ローズマリー 正常な細胞ががん化するのを防ぐ

何世紀も前からローズマリーは記憶力を高めるハープとして知られていますが、がんとたたかうハープとしても知られるようになってきています。

ペンシルバニア州で1996年5月、「栄養学」誌に報告された研究プロジェクト「ローズマリー研究」で、強力な発がん物質を投与されたラットの発がん率が、ローズマリーによって著しく軽減されたことが明らかになりました。

別の実験では、スーパーマーケットで売られているものと同じドライローズマリーの葉を使って2週間、ラットのエサに1%のローズマリーを混ぜて与えました。その後、ローズマリー入りのエサを与えたラットの乳細胞を攻撃し、DNA にダメージを与える発がん物質を投与してがんを発症させました。

その結果、ローズマリー入りのエサを食べていたラットは、がんの原因となる化学物質が乳細胞に着床しにくいことがわかり、ローズマリーによって初期の腫瘍形成が阻害される可能性が強いことがわかりました。

ローズマリーが長年、記憶力を高めるハーブとして知られてきたことを科学的に裏付ける証拠があります。ローズマリーにはアセチルコリン(精神機能に関与する神経伝達物質)の分解を抑えるアセチルコリンステラーゼ阻害剤が含まれていることがわかっています。

アセチルコリン値が低いと、通常の老化に伴う記憶の喪失やアルツハイマー病などを引き起こします。バスタブにローズマリーオイルを入れたり、肌にオイルを直接塗ることでアルツハイマー病の進行を遅らせたり、進行を止めることができる可能性があり、現在、研究が行われています。

ローズマリーの特徴と作用、注意点

赤ワインポリフェノール 抗酸化作用によって心臓病を予防する

赤ワインポリフェノールは「フランスの逆説」といわれます。フランス人はチーズやフォアグラのパテ、クリームソースたっぷりの食事を好み、気のむくままに高脂肪の食事を摂り、煙突掃除夫さながら煙草の煙を吹かします。

それにもかかわらず、フランスは心臓病が世界で、もっとも少ない国のひとつなのです。ある研究者は、フランス人が健康であるのは食べた物をグラス1~2杯のワインで洗い流すからではないかと考えています。

ワイン、とくに赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは抗酸化剤で、悪玉コレステロール、LDLの酸化を阻害することで心臓病を予防します。LDLが酸化(酸敗)すると、動脈壁の血小板の生成を促し、血液と酸素の流れを阻害します。

数々の研究から赤ワインポリフェノールが血餅の生成を遅らせることがわかっており、血餅が心臓発作や心臓麻樺の主な原因であることを考えると、この事実は重要です。

赤ワインポリフェノールに関する、よいニュースはまだあります。最近、カリフォルニア大学デービス校の研究者が動物実験で、赤ワインポリフェノールによって人間にも発生する形成速度を遅らせることができたと報告しているのです。

このように赤ワインポリフェノールには素晴らしい薬効がありますが、ワインを毎日飲むことには欠点もあります。第一にワインには脂肪が多く含まれており、約8gのグラス1杯分のワインは100 kcalです。毎日、ワインを2杯飲むとすると、1週間で1400 kcalも余分なカロリーを摂ることになり、毎年体重が4.5 gも増える計算になります。

第二に、赤ワインを飲むと頭痛がするという人がいて、とくに偏頭痛になりやすい人は頭痛を起こしやすくなります。第三に、アルコールを摂りすぎると肝臓にひどいダメージを与えてしまいます。

最後に、そしてこれがもっとも重要なのですが、世の中にはアルコール中毒症の人も多く、そういう人はワインを口にすることは厳禁です。しかし、いま述べたような問題点があるからといって、ワインの効果を得るのをあきらめろといっているのではありません。

赤ワインに含まれるポリフェノールと同じ物質が現在、カプセル状のサプリメントとして売られています。ワインを飲みたくない人や、私のようにたまにしかワインを飲まない人にとって、このサプリメントは余分なカロリーを摂取したり、二日酔いになることなくポリフェノールを摂れる、素晴らしい方法です。

心臓病についての詳細はこちら

ハマビシ(トリビュラス)

