血糖値」タグアーカイブ

モロヘイヤのヌメリ成分で胃腸の調子を整える

効能・効果

モロヘイヤは、古くからインドやエジプトでなど中東地域で食べられてきた野菜です。古代エジプトで重い病気にかかった王がモロヘイヤのスープを飲んで回復したことから『王家の野菜』とされ、王族以外には食することができないほど、栄養の宝庫として利用されてきました。日本では20年以上前から栽培されていて、スーパーでも販売されています。

ホウレンソウや小松菜などの青菜類は冬が旬のものが多く、夏は青菜が少ない季節です。これらはスーパーでは夏でも販売されていますが、本来は冬が旬なので冬と比べると夏はビタミンなどの栄養価が少ないのです。そんな中、モロヘイヤは原産地が熱帯地域ですから日本でいうと夏が旬となります。

モロヘイヤには、体の抵抗力を高めるβ-カロテンやビタミンC、疲労回復を促すビタミンB1やビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン類のほか、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル、食物繊維が多く含まれています。栄養価が高いことで知られるホウレンソウと比較しても、多くのβ-カロテンやビタミンが含まれているのです。

モロヘイヤを茹でたり刻んだりすると出るネバネバしたヌメリ成分は多糖類です。そのうちのムチンという成分には胃粘膜を保護し消化を促す働きがあり、夏バテの予防や改善にも役立ちます。ヌルヌルした成分は腸の中でゲル化して、スポンジのように水分を吸収するので、食べた物が消化管の中を進んでいくスピードは、とてもゆっくりです。水分を吸収し胃や腸管を刺激することで、便秘の改善を促し、下痢のときには穏やかに作用して程良い硬さの便をつくります。ほかに、血圧を正常に保ったり、コレステロール値や血糖値の上昇を抑える働きがあるといわれています。

ヌルヌルした食べ物には、多糖類がたくさん含まれています。水溶性食物繊維の多くがこの多糖類で、ペクチンやマンナン、寒天などがそうです。モロヘイヤのようにヌメリのある野菜ではオクラやジュンサイなどがあります。

また、高温で乾燥した過酷な地域で育ったモロヘイヤには抗酸化成分のポリフェノールが豊富に含まれていて、強い抗酸化作用で活性酵素の働きを抑え、ガンの予防にも期待できます。

飲み方

サプリメントの種類にはモロヘイヤ100%の粉末タイプや粒タイプがあります。また青汁の原材料として配合されています。

こんな人にオススメ!

  • 便秘
  • 下痢
  • 血糖値が高い
  • コレステロール値が高い
  • 夏バテ
  • 胃の調子が悪い

ヤーコンは整腸と生活習慣病に

効能・効果

ヤーコンは、南アメリカ、アンデス山脈地方原産のキク科の多年草です。アンデス山脈の一帯では先住民たちによって、伝統的に、ヤーコンやジャガイモなど芋状の根菜類が栽培されてきました。日本で現在栽培されているヤーコンは1980年代にニュージーランドから輸入されたものから増殖されていったもので、日本の各地に広まったのは2000年以降のことです。

ヤーコンは塊根部(芋)の形がサツマイモと似ていることから、アンデスポテトとも呼ばれます。水分が多く含まれていて、歯ざわりはシャキシャキした梨に似ています。ほんのりした甘さで、生のままで食べることができます。ほかに加熱調理して食べられたりもしますが、日本では、食用というよりも健康に対してのプロバイオティクスとして注目を浴びています。

ヤーコンの主な成分は、糖質、食物繊維、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルなどです。整腸作用やコレステロールを低下する作用、血糖値を抑制する作用があります。サツマイモやジャガイモに多いデンプンが含まれていない低カロリーな食品です。塊根部にはフラクトオリゴ糖がとても豊富に含まれていて、収穫された後しばらく保存しておくと分解されてオリゴ糖となります。フラクトオリゴ糖と食物繊維は、大腸で、善玉菌であるビフィズス菌の栄養源となって繁殖を促し、悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。フラクトオリゴ糖には、便秘、高脂血症の改善のほか、血糖値の抑制、老化防止などの効果が認められていて、肥満や動脈硬化の予防にもつながる低カロリー甘味料の素材としても利用されています。

葉にはプロトカテク酸、クロロゲン酸、コーヒー酸などが含まれ、こちらもプロバイオティクスに役立つと考えられています。緑茶に負けないくらいの抗酸化成分やミネラル類を含有し、煎じたものがハーブティー、ヤーコン茶として利用されています。また、茎にはインスリンと同じような働きをする成分イヌリンが含まれているため、血糖値が上昇するのを抑制します。

飲み方

ヤーコンを使った健康食品として、ヤーコン茶やヤーコンジュースがあります。お茶にして摂取されることが多いです。

こんな人にオススメ!

