L-シトルリン」タグアーカイブ

L-シトルリンで血流をアップ

シトルリンのこれからの可能性に期待

L-シトルリンという言葉を聞いたことがある人はまだまだ少ないかと思います。日本では2007年に食品として認可されたばかりで一般的にはまだまだ知名度が低いものです。ヨーロッパでは既に30年以上も前から薬の素材として利用されており、サプリ大国のアメリカでもやはりすでに利用されています。

つまり、シトルリンに関する安全性に関係するデータはかなり充実しています。普段、口にしている食材にもシトルリンは含まれています。

L-シトルリンはスイカから発見された天然成分

L-シトルリンは、ウリ科の植物に多く含まれる成分です。スイカに多く含まれます。普段、口にするスイカにも含まれますが、アフリカのカラハリ砂漠に自生している野生のスイカのL-シトルリン含有量は他の植物を圧倒します。

食品中のL-シトルリン濃度
  • スイカ(野生種葉)420mg/100g
  • スイカ(栽培種果実)180mg/100g
  • ニガウリ(2.0~16mg/100g 可食部)
  • メロン(50mg/100g 可食部
  • 牛肉(0.880mg/100g 可食部)

砂漠で生育するスイカにL-シトルリンが多いのは、当然で高温で日差しの強い乾燥した砂漠地帯で生き延びるのは並大抵のことではありませんが、自身の防衛のために合成、蓄積する方法を長い歴史の中で得たのです。

L-シトルリンの働き

L-シトルリンの効果は、主に一酸化窒素(NO)の体内産生促進です。L-シトルリンを摂ると、主に腎臓でL-アルギニンとう物質に変換され、このL-アルギニンが一酸化窒素の主原料であることから結果的に一酸化窒素の産生が活発化します。

血液の流れをスムーズに

L-シトルリンでの効果として一番最初に注目したいのは、血管系の影響です。一酸化窒素は、血管を広げて血圧を調整し、血液の流れをよくします。

  • NOが血管の筋肉を弛緩
  • 動脈硬化を抑える
  • 細胞レベルで健康に

免疫力の改善

一酸化窒素の重要な働きとして免疫に対する作用があります。

  • ストレス下での免疫強化

白血球のマクロファージはウィルスなどに対抗するために一酸化窒素が使われます。現代人はストレスが多いのですが、過度のストレスで体内のL-アルギニンが不足し、免疫力の低下が起きるのですが、L-アルギニンを増やして一酸化炭素の産生を高めるL-シトルリンの働きはとても重要です。

ヒドロキシラジカルを排除

活性酸素の中でも非常に毒性の強いヒドロキシラジカルを排除する働きがあります。

  • 強力な抗酸化作用

日差しの強い砂漠でL-シトルリンが多いのも日光の紫外線による活性酸素から身を守ることがひとつの理由です。

有害なアンモニアの解毒

  • オルニチン回路の構成成分として働く

激しい運動や労働は筋肉の疲労や精神疲労を生じますが、通常、アンモニアは肝臓で無害な尿素にかえられ速やかに排泄されます。L-シトルリンはL-アルギニン、L-オルニチンと共にこのオルニチン回路の構成成分としてアンモニアの解毒にも働きます。

L-シトルリンで改善する症状

  • 高血圧高血圧対策に非常に有効です。血流が悪くなる原因として過度の血管収縮や動脈硬化がありますが、いずれにも改善効果があります。また、術後肺高血圧などの予防効果もあります。
  • 虚血による障害から心臓を守る一酸化窒素の抗血栓作用および血管拡張作用により日常的に摂取することにより虚血真疾患の予防に役立ちます。
  • 疲労回復抗疲労効果、運動能力向上効果
  • アンモニアの解毒

シトルリンには、血圧を下げる作用もあります。こちら。

どんな人がL-シトルリンをしっかり摂るといいのでしょうか?

