DPA」タグアーカイブ

動脈硬化を防く働きがEPAの10倍も強い新しい魚油「DPA」がアザラシに見つかった

イヌイットの研究から明かになった

最近、DHA(ドコサヘキサエン酸) やEPA ( エイコサペンタエン酸)の働きをしのぐ新型の脂肪酸が発見され、注目を集めています。それは、魚油などに含まれるDPA( ドコサペンタエン酸)と呼ばれる脂肪酸です。
DPAは、DHAやEPAと同じn-3系の不飽和脂肪酸です。

DPAが注目されだしたのは、北極圏に暮らす先住民族であるイヌイットの食生活を調査したことがきっかけでした。イヌイットの人たちは、アザラシやオットセイ、サケなど、近海で捕れる動物や魚を主食にして、野菜や果物はほとんど食べません。彼らの脂肪摂取比は、総摂取カロリーの35〜40%にも上るといわれています。

これではふつう、血液中にコレステロールや中性脂肪が増え、動脈硬化や血栓(血の塊) の形成が進んで生活習慣病になるはずです。

ところが、イヌイットの人たちの血液を調べても、脂質の数値が正常だったのです。しかも、動脈硬化や血栓もほとんど見当たらず、心臓病や脳卒中による死亡も極めて少なく抑えられていたのです。
その理由として、魚油のEPAやDHA のほかに、アザラシなどに多量に含まれるDPA の働きが影響している可能性が浮上したのです。そして、DPAの研究が盛んに行われた結果、その儀れた健康効果が明らかになってきたのです。

EPAの働きを高める

では、具体的にDPAはどういいった働きをするのでしょうか。DPAについて研究しているカナダ・ゲルフ大学のホルプ博士は、次のような報告をしています。

  1. 血管の内皮細胞の遊走能を高める働きが、EPAのおよそ10倍強い。
  2. 血管壁を柔軟にする働きがEPAの10~20倍強い。
  3. 血管壁に付着している余分な脂質を取り除き、動脈硬化の進行を防ぐ働きがEPAの10~20倍強い。
  4. 体内にあるEPAの働きを強化する。

遊走能とは、血管の内皮細胞が血管壁にできた傷を修復し、悪玉の脂質が付着するのを防ぐ働きのこと。当然ながら、この働きが強ければ強いほど、動脈硬化を防ぐ働きが大きいといえるでしょう。

悪玉が減り善玉が増加

以上のような研究のほかにも、DPAについては多くの試験が行われています。例えば、カナダのロバート・G ・アックマン博士らは、動脈硬化が進んだ患者さんや、コレステロール値が高い患者さんに、アザラシ油(DPA) を投与して経過を調べたところ、患者さんのコレステロール値が平均20% 低下。しかも、減ったのはLDL (悪玉)コレステロールで、HDL(善玉) コレステロールは大幅に増えていたそうです。

私たちが日常食べているサケやイワシ、サバ、サンマ、クロマグロといった魚にも、DPAは含まれています。しかし、その含有量はごくわずかで、全脂肪中の1〜3% に過ぎません。

DPAは、アザラシなどの海獣類に多く含まれています。とはいえ、私たちがアザラシを食べるのは現実的ではありません。最近はDPAを含有したサプリメントが数種類市販されているので、そういったものを利用するといいでしょう。

起き上がれないほどの激しい頭痛も高血圧もマンボウの肝油で薬いらず – マンボウの肝油https://www.cause-reason.info/manbou/2014/11/post.html