  • 便秘・下痢
  • コレステロール値が高い
  • 血糖値が高い
  • 糖尿病の予防

食物繊維が便通を整える

効能・効果

食物繊維は、人の消化酵素では消化されにくい、食物の中に含まれている難消化性の成分のことをいいます。その昔は、消化されずに役に立たない食物のカスだとされていました。しかし、現在では食物繊維は5大栄養素に次ぐ『第6の栄養素』といわれ、体に不可欠であると重要視されています。食物繊維は、大腸の中で腸内細菌によって人が吸収できる分解物に転換されることから、食後長時間を経てエネルギーとして吸収されます。

食物繊維は水溶性と不溶性の2種類に大きく分けられ、食物繊維を含む多くの食品は、不溶性と水溶性が5対1ほどの割合で含まれています。文字どおり水溶性とは水に溶ける性質を持ったもの、不溶性は水に溶けにくい性質を持ったもので、それぞれに特長があります。水溶性食物繊維にはネバネバしたものとサラサラしたものがあります。多く含む食品は海藻類やこんにゃく、果物などです。不溶性食物繊維は野菜などに含まれている長い糸状の筋で、ザラザラした感じです。多く含む食品は、野菜や穀物、豆類などがあります。

水溶性食物繊維は、粘着性があって胃腸内をゆっくり移動するため空腹を感じにくいし食べすぎを防ぐので肥満の予防に役立ちます。そして、糖質の吸収をゆるやかにして食後の血糖値が急激に上昇するのを抑えます。また、吸着性があって余分な胆汁酸やコレステロールを吸着し、体の外に排出してくれます。不溶性食物繊維は、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らんで便のかさを増します。そして、腸を刺激してぜん動運動を活発にし、便通を整えます。どちらにも共通するのは発酵性があることで、大腸内で発酵や分解がされると、ビフィズス菌などを増やして腸内環境が改善され、整腸効果があります。また、ガンの発生を抑制します。

私たちの体に必要な食物繊維の摂取量は年代によって違いはありますが、日本人の食物繊維摂取量の調査の結果では、ほぼどの年代でも目標摂取量に足りていない状況にあります。食事からだけでは摂りきれない食物繊維は、栄養補助食品をうまく使うことで補うこともできます。種類はさまざまですが、とうもろこしのデンプンから作られている『難消化性デキストリン』という成分があります。難消化性デキストリンは、食物繊維不足を補うために作られた水溶性食物繊維であり、トクホ(特定保健用食品)として認められています。

飲み方

サプリメントの種類には、粒や粉末、ドリンクなどもあります。過剰に摂取すると必要な栄養成分も排泄してしまうので注意しましょう。

こんな人にオススメ!

  • 便秘
  • コレステロール値が高い
  • 血糖値が高い
  • 肥満の予防
  • ガンの予防

桑の葉で血糖値の上昇を抑制

効能・効果

桑の葉は、古くから蚕(かいこ)のエサとして用いられてきた植物です。桑という落葉樹の、薄くてツヤのある葉っぱです。中国ではこの葉を乾燥させたものが生薬として重用されてきました。この桑の葉には血糖値の上昇を抑える成分があることがわかり、糖尿病を予防するサプリメントして人気が高まっています。ちなみに、果実はラズベリーのようにつぶつぶが密集した形で熟すと黒っぽくなります。甘酸っぱさが魅力で、ジャムや果実酒などに使用されます。

有効成分は、デオキシノジリマイシン(DNJ)という、桑の葉にしか含まれないものです。これまでの研究では、このDNJが体内にあるα-グルコシダーゼという酵素の働きを阻害することがわかっています。α-グルコシダーゼは小腸に存在していて、糖類をブドウ糖まで分解し、そのブドウ糖を小腸から血管へと輸送する役割がありますが、DNJの摂取により、このような小腸からのブドウ糖の吸収が妨げられて、血糖値の上昇を抑え正常化をもたらします。

食前と食事中というふうに、桑の葉の摂取状況を変えての臨床実験の結果では、食前の摂取よりも食事中の摂取のほうが食後の血糖値を抑制することが確認されています。

そのほか、桑の葉は、カルシウム、鉄分、カリウム、ビタミン類、食物繊維、、フラボノイド、カロチンなどを豊富に含んでいます。桑の葉に含まれる食物繊維やフラボノイド類が中性脂肪値やコレステロール値を下げる働きをします。食物繊維が腸からのコレステロールの吸収を抑えます。また、糖分をゆっくりと吸収する性質があり、肥満の防止にも有効です。さらに、桑の葉にはキャベツの60倍にも相当するカルシウム、小松菜の15倍に相当する鉄分、そして、ほうれん草の10倍に相当するカロチンなど、現代人に不足しがちな栄養成分が豊富に含まれています。

飲み方

サプリメントの種類には粉末、錠剤、お茶、エキスドリンクなどがあります。食事中の摂取が効果的です。最近は、青汁タイプもあります。

こんな人にオススメ!

