ア行」カテゴリーアーカイブ

N-アセチル・システイン(NAC)

NAC(N・アセチル・システイン)は体力づくりから慢性疾患まで、幅広い効果があります。NACはグルタチオン前駆物質のアミノ酸で、すべての細胞内に存在する体内でもっとも豊富な抗酸化物質です。

NACは化学的に誘発されたがんや、呼吸器系疾患などの治療薬として幅広く研究が行われてきました。米国立がん研究所およびヨーロッパのユーロスキャン・プロジェクト、安全かつ効果的、経済的ながん治療を目的としたプロジェクト)による研究が現在行われており、これまでに得られた研究結果は非常に有望です。

動物実験では、フリーラジカルの形成を促し、がん細胞の成長の原因となるDNAのダメージを阻害する作用がNACにあることがわかっています。ある研究では、煙草の煙を浴びせ、NACを投与したラットは肺や器官などの易損性箇所(損傷を受けやすい性質をもつ箇所のことで、日常的に煙草の煙にふれていると肺と器官に損傷を受けやすい)のD N A に、予想されていた変化が起きませんでした。

NACによって肺組織のグルタチオンが増加して、フリーラジカルによるダメージから細胞を守るからです。現在煙草を吸う人、あるいは以前にタバコを吸っていた人は、このサプリメントを摂取することを考えてみてください(当然のことですが、禁煙・辞煙をすることもおすすめします。禁煙はこちら。)。

フリーラジカルによるダメージはがん以外にも、慢性呼吸器系疾患など多くの病気の原因となっています。人体を対象とした研究から、NAC が気管支炎や気管支炎ぜんそく、気腰、慢性副鼻腔炎などの予防に効果のあることがわかっています。

ある研究で、2500人以上の重度の呼吸器系疾患患者に毎日、600 mgのNACを与えました。患者の多くは肺活量が大幅に改善し、せきたん咳や疾が緩和されました。
また、NACは予期せぬ侵入者とたたかう働きをもった、重要な細胞を活性化させ、免疫機能を高めます。NACを摂取している人の気管支には病原となるバクテリアがほとんど見られませんでした。このことから、NACには予防効果があると考えられます。

肺感染症にかかりやすい人は、NACを毎日摂取すれば健康でいられるはずです。NACは重傷の内耳感染症の治療にも用いられています。耳の感染症はほとんどの場合、自然治癒しますが、内耳に何ヶ月も水が溜まったり、聴覚に影響することがあります。また、子どもの場合、抗生物質を投与しすぎると、薬に耐性をもつ新種バクテリアが誕生して抗生物質が効かなくなり、治療が非常に難しくなります。NACは現在の治療法よりも安全で効果のある、代替治療法です。

ボディビルダーは、トレーニングの疲労回復を早めるためにNACを摂取します。激しい運動を行うと、血中のフリーラジカルが増えて筋肉の痛みやこわばりを感じます。また、フリーラジカルを除去するために、グルタチオンが消耗されて減少します。NACサプリメントを摂ると血中グルタチオン値が元に戻るため、血中のフリーラジカルが減り、回復が早まります。

調整ストラペクチン(MCP)

何千年も前、中国の療法士は乳がんの治療にシトラスの皮を使っていました。今日、世界でも指折りのがん研究者らがこの民間伝承治療法についての研究を行っており、予備研究の結果、古代療法士がシトラスの働きを正確に理解していたことがわかっています。

シトラスの皮(普通、シトラスを食べるときに取り除く白く柔らかい部分)には植物の細胞壁に存在する炭水化物の一種、ペクチンが含まれています。オレンジやレモン、グレープフルーツかんきつなどの柑橘類にはとくにべクチンが多く含まれています。

通常のペクチンよりも効果が高く、吸収率もよい調整シトラスペクチン(MCP) は、がん細胞の広がりを遅らせ、とくにメラノーマや前立腺がんなど、治療の困難ながんに効果があります。

「米国立がん研究所ジャーナル」誌に発表された研究報告によると、MCPがマウスのメラノーマ、とくに悪性の皮膚がんの広がりを抑える働きがあるそうです。また、動物実験ではMCPが前立腺がんや乳がん、肺がんなどの広がりを阻害することもわかっています。

