ア行」カテゴリーアーカイブ

血栓の予防にEPA・DHA

効能・効果

血管内にできる血液の固まり(血栓)が、心筋梗塞や脳梗塞の発症に大きな関わりをもっています。血管が詰まると高血圧などの循環器系の病気の原因にもなります。つまり血栓をできないようにすることで、こういった病気を予防することができるのです。これらに有効なのが、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)の摂取です。EPA・DHAは、サンマ、サバ、イワシ、マグロなどの青魚や赤身の魚に多く含まれています。不飽和脂肪酸といい、人の体内ではつくられないため食品から摂取するしかない必須脂肪酸です。EPAとDHAは、どちらも共に血流を正常化する効果があります。

EPAは血液を固まりにくくする働きがあり、血管内に吸収されても血小板を固めることがなく血管を詰まらせません。これと逆に作用し血液を固まりやすくするのが、肉などに含まれるアラキドン酸。血小板に作用して血栓ができやすくなります。このアラキドン酸も、実は、EPA・DHAと同じ不飽和脂肪酸なのですが、その中でも作用が違い、血液をドロドロにします。両方バランス良く摂るのが良いのですが、食の欧米化などにより現代の日本人には、EPA・DHAが不足しています。そのほか、EPAはアトピー性皮膚炎や、ぜん息、花粉症といったアレルギー疾患の予防や症状の改善にも有効とされています。

DHAは血液中にその量が増えると細胞が柔軟になり、毛細血管のように細い血管の中も血液が流れやすくなります。動脈硬化の防止、コレステロールの上昇を防止します。そのほか、DHAは、EPAの働きにプラスして脳の働きを高める効果があります。よく頭が良くなるなどといわれますが、学習記憶能力を維持するのに大切な役割をもっていたり、眼の健康維持にも効果が期待できます。

食べるのが苦手な人もいるでしょうから、サプリメントにも頼りましょう。EPAとDHAが配合されたサプリメントが多いです。

飲み方

EPAは、サプリメントで過剰摂取すると血液が固まりにくくなり、出血しやすくなるので注意が必要です。種類は粒やカプセルタイプがあります。カプセルのゼラチン等の比率は一粒中に全量の半分以下のものを選びましょう。

こんな人にオススメ!

  • 血栓の予防
  • 痴呆の予防
  • 高血圧
  • アレルギー体質
  • 眼の健康維持

みやび

痴呆症にイチョウ葉エキス

効能・効果

イチョウといえば、かわいらしい形の葉と、銀杏(ぎんなん)がなる紅葉樹で知られていますが、「イチョウ葉エキス」は、乾燥させたイチョウの葉を、日本では水やエタノールに漬けて成分を抽出したものです。

漢方では、5000年以上の歴史があるポリフェノールで、咳やぜんそく、アレルギー性の炎症を鎮静化するために使用されてきました。
イチョウ葉には何十種類以上ものフラボノイド類や、テルペノイド類のギンコライド、ビロバライドなどの成分が含まれています。アルツハイマー病や梗塞性痴呆症といった脳機能障害に有効性が認められています。また、聴力障害などの治療に効果的であり、血行を促進させる作用もあります。

ドイツ、フランスでは、このイチョウ葉エキスが医薬品として認可されているそうです。ニューヨークの医学研究所で老人性痴呆症の患者に対する厳密な試験をおこなった結果、集中力や記憶力のアップ、日常生活機能の改善が認められたことで、イチョウ葉エキスが世界的に注目を浴びるようになりました。集中力や記憶力の向上は、主要成分のひとつのテルペノイドや有機酸の相乗効果によって、細胞や血管にダメージを与える活性酸素が除去されるためだと考えられています。そして、血管拡張作用があり血流が良くなることから、肩こりや冷え性にも有効です。

副作用については、まれに、便秘や下痢、吐き気などの胃腸障害をおこすことがあります。イチョウの葉がもつアレルギー誘因物質『ギンコール酸』の多量摂取によってアレルギー反応を引き起こすことがあります。生のイチョウ葉でお茶を作って飲んだりすると危険です。
イチョウ葉エキスには血液の抗凝固促進作用があるので、アスピリンなど抗凝固作用をもつ薬との併用には注意が必要です。そのほか、抗うつ剤や利尿剤との併用、また、糖尿病の人の摂取にも注意が必要となります。医師と相談のうえでの摂取が良いでしょう。

飲み方

サプリメントの種類は、カプセルや粒タイプ、液状があります。フラボノイド含有率24%、テルペノイド含有率6%、そして、ギンコール酸含有率5ppm以下の表示のものを選びましょう。

こんな人にオススメ!

