動脈硬化を防く働きがEPAの10倍も強い新しい魚油「DPA」がアザラシに見つかった

イヌイットの研究から明かになった

最近、DHA(ドコサヘキサエン酸) やEPA ( エイコサペンタエン酸)の働きをしのぐ新型の脂肪酸が発見され、注目を集めています。それは、魚油などに含まれるDPA( ドコサペンタエン酸)と呼ばれる脂肪酸です。
DPAは、DHAやEPAと同じn-3系の不飽和脂肪酸です。

DPAが注目されだしたのは、北極圏に暮らす先住民族であるイヌイットの食生活を調査したことがきっかけでした。イヌイットの人たちは、アザラシやオットセイ、サケなど、近海で捕れる動物や魚を主食にして、野菜や果物はほとんど食べません。彼らの脂肪摂取比は、総摂取カロリーの35〜40%にも上るといわれています。

これではふつう、血液中にコレステロールや中性脂肪が増え、動脈硬化や血栓(血の塊) の形成が進んで生活習慣病になるはずです。

ところが、イヌイットの人たちの血液を調べても、脂質の数値が正常だったのです。しかも、動脈硬化や血栓もほとんど見当たらず、心臓病や脳卒中による死亡も極めて少なく抑えられていたのです。
その理由として、魚油のEPAやDHA のほかに、アザラシなどに多量に含まれるDPA の働きが影響している可能性が浮上したのです。そして、DPAの研究が盛んに行われた結果、その儀れた健康効果が明らかになってきたのです。

EPAの働きを高める

では、具体的にDPAはどういいった働きをするのでしょうか。DPAについて研究しているカナダ・ゲルフ大学のホルプ博士は、次のような報告をしています。

  1. 血管の内皮細胞の遊走能を高める働きが、EPAのおよそ10倍強い。
  2. 血管壁を柔軟にする働きがEPAの10~20倍強い。
  3. 血管壁に付着している余分な脂質を取り除き、動脈硬化の進行を防ぐ働きがEPAの10~20倍強い。
  4. 体内にあるEPAの働きを強化する。

遊走能とは、血管の内皮細胞が血管壁にできた傷を修復し、悪玉の脂質が付着するのを防ぐ働きのこと。当然ながら、この働きが強ければ強いほど、動脈硬化を防ぐ働きが大きいといえるでしょう。

悪玉が減り善玉が増加

以上のような研究のほかにも、DPAについては多くの試験が行われています。例えば、カナダのロバート・G ・アックマン博士らは、動脈硬化が進んだ患者さんや、コレステロール値が高い患者さんに、アザラシ油(DPA) を投与して経過を調べたところ、患者さんのコレステロール値が平均20% 低下。しかも、減ったのはLDL (悪玉)コレステロールで、HDL(善玉) コレステロールは大幅に増えていたそうです。

私たちが日常食べているサケやイワシ、サバ、サンマ、クロマグロといった魚にも、DPAは含まれています。しかし、その含有量はごくわずかで、全脂肪中の1〜3% に過ぎません。

DPAは、アザラシなどの海獣類に多く含まれています。とはいえ、私たちがアザラシを食べるのは現実的ではありません。最近はDPAを含有したサプリメントが数種類市販されているので、そういったものを利用するといいでしょう。

起き上がれないほどの激しい頭痛も高血圧もマンボウの肝油で薬いらず – マンボウの肝油https://www.cause-reason.info/manbou/2014/11/post.html

オリゴ糖で腸の調子を整える

効能・効果

オリゴ糖とは、ブドウ糖・果糖といった単糖類がいくつかつながった糖のことをいいます。栄養学的には糖類に分類されますが、体内の消化酵素では分解されにくく、食物繊維と同じような働きがあって、整腸作用に優れています。オリゴ糖は、ビフィズス菌に代表される善玉菌の栄養分となって腸まで届き、腸内の善玉菌を増殖させて、腸の調子を整えます。
特にビフィズス菌の栄養になって腸内環境を整える際に貢献します。これにより腸の調子が整い、ビタミンの合成を促進し免疫機能を向上させます。