試験管内テストにおいては、人間のがん細胞にも同様の効果が見られるため、現在、がん患者を対象にした研究が行われています。しかしアメリカでは、すでにがん治療にMCPを使用している医者もいます。
MCPががん細胞を縛りつけるので、がん細胞は増殖に必要な新しい血管に付着できなくなると考えられています。がん細胞が新しい血管に入りこめなければ、がんは転移しないのです。

栄養士によると、がんを予防できるほど十分なべクチンを摂取するには毎日、グレープフルーツ3個分の柑橘類を(皮も全部丸ごと)食べるのがよいということです。

MCT(中鎖脂肪酸)

脂肪を落とすために脂肪を積極的に摂る。矛盾しているようですが、効果があるのです。ただし、摂取する脂肪が適切なものであることを前提とします。

中鎖脂肪酸(MCT)はココナツオイルからとれる飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は健康に悪いので絶対に摂ってはいけない、という話を聞いたことがあるかもしれませんが、実をいうと飽和脂肪酸にはさまざまな種類があり、からだによいものもあるのです。

そのひとつがMCTです。体重を増やし、血中コレステロール値を上げる悪玉の飽和脂肪酸と違って、MCTは体内で素早く燃焼されるため、体重が増えたり、血中コレステロール値が上がることはありません。
またMCTは素早く燃焼され、エネルギーを高めてくれます。MCTが悪玉のLDLコレステロール値を上げることが明らかになっています。

コレステロールに関連した問題をもつ人にはおすすめしません。さまざまな研究から、MCTに発熱効果、つまりカロリーを素早く燃焼するようにからだを刺激する働きがあることがわかりました。こうした理由から、MCTのオイルやカプセルが、運動選手や減量中の人の間で人気になりはじめているのです。

運動する人はトレーニングを効果的に行えるように、また体力をつけるためにMCTを使用します。また、MCTにはたんばく質倹約効果、つまり筋肉の体積を変えずに脂肪のみを燃焼する働きがあると考えられています。

MCTと炭水化物を組み合わせることで相乗効果が生まれ、運動効率が高まります。南アメリカで行われた研究では、競技前と十分のインターバルの間にMCTと炭水化物が配合されたスポーツドリンクを飲んだ自転車選手は、炭水化物だけ、あるいはMCTだけのドリンクを飲んだ場合と比べて、成績が圧倒的によいことがわかりました。

具体的には、40kmを完走した結果、5分以上もタイムを縮めることに成功しました。炭水化物にMCTを加えると、筋肉が体内の炭水化物を消耗する(疲労の原因)のを防ぐことができると考えられています。MCTオイルは、加熱しないでください。料理に使う、パンに塗る、ドレッシングに加えるなどして使ってください。

初めてお使いになる場合は、MCTオイル小さじ1、またはMCTパウダー大さじ1程度から徐々に増やすようにしてください。

MCT

L-カルニチン

このサプリメントは、強くしなやかな肉体をつくります。L-カルニチンは心臓や脳、骨格筋に存在するビタミンに似た栄養素です。

L-カルニチンの主な働きは、細胞の内側へ浸透して細胞の活力源であるミトコンドリアに脂肪酸を運び、心臓や骨格筋に活力を与えることです。

L-カルニチンが、冠動脈症(CAD)の治療に有効です。CADは心臓に血液を送る動脈が狭くなり、心臓に送られる酸素量が減少する病気です。

L-カルニチンによって心臓は、限られた量の酸素を効果的に使うことができるようになるため、CADに非常に効果があるのです。いくつかの研究から、L-カルニチンサプリメントを摂取している心臓病患者は長時間、激しい運動を行っても胸に痛みを感じないことがわかっています。

心臓病に効果がある以外に、血中コレステロール値を下げ、善玉コレステロールHDLの値を上げる働きもあります。最近では、L-カルニチンはスタミナを高めて減量効果を上げるスポーツサプリメントとして普及しています。L-カルニチンのスポーツサプリメント効果についてさまざまな研究が行われています。L-カルニチンによって酸素呼吸能力や運動効率が大幅に向上したという研究報告がなされていますが、そのほかの点については、あまりよい結果を得ることはできませんでした。

