骨粗鬆症」タグアーカイブ

カルシウムで丈夫な骨をつくり、イライラを防ぐ

効能・効果

カルシウムは、丈夫な骨や歯をつくるために必要不可欠な栄養素です。成人の場合で体内におよそ1キログラムのカルシウムがあって、そのうちの99パーセントが骨や歯の組織に含まれています。古い骨は新しく作りかえられているので、材料となっているカルシウムは、毎日摂取したいものです。

残りの1パーセントのカルシウムは、筋肉や血液、脳などにあります。筋肉や心臓の収縮と弛緩をサポートしたり、神経伝達物質として脳や神経がスムーズに働くように作用します。また、血液の凝固にも関与していて、その役割はとても重要なものです。そして、血中のカルシウム濃度が低下すると、一般によく知られているように、神経が苛立ってイライラしたり、怒りっぽくなります。これはカルシウムの不足により、神経の伝達スイッチが狂ってしまうからだと考えられています。不足するとほかにも、心臓の正常な働きが妨げられて血液循環に支障が出たりします。

カルシウムがじゅうぶんに摂取されず不足の状態が続くと、骨からカルシウムが抜け骨がスカスカになってしまいます。これが骨粗鬆症(こつそしょうしょう)といわれるものです。この骨粗鬆症は女性ホルモンの分泌と関連していて、閉経した女性に多くみられます。骨粗鬆症にかかると骨折をしやすくなって、高齢者の場合これが原因となり寝たきりになってしまうことも多いようです。このような事態を防ぐためにも、日頃からきちんとカルシウムを摂取することが必要になります。

食品でカルシウムが多く含まれるものには、牛乳をはじめとした乳製品、豆腐などの豆製品、イワシやしらす干しといった小魚類、それから小松菜などの緑黄色野菜がありますが、普段の食事からだけではなかなか摂取するのが難しいので、不足していると感じる人はサプリメントからも摂取するとよいでしょう。

飲み方

カルシウムを摂取するときは、カルシウムの半分くらいの量のマグネシウムも一緒に摂りましょう。カルシウムとマグネシウムは2:1が理想のバランスの摂取量です。さらに、吸収率を高めるにはビタミンDを一緒に摂るとよいです。ビタミンDが多く含まれる食品はこちら

こんな人にオススメ!

  • 怒りっぽい
  • 骨粗鬆症の予防
  • 血栓症の予防


カルシウム&マグネシウム

更年期障害の予防・改善に大豆イソフラボン

効能・効果

大豆イソフラボンは大豆特有の成分で、植物性ポリフェノールの一種です。女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と同じような働きをすることから「食べる女性ホルモン」といわれたりもします。大豆イソフラボンは、植物がつくりだす化学物質であり強い抗酸化作用などがあるとして注目されるファイトケミカルの中でも特に人気です。

大豆は「畑の肉」といわれるほど、良質なタンパク質を含んでいます。それだけでなく、良質な脂質やビタミンB1、鉄・マグネシウム・カルシウムといったミネラル、食物繊維などたくさんの栄養素を含んだ栄養価の高い食品です。大豆のタンパク質や脂質には悪玉コレステロールを減少する働きがありますが、イソフラボンも同様の働きをしたり、中性脂肪を減らし、血圧を下げる働きもあります。

エストロゲンは、女性の体の健康に必要不可欠なとても重要な役割を担っています。高血圧や動脈硬化を防いだり、骨の成分が溶け出すのを抑制して骨粗しょう症を予防したり、細胞の潤いと柔軟性を守って粘膜や皮膚を健康に保ったり、自律神経のバランスを整えたりします。しかし、このエストロゲンの分泌は女性が40歳を過ぎた頃から減少し、ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな自律神経の失調症状があらわれるようになります。これが更年期の症状で、程度がひどい場合には医師によるホルモン補充療法や漢方薬による治療が行われます。自分でできる対策として、エストロゲンのように働く成分をもつ食品を摂取する方法があるのですが、その代表が大豆イソフラボンで、更年期のつらい症状を和らげてくれます。同様にザクロがあげられます。そして、食べ物から摂取しきれない時に役立つのがサプリメントです。

高齢になると骨量が減り骨粗鬆症が起こります。骨折もしやすくなります。特に女性の場合は閉経後、卵巣の働きが低下するのでエストロゲンの分泌が急激に低下して、男性と比較してそれらの可能性が増えます。また、姿勢も前屈みになって、身長が縮んでいきます。イソフラボンには、骨量の減少を抑え骨粗鬆症を予防する効果がありますから、高齢になっても背骨が曲がらず、姿勢を保つ助けになります。ほかに、コレステロールの代謝を促して太りにくくしたり、抗酸化作用で老化を防ぎ、ハリとツヤ、潤いのある肌を保つ手助けをしたりと、アンチエイジングにも効果的です。

さまざまな不調があらわれる更年期障害(症状・原因・治療)

飲み方

サプリメントの種類はおもに粒です。エストロゲンと比べてその作用は弱いので、毎日続けて摂取することが大切です。同様の作用をもつサプリメントや医薬品を併用するには医師に相談しましょう。

こんな人にオススメ!