トリビュラス・テレスティスという植物名をもつハマビシがいま、注目されています。気沸騰中のこの「新」サプリメントは、実は5千年以上も前から、中国やインドの医療法で使われています。

ではなぜ、いま話題となっているのでしょうか。ハマビシは大切な2つの能力、「運動能力」と「性的能力」を高めてくれるために、とくに男性に人気があるのです。

ボディビルダーにとってハマビシの利点は、筋肉をつくり脂肪を燃焼するテストステロンの生成を促してくれることです。ベルギーで行われた研究では、ハマビシが黄体ホルモン(男性の場合はテストロゲンの生成を、女性の場合はエストロゲンの生成を促すホルモン)を増加することがわかり、ハマビシの効果が実証されました。

実際、東ヨーロッパではオリンピック選手がハマビシを使って運動能力を上げたという話があります。ほとんどの大会で使用が禁じられているたんばく同化ステロイドとは違い、ハマビシの使用を禁じる規則はありません。

また、ブルガリアで行われた研究では、ハマビシを使用している運動選手の性的衝動や性的能力が向上しており、男性の性的能力を高めることがわかりました。これを裏づける報告は多いのですが、ハマビシの性的効果に関する臨床試験は行われていません。

また、女性のエストロゲン量を増加することから、顔面紅潮や疲労感など閉経期の症状をやわらげる目的でも使われるようになってきました。

ハマビシのサプリメントにはDHEA やアンドロスタンジオン(DHEAの代謝産物)が含まれていることが多いです。ただ、ハマビシはテストステロンを増加するので、前立腺がんにかかったことのある人は使用しないでください。

プレグネノロン 集中力と記憶力を向上し、ストレスを軽減

プレグネノロン (pregnenolone) 配合のサプリを摂取すると、頭の回転がよくなり、幸福になり、関節炎の症状が解消される。信じられないような話ですが、これまでの研究でプこのような作用があることがわかりました。

プレグネノロン は、脳と腎臓の上部にある副腎でつくられるホルモンです。生成量は加齢とともに減少し、それと同時に、老化に伴う記憶、とくに一時的な記憶の喪失が起き、新しいことを学習したり記憶したりするのが難しくなります。

プレグネノロンやそれにかかわるホルモンが減少することが、老化に伴う記憶障害の原因ではないかと考える研究者もおり、彼らはプレグネノロン量を若い頃の量に戻すと記憶力は回復し、学習能力が向上すると考えています。

1940年代に行われたある研究では、飛行機の操縦士にプレグネノロンを与え、集中力と業務遂行能力が向上するかどうか調べました。14人の被験者にフライトシミュレーター(現在テレビゲームに使われている、操縦をまねた装置)を操縦してもらい、それぞれ被験者に50 mgのプレグネノロンもしくは偽薬を与えました。

その結果、プレグネノロンを摂取していた被験者は偽薬グループと比べて集中力があり、業務をこなす能力も高かったということです。また、実際にプレグネノロンを服用していると、飛行中の疲れが少なかったそうです。
この実験を行った研究者は工場労働者にもプレグネノロンを与え、業務効率への影響を調べました。すると、プレグネノロンを投与した労働者は生産効率が上がっただけでなく、気分もよく、仕事によるストレスにうまく対処できたという報告があります。

最近では動物実験の結果、プレグネノロンがこれまででもっとも効果の高い記憶力向上物質であり、プレグネノロン中のごく少数の分子がマウスの記憶力を向上させたことがわかりました。
セントルイス大学で行われた研究でも、高齢の男女に記憶力テストの3時間前にプレグネノロンのサプリメントを与えたところ、成績が優秀だったということです。

このような研究がマスコミに発表されたことから、プレグネノロンはもっとも人気の高いサプリメントになりました。プレグネノロンは現在、リウマチ性関節炎(RA)の治療薬として人気が出ています。

1940年代にRA患者に多く見られるはれやこわばり、痛みがプレグネノロンによって軽減されたという報告がありました。効果が出るまでに2週間ほどかかりましたが、効果が出はじめると患者は非常に満足したそうです。1940年代後半にコルチゾンが発見されたことで、プレグネノロンの人気は衰えました。