しかし、L-カルニチンがエネルギーを高めるという証拠も多く、多くの人が食事法やトレーニングを行う能力に大きな差が出ることを確信しています。興味があるなら試してみてください。

イタリアでは不妊症の男性にL-カルニチンを与えたところ、精子の活動が活発になったことが報告されています。精子の数は正常ですが、運動性が弱いという男性47人に1日3回、L-カルニチンを1gずつ投与しました。最終的に37人の精子の運動性が向上し、受精する確率が高くなりました。

L-カルニチンはアルツハイマー病や老化の症状を予防し、改善するサプリメントとしても普及しつつあります。試験管内テストや動物実験では、L-カルニチンがフリーラジカルによる脳細胞へのダメージ(アルツハイマー病患者の脳に見られるダメージ) を改善することがわかりました。

イタリアでの研究によって、L-カルニチンのサプリメントが、一般的な精神判断テストでアルツハイマー病と診断された患者の痴呆率を遅らせることがわかっています。また、軽度の老化症状が見られる患者を対象として行われたイタリアの研究では、L-カルニチンが高齢者の記憶力を高めることがわかったものの、アメリカでの同様の研究では好結果が得られなかったため、アルツハイマー病治療薬としての効果ははっきりしていません。


カルニチン サプリメント ダイエット 約3ヶ月分 送料無料

体の組織づくりに必要なアミノ酸

効能・効果

人間の体の約20パーセントはタンパク質でできていて、おもに筋肉や消化管、内臓、血中ヘモグロビン、髪や皮膚のコラーゲンなど、体の重要な組織をつくっています。このタンパク質を構成している成分がアミノ酸です。

自然界には約500種類ものアミノ酸が発見されているそうですが、私たちの体のタンパク質を構成しているのは、そのうち20種類だといわれています。

私たちの体の中では、タンパク質の合成と分解が常に繰り返されています。肉や魚、穀物などを食べると、摂取したそのタンパク質は20種類のアミノ酸に分解されて、体の中で再びタンパク質に組み換えられるのです。その際に原料となる20種類のアミノ酸のうち、11種類のアミノ酸は必要な時に人の体内で合成することができますが、ほかの9種類は体内で合成できないので食べ物から摂取する必要があります。このように、体内で合成できないものは『必須アミノ酸』、そして合成できるものは『非必須アミノ酸』と呼ばれています。

この「必須」というのは必ず食べ物から摂るべきという意味ですが、それ以外の非必須アミノ酸は摂らなくてよいということではありません。非必須アミノ酸も私たちの体をつくるためには必要なもので、年齢や体調によっては不足します。

体内では、タンパク質に再合成されたアミノ酸のほかに細胞や血液中などに蓄えられているアミノ酸もあって、これらは遊離アミノ酸と呼ばれています。非必須アミノ酸を含む多くの遊離アミノ酸は、人間の生体を維持するために非常に重要な役割を担っています。

また、アミノ酸といえばダイエットをサポートすることで注目されていますが、摂取するだけで脂肪の分解が促進されるわけではなく、運動が組み合わされることで効果を発揮します。

アミノ酸はその種類により効果が異なりますので、目的別の利用が重要になります。自分の目的に合ったアミノ酸をタイミング良く摂取することで、アミノ酸バランスを改善できます。

アミノ酸の種類には次のようなものがあります。
筋肉増強や筋肉量の維持に役立つバリン、ロイシン、イソロイシン=BCAA(分岐鎖アミノ酸)。脂肪の分解や燃焼、肝臓の保護に作用するアラニン、アルギニン、アスパラギン酸、ヒスチジン。筋肉疲労の回復や胃腸粘膜の保護作用のあるグルタミン。神経の伝達に働くフェニルアラニンなどです。

飲み方

サプリメントの種類には、パウダータイプや粒タイプがあります。タンパク質は腸管でアミノ酸に分解され体内に吸収されますが、サプリメントのアミノ酸はダイレクトに吸収されます。スポーツでアミノ酸が消費される場合には運動の直前、直後に摂取すると効果的です。

こんな人にオススメ!

