薄毛」タグアーカイブ

シルクアミノは気になる頭皮の血流をアップさせ艶やかなコシのある髪質にかえてくれる

肌荒れがひどい、爪の先が割れてしまう、抜け毛も…はアミノ酸不足が原因

ある程度の年齢で老けて見えてしまうのは、やっぱり肌や髪の毛、顔や手のしわなどが大きく影響します。髪の毛は、直射日光から頭皮を守って体温調節を行うほか、温度の変化や物理的な衝撃から脳を保護するクッションの役割を果たしています。そのため、ほかの体毛に比べても長く伸びます。
さらに、髪には体内に残った毒素などの老廃物を排泄する「デトックス(毒出し)機能」があります。

健康維持に欠かせない大切な髪も、1日に約80~100本ほど抜け落ちます。しかし、特別な病気などがなければ髪がすべてなくなってしまうことはありません。頭皮には、一定の周期で新しい髪を作り出すしくみが備わっているからです。

髪の寿命、つまり髪が生えてから抜け落ちるまでの期間を、毛周期(ヘアサイクル)といいます。髪は、成長期→退縮期→休止期という毛周期を経て抜け落ちます。通常、男性の毛周期は平均3~5年。女性は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きにより4~6年と長くなっています。

毛周期は男女ともに一生涯で約25回くり返され、健康な人なら100歳でも髪が生え変わります。しかし実際には、加齢によって髪の製造工場である「毛母細胞」の働きが低下するため、髪の新陳代謝が衰えて、新しい髪が作られにくくなっていきます。

女性の場合、問題なのがホルモン分泌の変化です。女性は更年期以降、エストログンの分泌量が激減するため、毛母細胞の分裂が停止する「休止期」が長くなってしまいます。いいかえれば髪が生えにくくなる時期に入ります。

エストロゲンは、髪のうるおいやコシを作り出すコラーゲンの生成に大きく関わっています。そのため、エストログンの激減に伴って髪がパサついたり、コシがなくなったりしてきます。

もし、髪の毛が1日に100本以上抜け落ちたり、髪の毛の成長する速度が遅くなったりしたら薄毛の警告でもあります。さらに、皮膚がカサカサに乾燥する・肌荒れがひどい、爪が伸びにくい・割れやすい・薄く軟らかくなる、といった状態が続くとき同じく警告です。体がアミノ酸を欲しているSOSの合図で、抜け毛が増えるおそれがあるのです。

1つの毛穴から複数生える髪を増加させるシルク微粉末は地肌も目立たなくなる

髪のトラブルを予防・改善するうえで、さけて通れないのがアミノ酸不足の解消です。いろいろなアミノ酸食品が市販されている中で、絹から抽出されたシルクアミノ酸は、髪の生育に欠かせません。

シルクアミノ酸をとると頭皮の血流が最大で4割以上もアップすることが確かめられました。頭皮の血流がよくなれば毛根や毛母細胞の働きが活発になって、育毛が促進されます。

1つの毛穴から生えている本数が増えるのは、もともと髪が1本生えていた毛穴の毛根が活発になり髪の増加につながったのではと考えられます。
艶やかな髪、ボリュームのある髪は女性らしさの象徴でもあります。
頭皮の血流が促進されて、毛母細胞の働きが活発化すればコラーゲンの生成も活発化し、ハリとコシのあるつややかな髪がよみがえるでしょう。