  • 痴呆の予防
  • 物忘れが激しい
  • 集中力を高めたい
  • 冷え性・肩こり

更年期症状の緩和にイソフラボン

効能・効果

イソフラボンは、大豆の胚芽に多く含まれるポリフェノール化合物の一種で、体内に摂取されると女性ホルモン(エストロゲン)と似たような働きをすることで知られています。女性の閉経に伴う更年期障害の症状を緩和したり、骨粗鬆症の予防に効果を発揮します。また近年では、脳卒中や心筋梗塞などといった血管に関する生活習慣病の予防に役立つものとしても注目されています。そして、乳ガンや前立腺ガンの予防にも有効です。イソフラボンの分子の構造が女性ホルモン(エストロゲン)と似ていることから、ホルモン不足の場合(更年期、骨粗鬆症、前立腺ガン)は補い、過剰の場合(乳ガン)は抑制します。

イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用をするというと、環境ホルモンとの類似性が気になるところです。現在では環境ホルモンという言葉を耳にする人も多いと思いますが、環境ホルモンとは、生物の本来のホルモンの働きを狂わせてしまう物質をさす呼称で、正確には、「内分泌かく乱物質」といいます。イソフラボンと化学物質の環境ホルモンの働きは似てはいますが、決定的に違うのは、イソフラボンが人に与える影響は、ごくわずかだということ。その作用は体内でつくられる女性ホルモンの1000分の1程度なのです。さらに、2日くらいすると尿中に出て排出されますので、それほど心配は要りません。また、イソフラボンを摂っていると環境ホルモンが体内に侵入してきたときに受容体との結合を阻害する効果もあって、環境ホルモン対策にも有効なのです。

血管に関する病気の予防に役立つのは、体内の女性ホルモン(エストロゲン)が、血管の拡張に重要な役割をもつ成分の合成に関わっているからです。加齢などにより女性ホルモンが減少すると、血管が柔軟でなくなり高血圧や血管障害をもたらしますが、イソフラボンがその代わりをしてくれます。

飲み方

飲料タイプ、カプセル、タブレット、顆粒などの種類がありますが、イソフラボン単独のサプリメントというのは少ないので、含有量に注意しましょう。目標の摂取量は1日に50ミリグラムくらい。

こんな人にオススメ!

  • 更年期症状の緩和
  • 骨粗鬆症の予防
  • 環境ホルモン対策
  • 動脈硬化の予防
  • 乳ガン
  • 前立腺ガン

便秘の改善、傷の治癒にアロエ

効能・効果

アロエは、アフリカ大陸が原産の多肉植物の総称で、その種類には何百もの品種があります。日本で一般的に知られているのは、キダチアロエとアロエベラの2種類です。キダチアロエは「木立ち」といわれるように茎が伸び背が高くなり、細い葉にトゲがあります。葉の外皮にはアロインという成分の苦味がありますが、これは健胃や緩下作用をもたらします。また、バルバロインという成分も含有していて、下剤効果が認められ便秘の改善に効果的です。アロエベラは観賞用植物として、また、皮をむくとゼリー質の部分が多くて食用に使用されます。よくヨーグルトに入っているアロエは、このアロエベラです。ほかにはお刺身のように食べられたりもします。このゼリー質や粘液には、火傷や切り傷に効果的なアロエチン、ほか免疫力を高めたり、血糖値を下げたりと、いろいろな有効成分が含まれています。鎮静効果や保湿効果があるとして、化粧品など液汁等を添加した製品も広く販売されています。

子宮の収縮作用があるため、妊娠中の使用は避けましょう。また、腹痛や下痢をおこすこともあるので長期にわたる多量摂取、月経時、腸に病気がある人などは、摂取には注意が必要です。

飲み方

アロエのサプリメントはとても種類が多いので、含まれるアロエの成分量を確かめ目的にあったものを選びましょう。種類は錠剤、粒状、粉末状、液汁、ドリンクなど様々です。アロエの含有量が表示されているものが良いです。便秘の場合、目安として、キダチアロエの粉末なら1~2グラム、液汁なら15~40ミリリットル。傷の場合、アロエチンで1日20~30ミリグラムくらい。

こんな人にオススメ!