  • アルコールの摂取量が多い
  • 中性脂肪値が高い
  • ダイエットを成功させたい
  • 筋肉をつけたい
  • 免疫力を高めたい

食習慣をストレスなくかえる11のポイント | かくれ肥満のための知識と肥満の減らし方などを読むと「痩せる」ための習慣がかえって太りやすい習慣になっている人が多いです。まずは、生活習慣、食習慣を改めてからサプリなどを使ったほうが効果的です。
朝食を食べないと太る理由 | デトックスで代謝アップも意外に知られていません。朝食を抜いているのに痩せない人は見直すべきでしょう。

 

アントシアニンで目の機能を改善する

効能・効果

アントシアニンはポリフェノールの一種で、人間の生理機能に関与する青紫色の天然色素成分です。ブルーベリーを代表としたベリー類に豊富に含まれていますが、赤ジソ、ナスや紫イモ、あずきや黒豆などにも含まれています。

植物が紫外線などの外敵から自身を守るためにつくり出す成分なのですが、これは人間でいえばメラニンに当たります。人間の肌は紫外線を浴びるとメラニンという色素によって黒くなり、体内まで紫外線が入ることを防いで守られています。植物の場合は、アントシアニンなどの色素をつくって紫外線などの有害な光から体を守っているのです。

アントシアニンは、目の働きを高めたり眼精疲労を予防することで古くから知られていて、現在ではサプリメントなどに多く利用されています。現代社会では、パソコンのモニターや携帯電話、テレビを長時間見る機会が増え、目の負担が大きくなっていますので、その点においても重要な成分だと言えます。
また、年々増えている糖尿病の方の眼底病変を予防するのにも役立ちます。
アサイーベリーの3大眼病への効能、効果などによればアサイーベリーは、ブルーベリーの5倍ものアントシアニンが含まれるので疲れ目や目を酷使する仕事をしている人には役立つでしょう。

人間の目の網膜にはロドプシンという視覚に関する物質があって、光が当たることで一時的に分解されます。しかし、すぐに再合成されます。この、分解から再合成の繰り返しが信号となって脳に伝達され、物を見ることができるのです。このように、ロドプシンはとても大切な物質なのですが、アントシアニンには、ロドプシンの再合成を促進する働きがあります。こうして、私たちの視覚機能は健常に保たれています。

アントシアニンは、配糖体であるアントシアニジンと糖で構成されていて、とても強い抗酸化力を持っています。安全性が高いことが知られているので、さまざまな加工食品の着色にも利用されています。近年ではその抗酸化力に注目が集まっていますが、視覚機能の向上以外にも、暗順応の促進、循環器機能の改善、毛細血管の保護、抗炎症作用、血糖値上昇の抑制作用、老化防止作用など、アントシアニンによるさまざまな生理機能や健康効果が明らかになり、幅広く利用されるようになってきています。

長時間の加熱や長期間の保存に弱いアントシニンの働きや効果を保つためには、サプリメントなど安定した形で摂取することがおすすめです。

飲み方

アントシアニンは体内に吸収されると24時間以内に尿と一緒に体の外へ排出されるので、毎日続けて摂ることが重要です。単独でも魅力のある成分ですが、他の成分と組み合わせて摂取することにより、更に力を発揮します。例えば、紫外線からのダメージを防ぐルテインや、潤いを与えるヒアルロン酸などです。

こんな人にオススメ!

  • 目の疲れが気になる
  • 夜間に車の運転をよくする
  • 視力を維持したい
  • 目の病気の予防
  • 生活習慣病の予防

オリゴ糖で腸の調子を整える

効能・効果

オリゴ糖とは、ブドウ糖・果糖といった単糖類がいくつかつながった糖のことをいいます。栄養学的には糖類に分類されますが、体内の消化酵素では分解されにくく、食物繊維と同じような働きがあって、整腸作用に優れています。オリゴ糖は、ビフィズス菌に代表される善玉菌の栄養分となって腸まで届き、腸内の善玉菌を増殖させて、腸の調子を整えます。
特にビフィズス菌の栄養になって腸内環境を整える際に貢献します。これにより腸の調子が整い、ビタミンの合成を促進し免疫機能を向上させます。