当時、コルチゾンは一晩で関節炎の症状を治す魔法の薬かと思われましたが、骨を破壊したり、免疫システムを低下させるなどの副作用があり、そのため感染症にかかりやすくなるということに医者たちは気づいていませんでした。それから50年以上が経過した現在でもRAの治療薬は見つかっておらず、ほぼすべての治療法に副作用が見られます。そこで、プレグネノロンが再び注目されているのです。

ホスファチジルセリン PS

最近、若くして(50歳代)で、物忘れがひどくなる方が増えています。電話番号を思い出すのに時間がかかり、人の名前を忘れることも頻繁、メモしておかなければ何をするつもりだったのかも忘れてしまいます。

このことは非常にストレスとなっていましたが、これがごく自然な現象でもあります。この現象には「老化に伴う記憶障害」という名前さえついているのです。

中年期に差しかかると、老化に伴う精神的変化が起きているのを感じるようになる人が増えます。このような変化のなかで、とくに気になるのが、一時的な記憶力の低下です。
何十年も昔の出来事をはっきりと覚えているのに、たったいま紹介された人の名前を忘れてしまうことがあります。

中年期をすぎて記憶力が低下する理由は、正確にはわかりませんが、脳に存在する化学物質の変化が原因だとする証拠があります。脳にはリン脂質など、大量の脂肪組織が含まれています。

リン脂質は細胞を結合させるだけでなく、細胞に出入りする物質をコントロールしています。ホスファチジルセリン PSはとくに重要なリン脂質の一種で、化学伝令を脳に行きわたらせて、細胞が情報を蓄積し、探し出せるようにします。中年期をすぎると、ホスファチジルセリン PSなどの脳内の重要な化学物質が減少し、脳が十分に機能しなくなることが理由のひとつです。

ホスファチジルセリン PSサプリメントを摂ることで脳の能力を向上できるという証拠があります。

最近「神経学」誌に発表された研究報告では、正常な老化に伴う記憶障害をもつ50歳から70歳までの健康な男女百149人を対象に、毎日100 mgのホスファチジルセリン PSと偽薬を12二週間にわたって投与しました。PSグループは、電話番号や顔や名前を記憶する力や、文章を記憶する力、間違い探しを解くスピードや集中力などが著しく向上しました。

一方、偽薬グループには際だった変化は見られませんでした。この研究を行った研究者によれば、ホスファチジルセリン PSサプリメントが被験者の精神機能を平均12歳も若返らせたことになります。老化に伴う記憶障害がある人は二歳も若返らせたことになります。老化に伴う記憶障害がある人はホスファチジルセリン PSを試してみてください。

ホスファチジルコリン PC 肝機能の回復

ホスファチジルコリン PCは細胞膜中の天然リン脂質で、弱った肝臓を回復する最新鋭サプリメントです。肝臓は信じられないほどよく働き、食物や汚染、化学物質などにより血中に入りこんだ毒性物質を除去してくれます。

栄養素の代謝にも不可欠で、傷を早く治すための凝固因子をつくり出し、また免疫機能にも関与しています。血液循環が順調であれば肝臓は非常によく働きますが、働かせすぎることがあります。

たとえば、長期的に薬を使用していたり、汚染物質にふれたり、アルコールを摂りすぎたりすると肝臓機能は低下します。とくにアルコールは有害なため、お酒をよく飲む人は肝硬変(死に至る場合もある)の危険性が高くなっています。

さらに、コレステロールを下げる薬や化学療法剤、向精神薬などの処方薬は、長期的に使用すると肝臓にダメージを与えます。一見、無害に思われるアセトアミノフエンやアスピリンなどの市販薬も同様です。

肝炎(肝臓が炎症を起こす)などの感染症も肝臓機能を悪化させます。臨床試験からわかったのですが、ホスファチジルコリン PCが肝臓のダメージを抑え、さらには肝臓を休ませるのです。とくにホスファチジルコリンは、B型肝炎やアルコールによって肝臓が弱っている人に投与します。