  • 更年期障害の症状の予防・改善
  • 骨粗鬆症の予防・改善
  • ガンの予防
  • コレステロール値が高い
  • 血圧が高い


大豆イソフラボン+亜麻リグナン
生理痛がひどく、PMSなどがある人にも大豆イソフラボンのような物性エストロゲンは非常に有効です。

更年期時期に抜け毛や脱毛が増えてしまった場合は、シルクアミノがおすすめです。

ザクロで更年期障害を軽減

効能・効果

ザクロはイランなど中近東を原産とする落葉樹につく果実です。ザクロには、女性ホルモンと同じ様な働きをするエストロゲンという成分が含まれています。エストロゲンは種子に集中して含まれているのですが、人と同じ分子構造をもっています。天然エストロゲンの女性ホルモン様作用で、ザクロがブームになったときには、ザクロを原料にした果汁飲料、濃縮エキス液や錠剤などが登場しました。女性の体は、40歳を過ぎると卵巣の機能が低下することにより女性ホルモンが減少します。それによって体調にいろいろな変化があらわれ老化していきます。ザクロは、この女性特有の不快な症状の改善に役立つとされている、ホルモン様食品のひとつです。

女性ホルモンの分泌量が低下すると、生理不順、めまい、のぼせ、イライラ、食欲不振などが起こるようになり、予防や治療にはホルモン剤が処方されますが、ホルモン剤の服用には副作用がともなうことから注目されたのが、女性ホルモンと同じ様な構造であり体内でホルモンのように働く、この天然の成分です。ザクロをはじめとしたホルモン様食品からの女性ホルモンの摂取は根本的に科学的なホルモン療法とは違っていて、安心して摂取することができます。憂鬱な症状がある軽度の更年期障害に対しての症状の改善には有効です。また、女性らしい体型や肌のハリを保ったり、骨を丈夫にするのにも期待できます。

ほかにホルモン様食品として知られているのは、大豆イソフラボンやナツメヤシです。大豆イソフラボンはその代表的なものであり、もともと大豆の摂取量が多い日本人女性は乳ガンになる率が少ないとされています。

ザクロのジュースやサプリメントは種子から採取されたエキスが配合されている確かなものを選ぶよう、注意しましょう。あまり価格の安いものには有効成分の含有量が少なく、効果のほども期待できないかもしれません。ただし、価格が高いからといって効果があるとは限りません。自分が信頼できるものを選びましょう。

飲み方

ジュースのほか、サプリメントには粒や顆粒があります。量の摂りすぎで嘔吐や下痢を起こすことがありますので注意しましょう。

こんな人にオススメ!

  • 更年期障害の緩和
  • 骨粗鬆症の予防
  • 肌にハリがない
  • 髪に潤いがない

美容と関節の健康維持にコラーゲン

効能・効果

コラーゲンは人の体内のタンパク質のおよそ30パーセントを占めている、繊維状のタンパク質の一種です。肌のハリを保つなど老化を防ぐ美容の効果で注目を浴びているコラーゲンですが、皮膚だけでなく、骨や軟骨、関節、血管といった多くの組織に豊富に含まれています。細胞と細胞をしっかりとつなぎ合わせ、酸素や栄養を供給し、老廃物を除去する働きがあります。皮膚の真皮(しんぴ)と呼ばれる、表皮の下の皮膚を生成する部分のおよそ70パーセントがコラーゲンで、表皮を下から支え、肌の潤いや弾力のもとになっています。

コラーゲンは食事から摂取するタンパク質が人の体内で分解、合成してつくられますが、それは20歳くらいがピークで、年齢を重ねるとともに量が減って作用が劣化したり、老化で新陳代謝が低下するのにともなって、やがては不足気味になります。すると肌はみずみずしさを失っていきます。また、関節の軟骨が分離して痛みが出たりする関節炎や骨粗鬆症など骨の健康維持が損なわれます。目の水晶体や角膜にもコラーゲンが多く含まれているので、新鮮なコラーゲンが不足することで眼精疲労がおこったり老眼が進行したりもします。ですから、コラーゲンを摂取することで関節の軟骨の動きをスムーズにしたり、痛みを軽減したり、骨の組織にカルシウムが定着するのを助ける働きによって、関節炎や骨粗鬆症の症状の改善や予防に効果的だとされています。

コラーゲンをたくさん含む食品には魚の頭部や豚足、牛すじなどがありますが、コラーゲンは水に溶けやすいので煮汁ごと摂ったり煮こごりで食べたりと、分解されたものを摂取したほうが体内での合成を促進して効率よく補給できます。従来はコラーゲンの原料に牛の成分が用いられてきましたが、狂牛病の問題があってからは魚、豚や鶏を用いたサプリメントが増えています。

飲み方

サプリメントには、粒、液状、粉末、ドリンクなどがあります。美容にはビタミンCや鉄分、ヒアルロン酸と組み合わせての併用、骨や関節炎の健康維持にはグルコサミン、コンドロイチンとの併用で、より高い効果に期待ができます。

こんな人にオススメ!

  • 美肌になりたい
  • ヒザやヒジが曲げにくい
  • 関節が痛い
  • 骨粗鬆症の予防

すっぽん小町