人の腸内には、およそ100種類、数にしてなんと100兆個以上もの細菌が生息しているといわれていますが、その中には腸に溜まった老廃物を栄養にして有毒な物質を発生させる悪玉菌も存在しています。腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌に分類され、善玉菌は宿主、つまり人の健康維持に貢献し、悪玉菌は害を及ぼし、日和見菌はどちらか勢力の強いほうに味方するとされています。便秘などで便を排出することができないでいると悪玉菌が増殖してしまい、有毒物質や発ガン物質の発生する確率が高くなります。逆に善玉菌が増殖すると便通がスムーズになり、悪玉菌の活動を抑制することができます。

オリゴ糖は食物繊維と同じように働き、腸内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排泄するので、血中コレステロールを減少させ動脈硬化を予防、肝機能を高めます。

オリゴ糖のカロリーは、砂糖の半分以下です。しかし、オリゴ糖は糖質なのに体内に吸収されずに排出され、実際のカロリーはほとんどないため、ダイエットしたい人や糖尿病の傾向の人にもおすすめです。オリゴ糖の特長を生かした商品としては、砂糖に代わる甘味料、整腸用に特定保健用食品(トクホ)として認められているものも多いです。

飲み方

種類によって程度に差はありますが、1回に多量に摂取した場合に一過性の下痢症状をおこすこともあるので 、摂りすぎには注意しましょう。

こんな人にオススメ!

  • 便秘
  • ガンの予防
  • コレステロール値が高い
  • 血糖値が高い

おすすめのオリゴ糖はスムーズな排便のための「ラフィノース」頑固な便秘に悩む30~40代の女性に評判です。

オメガ3で体の調子を整える

効能・効果

生活習慣病の予防には、脂肪分の摂取が大きく影響します。脂肪の種類はさまざまで、脂肪酸によって、体に与える影響に違いがあります。脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のふたつに大きく分けられます。動物性脂肪(肉)はおもに飽和脂肪酸で、植物性脂肪(野菜、豆類)や魚の脂肪はおもに不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸はその構造が不安定なのですが、不安定さが血液の浄化を促す作用があります。動脈硬化を防ぎ、コレステロール値、中性脂肪値を下げ、心臓病、ガン、脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満などの生活習慣病の予防に有効です。

欧米では必須脂肪酸を炭素の2重結合の位置から区別して、オメガ6、オメガ3と呼びます。「オメガ」はギリシャ語アルファベットの最後の文字であり、オメガ3とは脂肪酸の端から数えて3番目の炭素に2重結合があるという意味です。リノール酸系列がオメガ6で、アルファ・リノレン酸系列の脂肪酸がオメガ3です。青魚に含まれることで知られているEPA・DHAはオメガ3に分類されます。オメガ3脂肪酸は体内で、アルファ・リノレン酸からEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)に変換します。これは、細胞膜の構成要素で、細胞が正しく機能するために無くてはならないものです。

オメガ3は中性脂肪を減少させたり、血圧を安定させ血管を健康にしてくれますから、糖尿病のある人や心臓にリスクを抱える人達はそれを軽減できます。 アトピー性皮膚炎、ぜん息などアレルギー症状の改善にも期待できます。また、脳の機能とも関連していて、不足するとイライラしたり集中力が欠けたりします。

オメガ3が多く含まれている食品には、青魚のほか、亜麻仁油、クルミなどがあります。

現代人の食生活にはオメガ6脂肪酸の摂取が多過ぎることが問題とされています。オメガ6とオメガ3、この2種類はバランス良く摂取することが重要です。そして、必須脂肪酸はとても酸化しやすいので、取り過ぎは好ましくありません。

飲み方

オメガ3は血液を固まりにくくする働きがあるので、大量摂取は避けましょう。人によっては出血しやすくなることがあります。

こんな人にオススメ!