人の腸内には、およそ100種類、数にしてなんと100兆個以上もの細菌が生息しているといわれていますが、その中には腸に溜まった老廃物を栄養にして有毒な物質を発生させる悪玉菌も存在しています。腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌に分類され、善玉菌は宿主、つまり人の健康維持に貢献し、悪玉菌は害を及ぼし、日和見菌はどちらか勢力の強いほうに味方するとされています。便秘などで便を排出することができないでいると悪玉菌が増殖してしまい、有毒物質や発ガン物質の発生する確率が高くなります。逆に善玉菌が増殖すると便通がスムーズになり、悪玉菌の活動を抑制することができます。

オリゴ糖は食物繊維と同じように働き、腸内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排泄するので、血中コレステロールを減少させ動脈硬化を予防、肝機能を高めます。

オリゴ糖のカロリーは、砂糖の半分以下です。しかし、オリゴ糖は糖質なのに体内に吸収されずに排出され、実際のカロリーはほとんどないため、ダイエットしたい人や糖尿病の傾向の人にもおすすめです。オリゴ糖の特長を生かした商品としては、砂糖に代わる甘味料、整腸用に特定保健用食品(トクホ)として認められているものも多いです。

飲み方

種類によって程度に差はありますが、1回に多量に摂取した場合に一過性の下痢症状をおこすこともあるので 、摂りすぎには注意しましょう。

こんな人にオススメ!

  • 便秘
  • ガンの予防
  • コレステロール値が高い
  • 血糖値が高い

おすすめのオリゴ糖はスムーズな排便のための「ラフィノース」頑固な便秘に悩む30~40代の女性に評判です。

腸の中の善玉菌を増やすには、乳酸菌を含んだヨーグルトを食べることも有効です。ヨーグルトにオリゴ糖を入れて食べれば、相乗効果でさらにおなかにいいですね。
ヨーグルトには菌が違うさまざまな種類のものがありますが、カスピ海ヨーグルトというヨーグルトを知っていますか?このカスピ海ヨーグルトにはクレモリス菌FC株という乳酸菌が含まれていて、生きて大腸まで届きます。通常、胃で死滅してしまうことが多い乳酸菌ですが、生きた乳酸菌クレモリス菌FC株が含まれているヨーグルトの整腸作用で、お通じの改善にも役立ちます。

サプリメントで腸の調子を整えるなら、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌カプセル 「善玉菌のチカラ」

大自然の恵「ハチの子」で周囲の音がクリアに 耳鳴り、めまいにも

話している声が聞き取りにくい!鳴り止まない雑音をどうにしたい!

年をとると耳の違和感がかなりストレスとなってきます。耳鳴り、難聴のストレスを軽減、改善するための「ハチの子」についてです。
耳鳴りは、放置して悪化すると、めまいや頭痛を発症したり、難聴になったりと深刻な症状に進行する危険性が非常に高くなります。難聴になってしまうと、電話や会話などの不自由だけでなく原因によっては、短期間で聴力を失ってしまう可能性もあります。

耳鳴り、難聴の原因は多くが耳の血行不良や自律神経の乱れ

耳鳴りが止まない、聞こえにくいといった耳の不調を何とかしたい!と思っていたら何年も経過してしまった、年だから…と諦めていたという人がほとんどです。耳のトラブルは、しっかりと対処すれば改善できます。まずは、耳鳴り、難聴が起こる原因です。

  1. 耳の血行不良
  2. 自律神経の乱れ

の2つが主な原因です。

耳の血行不良
毛細血管が数多く集まる耳は、血流の影響を受けやすい器官です。そのため、加齢により血流が悪くなったり耳の奥まで酸素・栄養が届かなくなり難聴を招きます。
自律神経の乱れ
ホルモンバランスが崩れたり、ストレスがたまると自律神経が乱れ耳に異常が生じます。

ハチの子の豊富な栄養が不快なトラブルを改善

こうした耳鳴り、難聴の原因に効果があるのが、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどを豊富に含み、古くから健康食として食べられてきた「ハチの子」です。
最近の研究では、ハチの子には血流を改善する働き、自律神経を安定させる作用があり、摂取により耳鳴りや難聴を改善できることがわかってきました。
蜂の子には、体のすみずみまで血行をよくする働きがあり、耳の奥の毛細血管にも酸素と栄養をしっかり届けます。また、ストレスなどで乱れた自律神経を整える作用があります。