  • 血糖値が高い
  • コレステロール値が高い
  • 中性脂肪値が高い
  • 肥満

神仙桑抹茶ゴールド

血糖値の上昇を抑えるギムネマ・シルベスタ

効能・効果

ギムネマ・シルベスタは、インド南部やアフリカなど熱帯地方に自生するガガイモ科の蔓(つる)性の植物です。この葉を噛むと1~2分後には舌で甘みを感じることができなくなるため、インドではグルマール(糖を壊すもの)と呼ばれています。インドの伝承医学アーユルヴェーダでも、糖尿病の予防などに有効なハーブとして利用されてきました。

この甘みを消失させる作用は、ギムネマ・シルベスタに含まれる主成分のギムネマ酸によるものです。ギムネマ酸はグルクロン酸というブドウ糖と似た構造を持っているのですが、酸味や苦味といったほかの味覚には影響しないことから、舌の味蕾(みらい)の甘みを感じる部分にグルクロン酸が結合するためだと考えられています。

ギムネマ酸は糖分の吸収を抑えたり、血糖値の上昇を抑えるのに有効です。ギムネマ酸が体内に吸収されると、腸管で糖質が吸収されるのを抑えます。ギムネマ酸は小腸から糖分の吸収だけを抑制するので、血糖値が下がり、インスリンの分泌が少なくて済みます。その結果、膵臓(すいぞう)の負担が減って糖尿病の改善に役立ちます。つまり、食事で糖質を摂取しても血糖値の上昇が抑えられるのです。しかも、必要以上に血糖値を下げることはないので低血糖による弊害も少ないです。

血糖値の上昇を抑えることは、肥満の予防にもつながります。糖分の吸収が阻害され、未消化となった食べ物は食物繊維と同じような働きをして便秘を改善します。食事制限によるダイエットだと栄養不足になったり便秘になったりしやすいのですが、その心配がなく、ダイエット効果も期待できます。また、虫歯にある酵素の活性を阻止することから、歯垢を防ぎ、虫歯の予防にもなることが期待されています。

飲み方

サプリメントの種類には粒、錠剤、お茶などがあります。大量に服用すると下痢をすることがあるので注意が必要です。

こんな人にオススメ!

  • 甘いものが好き
  • 糖尿病
  • 肥満の予防
  • 虫歯の予防

ギムネマ・シルベスタ
ギムネマ シルベスタ 360粒
ギムネマ・シルベスタの葉から抽出したエキスを粒状にしたサプリメントです。

血糖値を下げるカイアポ芋

効能・効果

カイアポ芋はさつまいもの一種であり、シモン芋とも呼ばれます。ブラジルの中央高原カイアポ山地に自生している芋で、栄養価に優れていて、インディオの間では健康を維持するために好んで食されてきました。一度栽培したらその土地にはその後8年以上は栽培できないというほど、土壌中の栄養を一度にたくさん吸収するといわれます。

日本では四国地方で栽培されてきましたが、近年は糖尿病への薬効で注目されています。ビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に含んでいて、インスリンの分泌や働きを高めて血糖値を下げ、中性脂肪を減少させます。

研究によると、CAFという酸可溶性糖たんぱくがインスリンの分泌作用を改善すると考えられています。CAFはカイアポ芋の表皮に多く含まれていて、長時間加熱すると分解されてしまいます。このことからも、効果を発揮するには、皮をつけたまま生で食すのが良いとされています。人体での臨床試験の結果では、カイアポ芋の投与によって空腹時の血糖値が下がり、コレステロール値の減少も見られ、糖尿病に有効であることがわかりました。そして今後もさらに、カイアポ芋の効用について深く解明されることが期待されています。

カイアポ芋は、形はさつまいものようですが、ひとつの重さが4~5kgととても大きく、さつまいもに比べて、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンKなど)やミネラル類(カルシウム、リン、カリウムなど)を豊富に含んでいます。芋自体は他の芋と比べて特に美味しいものではないようですが、元気の源として認められていました。ビタミンKにはカルシウムを骨に結合させる働きがあり、豊富な食物繊維は腸の働きを活発にして、体内の有害なものを排出する働きがあります。

飲み方

サプリメントの種類はカプセル、粒、錠剤、粉末、ドリンクなどです。なお、既にインスリン分泌薬を服用している人は、摂取の前に、医師と相談が必要です。

こんな人にオススメ!

  • 糖尿病