さらに、ホスファチジルコリンは肝臓の細胞膜を強化します。この細胞膜は栄養素だけを細胞内に取りこみ、有毒物質の侵入を阻害する門番の役割をしています。PCは細胞の再生を促し、古くなって消耗した肝臓細胞を新しい細胞と入れ替えます。PC はあらゆる肝臓の症状に効く万能薬ではありませんが、多くの場合、治りを早めます。

ホスファチジルコリンは市販されていますが、以前に肝臓病になったことがあったり、現在肝臓に問題がある人は、この分野に詳しい医師に相談してください。肝臓回復のためのプログラムを組んでもらいましょう。

C型肝炎→肝硬変→肝臓ガンがよくなった強肝草エキスの口コミはこちら。

ピペリン サプリの吸収をアップさせる

ピペリンは、その風味と薬効からたいそう重宝がられ、戦争まで巻き起こしたスパイス、黒コショウから抽出されます。ローマ史に残るところでは、フン族の王、アッテイラがローマ市民に要求された身代金には約千㌘叫の黒コショウが含まれていました。
事実、探険時代に新大陸が発見されたのも、コショウを探し求めた結果です。

コショウ独特の「辛み」は天然の化合物ピペリンによるもので、ピペリンのおかげで、刺激のない食べ物が素晴らしい味に変わるのです。ピペリンは単なる調味料ではなく、からだが代謝を行ううえで重要な役割をします。栄養素が十分に吸収されるかどうかは、からだがどれだけ効果的に食物やサプリメントを分解して使うかに左右されます。

とくに高齢になると、胃酸や消化酵素が減少するので、サプリメントや食物から栄養素を吸収するのが難しくなります。また、穀類に含まれる亜鉛やフィチン酸、コーヒーに含まれるカフェインなどの化合物は、ビタミンやミネラルの吸収を阻害します。

さらに問題を複雑にしているのは、低脂肪の食事を心がける風潮が強くなり、ビタミンA、E、Dといった脂溶性ビタミンが効率よく吸収されなくなっていることです。しかしピペリンは、栄養素の吸収をよくするので、組織に必要な栄養素が運ばれるようになります。

たとえばある研究で、毎日5 mgのピペリン製品(商標バイオペリン)をベータカロチンやセレン、ビタミンB6などのいくつかのサプリメントと一緒に被験者に与えました。2週間後、ベータカロチンだけを摂取していた人と比べると、血中のベータカロチンの値は60%も上昇しました。ピペリンを摂取して1時間以内に血中のセレンとビタミンB6量が増加したのです。血中の栄養素の畳も増加しましたが、正常な範囲内でした。また、副作用はまったく見られませんでした。

オレガノオイル

何千年もの間、オレガノは防腐剤として利用されてきました。古代ギリシア人はさまざまな細菌感染症やウィルス感染症の治療にこのハープを利用しました。

いまでは、オレガノオイル(液体とカプセルがあります)が菌性感染症やいぼ、乾癬、ニキビ、ウィルス、あるいは一般的な風邪の治療薬として普及しはじめています。

まず、オレガノについての誤解を明らかにしたいと思います。オレガノと呼ばれているものすべてが本物というわけではないので注意が必要です。オレガノと思われているものの大半はマヨラナという植物で、本物のオレガノと同じ効果は期待できません。本物であることを確認する意味で、必ずハナッハカを原材料としている製品を買うようにしてください。

オレガノオイルには多くの化合物が含まれていますが、主な活性成分はカルバクロールとチモールで、どちらも防腐剤としての効果があります。試験管テストでは、野生のオレガノが真菌感染症のカンジダ膣炎の悪化を阻害することがわかっています。

以前に述べたように、オレガノオイルは真菌感染症によって悪化する乾癬や湿疹に使われています。オレガノオイルは抗炎症剤でもあるため、ねんざをやわらげるために患部に擦りこんだり、軽いやけどやケガの回復を早めるために直接塗って使います。

パスツール法が考案される以前は、牛舎のなかにオレガノの枝をつるして牛乳のバクテリア繁殖を防いでいました。今日では、これが単なる迷信ではなく、素晴らしい「科学」であることがわかります。