 

世界中が蜂の子を食べている

ハチの子は、非常に栄養価が高くたんぱく質を豊富に含む優れた食品です。豊富なアミノ酸、現代人が積極的に摂取したいギャバやビタミンB2、B12を配合することでさらに蜂の子のパワーを高めています。

ローヤルゼリーはちみつが栄養たっぷりなことは周知のとおりですが、ハチの子はそれらを食べて育つ、まさに栄養の凝縮版でもあるのです。
中国最古の薬学書「神農本草経」には「副作用のない安全な不労長寿の最高薬」と記されており、日本でも古来から「ハチの子に勝る美容、滋養食なし」といわれてきました。

株式会社リアルメイト「ハチの子800プラス」

乳清 免疫を強化する

たんぱく質サプリメントを正しく摂れば、健康で長生きができます。これを証明する確固たる証拠があります。たんばく質は正常な成長や細胞の修復、ホルモンや免疫細胞、筋肉の生成に不可欠です。

最近、ある種のたんばく質の効能についての研究がはじまりました。それが、乳たんばく質からえられる乳清です。ミルクと違い、乳浦波縮物には脂肪や乳糖(消化が困難な糖質)、そのほか余分な成分は含まれていませんが、病気とたたかう性質をもった6種類のたんばくを含んでいます。

動物実験では、乳清が免疫機能を強化し、サルモネラ感染症や肺炎レンサ球菌などの感染症に非常に効果をもつことがわかっています。そのうえ、乳清濃縮物にはすべての細胞中に存在するグルタチオンという抗酸化物質を増加させる作用もあります。

グルタチオンはフリーラジカルの攻撃から守ってくれるだけでなく、免疫システムをうまく機能させる働きをもっています。歳をとるとグルタチオンが減少し、病気にかかりやすくなると考えられています。

たとえば、健康な人と比べると、アルツハイマー病患者のグルタチオン値は低く、グルタチオンがこの退行性疾患を予防する働きをすると考えられています。グルタチオンサプリメントは吸収が悪いため、グルタチオンを増やす物質が効果的なのです。

グルタチオンの強化作用のおかげなのか、ほかのメカニズムによるものなのかはわかりませんが、動物実験では乳晴渡縮物は寿命を延ばす働きをします。ネプラスカ大学メディカルセンターで行われた研究によると、乳清を加えたエサをハムスターに与えると、通常のエサを与えたハムスターよりも60%も長生きしました。この効果が半分でも得られれば、人間の寿命は100歳を超えることも可能です。

自然食品店で買い物をしていると、スポーツサプリメントのコーナーで何種類もの乳清濃縮物を見かけます。ボディビルダーや運動選手はからだを酷使するので、筋肉を維持し、新たな筋肉をつくるためにたんばく質を十分に摂る必要があります。しかし乳清のもつ働きを考えると、むしろ私はこのサプリメントを、カウチポテト族にすすめたいと思います。

S-アデノシルメチオニン(SAMe)天然の抗うつ剤

近年の研究では、老化に伴う体の退行性変化に焦点があてられています。老化に伴うエストロゲンやDHEA、テストステロン量の減少が最近、注目されています。

フリーラジカルとたたかう抗酸化物質の体内生成量も、年齢とともに減少します。減少した分を補い、ホルモンや抗酸化剤を若い頃のレベルに戻すために、多くの人がサプリメントを摂取しています。いまでは多くの研究者が主張していますが、歳をとると補充しなければならない化合物があります。それがメチル基です。

メチル基はメチル化(有害なアミノ酸のホモシステインが、有益な化合物メチルに変化する)を促します。年齢に関係なく、ホモシステインが増加すると心臓病やがん、うつ病、関節炎や奇形児出産などの危険が高まります。

ビタミンBの葉酸やビタミンB12トリメチルグリシンなど、メチル化を促す化合物は数が限られています。メチル化によってSAMe (年齢とともに減少するメチオニンの代謝によってできる物質)が増加します。