1日に出るオシツコの量が少ない人

[L-シトルリを飲んではいけない人:現在、透析を行っている、腎機能(クレアチニン、BUNの値が悪く通院している)]

オシツコが出ないと、老廃物が体内に残る

なんとなくだるい、疲れやすい、冷える、不眠や頭痛、動悸や血圧がひどく下がる、あるいは上がる。この症状が、じつはおしっこを排泄する力が弱っているために起こっている場合があるのです。

ここであげている症状は自律神経失調症と呼ばれる病気特有の症状です。自律神経というのは、意識していなくても、自動的に体の中のいろいろな臓器や器官の機能を調節している神経のことをいいます。自律神経失調症とは、この自律神経が乱れて、臓器や器官の働きに不調があらわれる痛気です。原因はさまざまで、不規則な生活環境や運動不足、心的原因などもありますが、排尿障害もそのひとつとしてあげられます。なぜなら、本来尿の中に排出される老廃物に神経に悪影響を与える神経毒と呼ばれる物質があり、尿がスムーズに出ないと、この物質が血中に残って自律神経を含めた神経系を痛めつけるからです。
トイレの回数が少ない、1回1回しっかり出ている気がしない。

スイカには、体内のあらゆる毒素を体外に排出する成分がある

じっはスイカには、神経毒の代表・アンモニアを無毒な尿素に変え、尿として排泄させる成分シトルリンが含まれています。さらに、シトルリンは体内で別の物質に変化し、腎臓内の血管を広げます。腎臓は血液の汚れをこしとる臓器ですから、血管が広がり大量の血液を受け入れれば、アンモニア以外の生壁系もスムーズに排出。

つまりシトルリンには解毒と排出の2つの作用があるのです。また、スイカには私たちの体を老化させたり、ガンを含めた生活習慣病を引き起こす活性酸素を除去する、ポリフェノール類が多種多量含まれています。これらの成分は、体内の毒素を排除し、各臓器や器官の働きを活性化して代謝力を高めます。
そして、生活習慣痛を改善し、もはや現代病ともいえる肥満もエネルギーのスムーズな代謝によって解消することが期待できるのです。

現代人は多くの人が摂取カロリーが多すぎる

スイカの煮汁はそれらを防いでくれる

文明が発展する以前は、いまのように食糧が豊かではありませんた。そのため、私たちの体は食べ物から栄養を効率よくじて体内にため込むようにでいると考えられます。ですが、食生活が豊かになった現代人が陥りやすいのはその名残りでしかたがないことかもしれません。

ただし、肥満は生活習慣病のもとですから、防ぐ必要があります。そこでおすすめなのがスイカです。スイカは、毒素を排除し、器官の働きを活性化して代謝を高めます。つまり、体内の余分な物質がなくなる分スリム化される、さらに、代謝が高まれば脂肪も燃焼されるわけです。

さらにもうひとつ。スイカは腸内で私たちの主なエネルギー源である糖質が吸収されるのを阻害する物質も含んでいます。それはマンノシターゼという酵素が糖類に作用してできる物質で、自然界に最も多く存在する糖質ブドウ糖(グルコース)と構造が似ています。そのため、腸内で競合して、ブドウ糖が吸収されにくくなるのです。

以上のようにスイカは、余分な物質の排除+脂肪燃焼+余分なエネルギーの吸収を防ぐ、3つの効果で肥満を防ぐことが考えられます。このような働きをする成分を十分にとるためには、スイカを煮詰めて濃縮した煮汁を利用するとより効果的です。

スイカの煮汁の作り方

材料

  • スイカ2分の1個で半月分(約200 mlの煮汁が作れる)
  • テフロン加工の大型サイズフライパンなら焦げ付かずに作れます。
  1. 手で持ちやすいサイズにスイカを切り、皮以外の部分をおろす。
  2. ガーゼなどを使ってジュースだけをこしとる
  3. ジュースをフライパンに移して中火にかける。アクが出ても捨てずに吹きこぼれに注意しながら煮る。
  4. 弱火から中火にかけ、周りが焦げ付かないようにかきまぜながらさらに1時間煮詰める
  5. 赤かった煮汁が茶色くなりとろみがついたら火をとめる
  6. 保存用の容器に移し、あら熱がとれたら冷蔵庫で保存。1ヶ月以内に食べきる。

飲み方

  • 1日1~3回食前にティースプーン1杯ずつをお湯かお茶に溶いて飲む。

スイカが手に入らない、作るのが面倒な人に

市販のスイカの煮汁もあります!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西瓜糖 300g 山形県庄内産
価格:3240円(税込、送料別) (2018/11/23時点)

楽天で購入