ギリシアで行われた風変わりな研究では、オレガノオイルに抗バクテリア特性があり、希釈率五5分の1であってもバクテリアの成長を激減することがわかりました。オレガノオイルを用いた治療法により、インフルエンザや歯周病菌感染、顔面ヘルペス、運動によるケガなどがやわらいだ症例も多数あります。オレガノオイルを使用する場合、とくに内服する場合は少量にするように注意するように、と述べています。

オリーブの葉抽出物

オリーブとオリーブの葉は決して目新しいものではありません。この2つは何千年もの間、食品として使われてきました。古代療法でさまざまな病気の治療に使われてきたオリーブの葉抽出物ですが、あらためて見直されています。

多くの天然製品と同様、オリーブの葉抽出物についての科学的研究はヨーロッパで行われています。残念ながら、研究結果が一般の人々に知られるまでには時間がかかるため、オリーブの葉抽出物は最近になってようやくアメリカでも注目されるようになったのです。

オリーブの葉は、エレノル酸(elenolic acide)を含んでいます。エレノル酸はバクテリアやウィルスの成長を抑えると同時に、感染症とたたかう重要な細胞を刺激し、免疫機能を強化します。

カリフォルニアの医師、プライヴァテラ医学博士は著書「オリーブの葉抽出物」のなかで、慢性のウィルス性、細菌性感染症患者にオリーブの葉抽出物を用いた話について記しています。

患者の多くはそれまで抗生物質治療の効果が得られませんでしたが、オリーブの葉抽出物で完治したというのです。博士の発見によると、オリーブの葉抽出物は、ヘルペスや膀胱感染症、菌感染症など、一般的な薬物治療に抵抗性のある感染症に効果があり、頑固な真菌感染症であるカンジダ膣炎にはとくに効果があったそうです。

また、エイズ患者にオリーブの葉抽出物を与えたところ、免疫機能が向上し、病気とたたかうT細胞が増加したということです。
オリーブの葉抽出物は、心臓にやさしいサプリメントです。動物実験ではオリーブの葉抽出物が血圧を下げ、悪玉コレステロールLDL (動脈を塞ぎ、心臓病の原因となる血小板を生成する)の酸化を防ぐことがわかっています。

オリーブの葉抽出物は抗酸化剤と同様の働きをすることから、未知の抗酸化物質を含んでいるのではないかと考える研究者もいます。オリーブの葉抽出物は慢性の感染症患者、とくにほかの治療法に耐性をもった感染症の患者におすすめします。おすすめします。効

ニーム

このハープは4500年前には現在よりも人気がありました。古代インドのハーブ療法で使われていたニームは、「村の薬屋さん」として重宝がられていました。

主に皮膚病や炎症、熱をやわらげるのに用いられますが、防虫剤やクリーム、マウスウォッシュとしてなど、60 類以上の使用法があります。近年の研究で、ニームにはさまざまな薬効があることがわかりました。このハープは外用薬として、あるいは内服するサプリメントとして用いられます。

インドではニームのペーストがニキビや湿しんなどの赤いプツブツを治療するのに用いられます。色々なこようーム製品があり、とくに、肌が非常に乾燥してかゆくなる「冬期掻痒症」に効果があります。また、真菌、抗ウィルス、抗細菌効果もありますから、白癬や疥癬などの感染症から肌を守ります。もっとも興味深い利用法は、歯磨き粉やマウスウォッシュとしてです。
インドでは何世紀も前からニームの枝が歯ブラシ代わりに使われていましたが、現在はニームの抗細菌作用と抗炎症作用が、歯周病に効果があることがわかっています。とくにデンタルケア製品は、口内に歯周病や虫歯の原因となる細菌の発生を防ぐ働きがあります。

また、防虫剤や肥料としても効果があります。虫はニームをスプレーした植物を食べません。食べると死ぬからです。人体に有害な他の防虫剤とは違って、ニームは我々のからだにはよいのです。ニーム製品はガーデンショップや園芸店で入手できます。さらに、ニームは内服するとアスピリンと同様の働きをし、熱を下げてくれます。