SAMe は眠りと目覚めのサイクルを司るメラトニンの合成にも不可欠です。また、DNAの突然変異(がんの原因となるを防ぎ、末梢神経を酸素の欠乏によるダメージから守り、有害なホモシステインを非活性化する効果もあります。SAMeはまた、抗うつ作用があることでも知られており、処方薬と同様の効果があるうえ、不快で危険な副作用もいまのところ報告がありません。

「アメリカ精神医学」誌に発表された研究では、一般的なうつ病の患者10人にSAMe を3週間投与し、精神鑑定を行ったところ、精神状態が50%も改善されました。

SAMe は骨関節症に伴う痛みをやわらげる効果が高いことでも名をあげており、イブプロフェンと同様の薬効があります。2年間にわたって行われたドイツの研究では、膝や背部、脊柱などに骨関節症の症状がある180人を対象に、毎日600 mgのSAM eを与えました。

2週間後、関節部の痛み、とくに朝方の関節のこわばりや、関節を動かした際の痛みが軽減しました。少数に軽い副作用が見られたものの、治療の中止に至るほどの重い副作用はありませんでした。

ヨーロッパで行われたいくつかの研究結果によると、SAMe が線維性筋痛症(不特定箇所に痛みや疲労を感じる不可解な病気) による関節の痛みやうつ状態を抑える効果があるそうです。

線維性筋痛症には治療薬がないため、多くの患者が補酵素Q10やブドウ種子抽出物、緑茶抽出物が配合された複合剤などの天然療法に切り替えています。繊維性筋痛症の人は医師に相談してみてください。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」の感想

ローズマリー 正常な細胞ががん化するのを防ぐ

何世紀も前からローズマリーは記憶力を高めるハープとして知られていますが、がんとたたかうハープとしても知られるようになってきています。

ペンシルバニア州で1996年5月、「栄養学」誌に報告された研究プロジェクト「ローズマリー研究」で、強力な発がん物質を投与されたラットの発がん率が、ローズマリーによって著しく軽減されたことが明らかになりました。

別の実験では、スーパーマーケットで売られているものと同じドライローズマリーの葉を使って2週間、ラットのエサに1%のローズマリーを混ぜて与えました。その後、ローズマリー入りのエサを与えたラットの乳細胞を攻撃し、DNA にダメージを与える発がん物質を投与してがんを発症させました。

その結果、ローズマリー入りのエサを食べていたラットは、がんの原因となる化学物質が乳細胞に着床しにくいことがわかり、ローズマリーによって初期の腫瘍形成が阻害される可能性が強いことがわかりました。

ローズマリーが長年、記憶力を高めるハーブとして知られてきたことを科学的に裏付ける証拠があります。ローズマリーにはアセチルコリン(精神機能に関与する神経伝達物質)の分解を抑えるアセチルコリンステラーゼ阻害剤が含まれていることがわかっています。

アセチルコリン値が低いと、通常の老化に伴う記憶の喪失やアルツハイマー病などを引き起こします。バスタブにローズマリーオイルを入れたり、肌にオイルを直接塗ることでアルツハイマー病の進行を遅らせたり、進行を止めることができる可能性があり、現在、研究が行われています。

ローズマリーの特徴と作用、注意点

赤ワインポリフェノール 抗酸化作用によって心臓病を予防する

赤ワインポリフェノールは「フランスの逆説」といわれます。フランス人はチーズやフォアグラのパテ、クリームソースたっぷりの食事を好み、気のむくままに高脂肪の食事を摂り、煙突掃除夫さながら煙草の煙を吹かします。

それにもかかわらず、フランスは心臓病が世界で、もっとも少ない国のひとつなのです。ある研究者は、フランス人が健康であるのは食べた物をグラス1~2杯のワインで洗い流すからではないかと考えています。

ワイン、とくに赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは抗酸化剤で、悪玉コレステロール、LDLの酸化を阻害することで心臓病を予防します。LDLが酸化(酸敗)すると、動脈壁の血小板の生成を促し、血液と酸素の流れを阻害します。

