効能・効果

『ガルシニア・カンボジア』は、インドやスリランカなど南アジアに自生するオトギリソウ科の果樹です。柑橘類(かんきつるい)で、オレンジくらいの大きさの果実がなり、その果皮から有効成分が抽出されます。有効成分はHCA(ハイドロキシクエン酸)という有機酸で、肥満予防に効果的であるとしてサプリメントなどに含まれます。また、食べながら痩せられると脚光を浴びていて、ダイエット食品に含まれます。

HCAには、糖質が体内で脂肪に変わるのを阻害する働きがあります。食事で摂った糖質や脂質はブドウ糖に変えられエネルギーとなりますが、余った分は脂肪となって蓄積されます。しかし、食前にガルシニアを摂取すると、HCAがその酵素と結合して働きを阻害し、脂肪をできにくくするのです。また、脂肪の生産のときに同時にできる脂肪酸も、その結果不足します。この不足した分を補うために、蓄積された体脂肪が分解されます。通常はATPクエン酸リパーゼの働きが阻害されると酸性体質になってしまうのですが、ガルシニア・カンボジアではそれがありません。またHCAは肝臓リパーゼの反応を抑制し、脂肪が腸管から吸収されるのを抑えることも明らかになっています。これらの働きのおかげで、食べても太らないのです。

体脂肪にならなかったブドウ糖はグリコーゲンに変えられるため、空腹感をそれほど感じなくなって、自然に食欲を抑えられることになります。そして、リバウンドしにくいというところも利点です。肥満を予防・防止することは、高血圧などの生活習慣病を予防するうえでも大切です。

糖質は砂糖など甘いものだけではなくて、ご飯や麺類といった炭水化物にも含まれています。肥満というと、まず脂肪の摂りすぎが問題とされることが多いでしょうが、ご飯が主食だということもあり日本人は炭水化物の摂取が多いので、その肥満予防対策として、HCAは有効だといえるでしょう。

飲み方

サプリメントでは粒や錠剤があります。ガルシニアエキスまたはHCA配合などと表示されているものもあります。食前の摂取が効果的です。

こんな人にオススメ!

  • 食べ過ぎる
  • 肥満
  • ダイエット

ガルシニア含有商品一覧
売れ筋はガルシニア茶です。

カプサイシンでエネルギーの代謝をアップ

効能・効果

カプサイシンは唐辛子の辛味をもたらす主成分で、体脂肪を燃やすなどのダイエット効果、健康増進効果があると一般にいわれています。唐辛子は、体を温めたり、胃を健康に保ったりなどで、古くから利用されてきました。カプサイシンは科学的にエネルギー代謝を高めることが実証されています。エネルギー代謝は人の体内に蓄積された糖質や脂肪の消費と直結していて、エネルギーの代謝が高まると消費が促進され、体脂肪の減少や肥満の解消につながります。

カプサイシンの摂取によってエネルギー代謝が高まる理由は、カプサイシンが脳の中枢神経を刺激して、副腎髄質ホルモンアドレナリンの分泌が活発になることにあります。脂肪などのエネルギー源の燃焼を促進して強心や発汗など代謝をアップさせます。

韓国の建国大学での研究によると、カプサイシンがガン誘発たんぱく質となる上皮成長因子受容体の活性を誘導し、炎症の誘発、ガンの発生に重要なたんぱく質を発現させることで、皮膚ガンなどを促進することがマウスを使った実験で証明されました。皮膚に塗る局所用鎮痛剤にも用いられていますが、痛みを緩和するうえで重要なたんぱく質など、ガン抑制物質が相対的に不足した成人の場合、カプサイシンの大量摂取がガンの発生を大きく促進しかねないこともわかりました。しかし、カプサイシン単体の場合はそうでないことから、カプサイシン自体がガンを誘発する物質なのではなく、ガンの発生を促進する機能を備えているということが伝えられました。

カプサイシンには末梢神経を刺激して血管をひろげ血液循環を改善するという働きがあるので、血行不良が要因となる冷え性や肩こりにも効果が期待でき、特に女性にはうれしいものだといえるでしょう。そのほか、胃液の分泌を促進して消化を助ける働きもありますので、食欲がないときにも有効です。

飲み方

辛味成分が含まれていますので、大量摂取に注意しましょう。まれに体質に合わない人もいますので、摂取後、体調のすぐれない場合は使用を中止してください。

こんな人にオススメ!

  • 肥満
  • ダイエット
  • 冷え性
  • 肩がこる
  • 食欲不振

スリムバーン
カプサイシン効果でダイエット