  • アレルギー
  • イライラ
  • 中性脂肪が多い
  • 肥満
  • 心臓病の予防

油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について

細胞を活性化する大麦若葉

効能・効果

大麦若葉はイネ科の植物で、大麦の若葉です。大麦は、栽培の途中に新芽を何度も踏みつけることで株分けされて増えていく、とてもたくましい植物です。そして、この新芽を摘み取って成分を抽出したのが大麦若葉エキスです。

大麦若葉は、緑黄色野菜のほかのものと比べて、葉緑素をはじめ、各種のミネラル、ビタミン、酵素、たんぱく質といった栄養素の含有量が多いことで注目されています。例えば、ミネラルの含有量をほうれん草と比べると、カリウムがおよそ18倍、カルシウムがおよそ11倍、マグネシウムがおよそ4倍、鉄がおよそ5倍も含まれています。人の体の中にこのようなミネラル成分が不足すると、内臓や細胞が疲れて弱ってしまい、ガン、脳溢血、心臓や肝臓の病気を招くといわれています。そして注目する点は、活性酸素を消去するSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)が豊富に含まれていることです。SODは金属イオンを持った酵素で、酸化ストレスを減少させる役割があります。ガン細胞では活性酸素が極頻繁に産生されていて、SODの阻害に感受性を示す場合があるため抗がん剤の攻撃の対象として研究が行われています。

大麦若葉はいかにもな感じの、とても濃い緑色をしていますが、これは葉緑素をたくさん含んでいる証拠です。緑色野菜の搾り汁である青汁の原材料のひとつとして代表的なものですが、大麦若葉の青汁には爽やかな香りと甘みもあって、青汁が苦手だという人にもおすすめできます。大麦若葉のエキスには特に、ビタミンB1やビタミンC、カロチンがたくさん含まれていて、体内の新陳代謝を活発にします。天然の葉緑素は分子の構造が血液の色素に近くて、傷や炎症、膵炎の症状の改善に有効だとされています。

最近の研究で実証された効用のひとつに、血流の改善があります。また、動物実験では、大麦若葉の青汁の粉末から抽出した成分に、ストレス性の潰瘍を抑える効果があることが認められています。

飲み方

粉末、顆粒、粒の種類があります。生活習慣病の予防として毎食ごとに摂りたいところです。葉緑素中にある成分の大量摂取によって皮膚に障害をおこすことがありますので、大量摂取は避けましょう。

こんな人にオススメ!

  • 高血圧
  • コレステロール値が高い
  • 貧血
  • 疲れやすい
  • ガンの予防

免疫機能の活性にオウギ(黄蓍)

効能・効果

オウギ(黄蓍)は、中国、朝鮮半島北東部の草地に自生するマメ科の多年草。黄色く長くのびた根の様子から黄耆という生薬名がつけられたといわれています。強壮薬として重用されている生薬のひとつです。主要成分にフラボノイド、サポニン、アミノ酸を含有しています。強壮作用、免疫力増強作用、利尿作用、止汗作用、血糖降下作用、血圧降下作用、抗ストレス作用といった幅広い作用を目的に処方されています。

ちなみに英語ではAstragalus(アストラガラス)といわれ、この名前で商品化されていることもあります。欧米でも薬用ハーブとして人気があり、オウギの花は乾燥させてハーブティーとして飲まれ、花の蜜はハチミツとして食されます。また、精油がアロマテラピーに利用されます。

オウギの抽出物には、白血球の貪食作用の増強をはじめ、多糖類のマクロファージ産生促進作用、そして、細胞内皮系活性化作用、免疫機能の活性化が認められています。

飲み方

オウギは漢方強壮薬に配合されていて、サプリメントの成分としてでなく、医薬品として服用するものです。ですから、薬剤師さんからきちんと服用についての説明を聞いたうえで服用しましょう。薬局などで比較的手に入れやすい「十全大補湯」(ジュウゼンタイホトウ)、「補中益気湯」(ホチュウエッキトウ)、「加味帰脾湯」(カミキヒトウ)を含めた8つの漢方にオウギが配合されています。

こんな人にオススメ!

  • 滋養強壮
  • 虚弱体質
  • 風邪をひきやすい
  • 病後の体力回復
  • ガンの予防