数々の研究から赤ワインポリフェノールが血餅の生成を遅らせることがわかっており、血餅が心臓発作や心臓麻樺の主な原因であることを考えると、この事実は重要です。

赤ワインポリフェノールに関する、よいニュースはまだあります。最近、カリフォルニア大学デービス校の研究者が動物実験で、赤ワインポリフェノールによって人間にも発生する形成速度を遅らせることができたと報告しているのです。

このように赤ワインポリフェノールには素晴らしい薬効がありますが、ワインを毎日飲むことには欠点もあります。第一にワインには脂肪が多く含まれており、約8gのグラス1杯分のワインは100 kcalです。毎日、ワインを2杯飲むとすると、1週間で1400 kcalも余分なカロリーを摂ることになり、毎年体重が4.5 gも増える計算になります。

第二に、赤ワインを飲むと頭痛がするという人がいて、とくに偏頭痛になりやすい人は頭痛を起こしやすくなります。第三に、アルコールを摂りすぎると肝臓にひどいダメージを与えてしまいます。

最後に、そしてこれがもっとも重要なのですが、世の中にはアルコール中毒症の人も多く、そういう人はワインを口にすることは厳禁です。しかし、いま述べたような問題点があるからといって、ワインの効果を得るのをあきらめろといっているのではありません。

赤ワインに含まれるポリフェノールと同じ物質が現在、カプセル状のサプリメントとして売られています。ワインを飲みたくない人や、私のようにたまにしかワインを飲まない人にとって、このサプリメントは余分なカロリーを摂取したり、二日酔いになることなくポリフェノールを摂れる、素晴らしい方法です。

心臓病についての詳細はこちら

ハマビシ(トリビュラス)

トリビュラス・テレスティスという植物名をもつハマビシがいま、注目されています。気沸騰中のこの「新」サプリメントは、実は5千年以上も前から、中国やインドの医療法で使われています。

ではなぜ、いま話題となっているのでしょうか。ハマビシは大切な2つの能力、「運動能力」と「性的能力」を高めてくれるために、とくに男性に人気があるのです。

ボディビルダーにとってハマビシの利点は、筋肉をつくり脂肪を燃焼するテストステロンの生成を促してくれることです。ベルギーで行われた研究では、ハマビシが黄体ホルモン(男性の場合はテストロゲンの生成を、女性の場合はエストロゲンの生成を促すホルモン)を増加することがわかり、ハマビシの効果が実証されました。

実際、東ヨーロッパではオリンピック選手がハマビシを使って運動能力を上げたという話があります。ほとんどの大会で使用が禁じられているたんばく同化ステロイドとは違い、ハマビシの使用を禁じる規則はありません。

また、ブルガリアで行われた研究では、ハマビシを使用している運動選手の性的衝動や性的能力が向上しており、男性の性的能力を高めることがわかりました。これを裏づける報告は多いのですが、ハマビシの性的効果に関する臨床試験は行われていません。

また、女性のエストロゲン量を増加することから、顔面紅潮や疲労感など閉経期の症状をやわらげる目的でも使われるようになってきました。

ハマビシのサプリメントにはDHEA やアンドロスタンジオン(DHEAの代謝産物)が含まれていることが多いです。ただ、ハマビシはテストステロンを増加するので、前立腺がんにかかったことのある人は使用しないでください。

プレグネノロン 集中力と記憶力を向上し、ストレスを軽減

プレグネノロン (pregnenolone) 配合のサプリを摂取すると、頭の回転がよくなり、幸福になり、関節炎の症状が解消される。信じられないような話ですが、これまでの研究でプこのような作用があることがわかりました。

プレグネノロン は、脳と腎臓の上部にある副腎でつくられるホルモンです。生成量は加齢とともに減少し、それと同時に、老化に伴う記憶、とくに一時的な記憶の喪失が起き、新しいことを学習したり記憶したりするのが難しくなります。

プレグネノロンやそれにかかわるホルモンが減少することが、老化に伴う記憶障害の原因ではないかと考える研究者もおり、彼らはプレグネノロン量を若い頃の量に戻すと記憶力は回復し、学習能力が向上すると考えています。

1940年代に行われたある研究では、飛行機の操縦士にプレグネノロンを与え、集中力と業務遂行能力が向上するかどうか調べました。14人の被験者にフライトシミュレーター(現在テレビゲームに使われている、操縦をまねた装置)を操縦してもらい、それぞれ被験者に50 mgのプレグネノロンもしくは偽薬を与えました。

