ニーム」タグアーカイブ

ニーム 皮膚病や炎症 天然の 保湿剤 として活躍

このハープは4500年前には現在よりも人気がありました。古代インドのハーブ療法で使われていたニームは、「村の薬屋さん」として重宝がられていました。現在は、 ニーム 皮膚病や炎症 天然の 保湿剤 として活躍しています。

ニーム 皮膚病や炎症 天然の 保湿剤 として活躍

ニーム 皮膚病や炎症 天然の 保湿剤 として活躍

主に皮膚病や炎症、熱をやわらげるのに用いられますが、 防虫剤 や クリーム 、 マウスウォッシュ としてなど、60 類以上の使用法があります。近年の研究で、 ニーム にはさまざまな薬効があることがわかりました。このハープは外用薬として、あるいは内服するサプリメントとして用いられます。

インドでは ニーム のペーストがニキビや湿しんなどの赤いプツブツを治療するのに用いられます。色々なこようーム製品があり、とくに、肌が非常に乾燥してかゆくなる「冬期掻痒症」に効果があります。

また、真菌、抗ウィルス、抗細菌効果もありますから、白癬や疥癬などの感染症から肌を守ります。もっとも興味深い利用法は、 歯磨き粉 や マウスウォッシュ としてです。
インドでは何世紀も前から ニーム の枝が歯ブラシ代わりに使われていましたが、現在は ニーム の抗細菌作用と抗炎症作用が、歯周病に効果があることがわかっています。

とくにデンタルケア製品は、口内に歯周病や虫歯の原因となる細菌の発生を防ぐ働きがあります。

また、防虫剤や肥料としても効果があります。虫 はニーム をスプレーした植物を食べません。食べると死ぬからです。人体に有害な他の防虫剤とは違って、 ニーム は我々のからだにはよいのです。ニーム製品はガーデンショップや園芸店で入手できます。さらに、 ニーム は内服するとアスピリンと同様の働きをし、熱を下げてくれます。

ニーム は、インドでは5000年以上も前から愛用されている植物で、樹液や樹皮、葉や種子にいたるまであますとこなく、活用されています。より、健康を確実なものにするため、家庭の庭や街路樹としてもよく見かけます。

「ミラクルニーム」【村の薬局」とも呼ばれ、万能樹として重宝されてきました。 ニームの葉を『美肌』のためにお風呂に入れたり、
『虫よけハーブ』として農業に使われたり、『穀物や衣類などの保存』のために使用されたりと、用途はいろいろなのです。

樹に含まれているアザジラクチンは、とても苦い物質ですが、人間の健康によいとされて、インド社会ではハーブの一種として庶民の生活に今も広く用いられています。

そんなニームの葉を微粉末にしたパウダーです。磨きなどにもご利用いただけます。