  • 火傷や切り傷
  • 肌あれ
  • 便秘
  • 胃腸の不快感
  • 高血糖

無添加無農薬アロエ原液100%(キダチアロエピュア100)はこちら。

美容・健康維持にアセロラ

効能・効果

アセロラと聞いてまず思い浮かぶのは、美肌に効果的であるということ。アセロラは、ビタミンCを豊富に含んでいて、見た目はさくらんぼに似た感じの果実。100グラム当たりのビタミンCの含有量は、なんとレモンの30倍以上もあるといわれています。原産地はカリブ諸島や中央アメリカ・南アメリカで、そこに住む原住民たちは、カゼをひいたりして身体が衰弱したときにアセロラを食べると元気が出ることから、健康維持のための大切な食べ物として、昔から親しんできたそうです。1980年代、このアセロラの栄養価や健康への効果などが広く知られるようになりました。

アセロラは熱帯地方の果物なので、日本では沖縄で栽培されています。熱帯地方が原産の果物は、高温や強い日差しといった、植物にとって過酷な環境の中で生育していくため、高い栄養価をもつものが多いのです。アセロラも、強い紫外線から自分自身を守るために、ビタミンCをたっぷり含んでいます。

ビタミンCは美肌効果のほか、免疫力を高め、ストレスやウイルスに負けない身体をつくるなど、美容、健康維持のための大切な働きを持っているのですが、体内ではつくりだせないのです。また、水溶性のため、長い期間体内に蓄えることもできません。さらに、ストレスや紫外線を受けたときや喫煙時にも大量に消費されているものなので、毎日、しっかりと摂ることが大切です。
アセロラの場合は少しの量でもビタミンCをたくさん摂取でき、副作用もないので、ビタミンCの補給におすすめ。ビタミンCは、アセロラのように天然のものから摂取すると吸収力が高まります。

飲み方

ドリンクタイプや粉末、錠剤やカプセルなどのタイプがあります。天然のアセロラビタミンCは、1日に3~10グラムを目安にして2回か3回に分けて摂ります。

こんな人にオススメ!

  • 肌あれが気になる
  • 喫煙者である
  • カゼをひきやすい
  • ストレスが多い

抗ガン・ガン予防にアガリクス

効能・効果

アガリクスはブラジルが原産のキノコで、和名はヒメマツタケといいます。昔からキノコ類には病気を予防・改善する効能が認められていましたが、薬効成分が豊富に含まれるアガリクスは、その代表として期待されています。

流通しているアガリクスの多くは暗所でのハウス栽培が中心ですが、ブラジルのサンパウロ郊外にある地方では、太陽の光を浴びて育てる自然露地栽培がごくわずか行われていて、自然露地栽培されたアガリクスはハウスで栽培されたアガリクスの5倍以上も免疫力を高めるといわれています。日本に当初、食用として入ってきたアガリクスはあまり美味しくなく食べにくいことから食用として普及しませんでしたが、研究や実験を重ねた結果、免疫力を活性化する成分が豊富に含まれていて、抗ガン効果が認められました。
その有効成分は、ビタミンDやβ(ベータ)‐グルカンといわれるもの。このβ(ベータ)‐グルカンはキノコ類に多く含まれる多糖類で、体内に吸収されると細胞を活性化して免疫力を強化します。この細胞の中には、ガン細胞の増殖を抑制し消滅させるナチュラルキラー細胞もあって、抗ガン効果がうまれます。また、血圧やコレステロール値、血糖値をさげる効果も認められています。

食品や植物から抽出される有効成分は、人の口から食べたり飲んだりしても吸収がそれほど良くなくて効果が出ないものもありますが、アガリクスのβ(ベータ)‐グルカンは、ほかのキノコから抽出されたものとは構造も違い、サプリメントからの摂取でも吸収が良く、効果的なのです。これは、β(ベータ)‐グルカンの多糖体が、豊富なたんぱく質と結合しているためともいわれています。

飲み方

アガリクス製品には、錠剤やカプセル、粉末、液状など様々な種類がありますが、自分ののみやすいものを選びましょう。摂取は空腹時ですが、アガリクスに換算して、1日に最低5グラムは摂りたいものです。

こんな人にオススメ!

  • 抗ガン
  • ガン予防
  • 高血圧
  • 高血糖
  • 動脈硬化予防

ガンで苦しむ人たちの間でもアガリクスは評判のいい上質なキノコです。