その結果、プレグネノロンを摂取していた被験者は偽薬グループと比べて集中力があり、業務をこなす能力も高かったということです。また、実際にプレグネノロンを服用していると、飛行中の疲れが少なかったそうです。
この実験を行った研究者は工場労働者にもプレグネノロンを与え、業務効率への影響を調べました。すると、プレグネノロンを投与した労働者は生産効率が上がっただけでなく、気分もよく、仕事によるストレスにうまく対処できたという報告があります。

最近では動物実験の結果、プレグネノロンがこれまででもっとも効果の高い記憶力向上物質であり、プレグネノロン中のごく少数の分子がマウスの記憶力を向上させたことがわかりました。
セントルイス大学で行われた研究でも、高齢の男女に記憶力テストの3時間前にプレグネノロンのサプリメントを与えたところ、成績が優秀だったということです。

このような研究がマスコミに発表されたことから、プレグネノロンはもっとも人気の高いサプリメントになりました。プレグネノロンは現在、リウマチ性関節炎(RA)の治療薬として人気が出ています。

1940年代にRA患者に多く見られるはれやこわばり、痛みがプレグネノロンによって軽減されたという報告がありました。効果が出るまでに2週間ほどかかりましたが、効果が出はじめると患者は非常に満足したそうです。1940年代後半にコルチゾンが発見されたことで、プレグネノロンの人気は衰えました。

当時、コルチゾンは一晩で関節炎の症状を治す魔法の薬かと思われましたが、骨を破壊したり、免疫システムを低下させるなどの副作用があり、そのため感染症にかかりやすくなるということに医者たちは気づいていませんでした。それから50年以上が経過した現在でもRAの治療薬は見つかっておらず、ほぼすべての治療法に副作用が見られます。そこで、プレグネノロンが再び注目されているのです。

ホスファチジルセリン PS

最近、若くして(50歳代)で、物忘れがひどくなる方が増えています。電話番号を思い出すのに時間がかかり、人の名前を忘れることも頻繁、メモしておかなければ何をするつもりだったのかも忘れてしまいます。

このことは非常にストレスとなっていましたが、これがごく自然な現象でもあります。この現象には「老化に伴う記憶障害」という名前さえついているのです。

中年期に差しかかると、老化に伴う精神的変化が起きているのを感じるようになる人が増えます。このような変化のなかで、とくに気になるのが、一時的な記憶力の低下です。
何十年も昔の出来事をはっきりと覚えているのに、たったいま紹介された人の名前を忘れてしまうことがあります。

中年期をすぎて記憶力が低下する理由は、正確にはわかりませんが、脳に存在する化学物質の変化が原因だとする証拠があります。脳にはリン脂質など、大量の脂肪組織が含まれています。

リン脂質は細胞を結合させるだけでなく、細胞に出入りする物質をコントロールしています。ホスファチジルセリン PSはとくに重要なリン脂質の一種で、化学伝令を脳に行きわたらせて、細胞が情報を蓄積し、探し出せるようにします。中年期をすぎると、ホスファチジルセリン PSなどの脳内の重要な化学物質が減少し、脳が十分に機能しなくなることが理由のひとつです。

ホスファチジルセリン PSサプリメントを摂ることで脳の能力を向上できるという証拠があります。

最近「神経学」誌に発表された研究報告では、正常な老化に伴う記憶障害をもつ50歳から70歳までの健康な男女百149人を対象に、毎日100 mgのホスファチジルセリン PSと偽薬を12二週間にわたって投与しました。PSグループは、電話番号や顔や名前を記憶する力や、文章を記憶する力、間違い探しを解くスピードや集中力などが著しく向上しました。

一方、偽薬グループには際だった変化は見られませんでした。この研究を行った研究者によれば、ホスファチジルセリン PSサプリメントが被験者の精神機能を平均12歳も若返らせたことになります。老化に伴う記憶障害がある人は二歳も若返らせたことになります。老化に伴う記憶障害がある人はホスファチジルセリン PSを試してみてください。