血栓予防」タグアーカイブ

カルシウムで丈夫な骨をつくり、イライラを防ぐ

効能・効果

カルシウムは、丈夫な骨や歯をつくるために必要不可欠な栄養素です。成人の場合で体内におよそ1キログラムのカルシウムがあって、そのうちの99パーセントが骨や歯の組織に含まれています。古い骨は新しく作りかえられているので、材料となっているカルシウムは、毎日摂取したいものです。

残りの1パーセントのカルシウムは、筋肉や血液、脳などにあります。筋肉や心臓の収縮と弛緩をサポートしたり、神経伝達物質として脳や神経がスムーズに働くように作用します。また、血液の凝固にも関与していて、その役割はとても重要なものです。そして、血中のカルシウム濃度が低下すると、一般によく知られているように、神経が苛立ってイライラしたり、怒りっぽくなります。これはカルシウムの不足により、神経の伝達スイッチが狂ってしまうからだと考えられています。不足するとほかにも、心臓の正常な働きが妨げられて血液循環に支障が出たりします。

カルシウムがじゅうぶんに摂取されず不足の状態が続くと、骨からカルシウムが抜け骨がスカスカになってしまいます。これが骨粗鬆症(こつそしょうしょう)といわれるものです。この骨粗鬆症は女性ホルモンの分泌と関連していて、閉経した女性に多くみられます。骨粗鬆症にかかると骨折をしやすくなって、高齢者の場合これが原因となり寝たきりになってしまうことも多いようです。このような事態を防ぐためにも、日頃からきちんとカルシウムを摂取することが必要になります。

食品でカルシウムが多く含まれるものには、牛乳をはじめとした乳製品、豆腐などの豆製品、イワシやしらす干しといった小魚類、それから小松菜などの緑黄色野菜がありますが、普段の食事からだけではなかなか摂取するのが難しいので、不足していると感じる人はサプリメントからも摂取するとよいでしょう。

飲み方

カルシウムを摂取するときは、カルシウムの半分くらいの量のマグネシウムも一緒に摂りましょう。カルシウムとマグネシウムは2:1が理想のバランスの摂取量です。さらに、吸収率を高めるにはビタミンDを一緒に摂るとよいです。ビタミンDが多く含まれる食品はこちら

こんな人にオススメ!

  • 怒りっぽい
  • 骨粗鬆症の予防
  • 血栓症の予防


カルシウム&マグネシウム

ピクノジェノールで血管を丈夫にする

効能・効果

ピクノジェノール(松の木エキス)は、フランス南西部の沿岸に自生している『フランス海岸松』という松の木の樹皮から抽出されるもので、水溶性のフラボノイドです。フラボノイドは植物の黄色系の色素であり、抗酸化作用や抗炎症作用、抗菌・抗ウイルス作用があります。また、生活習慣病の予防や改善、静脈循環不全による症状の改善の効果があります。

私たちの体の中で、血管はすべての細胞と通じていて健康の基盤となるものです。その血管がもろくなってしまうと、心筋梗塞、脳卒中、むくみ、静脈瘤、糖尿病性の網膜症など、いろいろな病気を引き起こしますが、ピクノジェノールは、もろくなってしまった血管を修復して、丈夫で健康な血管を取り戻す大切な働きをします。ピクノジェノールのこの血管修復の機能は、血液の循環が良くないため起こる病気の予防につながります。

健康な血管には弾力性と抵抗性の両方があります。弾力があるのは血管がコラーゲン繊維で補強されているからです。このことから、血管にとってはコラーゲンを維持することが重要になるのですが、ピクノジェノールはコラーゲンを生成するのに必要不可欠なビタミンC の働きを強化して円滑にします。さらに、ピクノジェノールに含まれているフラボノイド類がコラーゲン繊維に付着し、血管壁を強力に保護します。なかでもプロアントシアニジンという成分は、ビタミンEの50倍もの抗酸化力をもつといわれていて、活性酸素の攻撃から血管の細胞膜を守ります。

有効成分はフラボノイド類のファイトケミカルです。スーパーオキシドやヒドロキシラジカルなどの活性酸素を除去し、悪玉コレステロールの酸化を抑制します。強力な抗酸化作用で、活性酸素が原因とされている老化現象やガン、動脈硬化などを予防します。

肌の老化予防など美容面や、冷え性、肩こり、生理痛、PMS(月経前症候群)、月経困難症、子宮内膜症など女性特有の悩みにも有効なことから、ピクノジェノールは女性からも注目を集めている成分です。生理痛、更年期障害などにも有効です。

摂取する人によっては、アレルギー症状や過敏症があらわれることがありますが、一般には問題となる副作用は知られていません。

飲み方

ピクノジェノールのサプリメントには、粒や錠剤、カプセルタイプなどがあります。短期間で効果が期待できるものではないので、継続して摂取します。冷えを改善する工夫をしながら同時に飲むようにするとより効果的です。

こんな人にオススメ!

  • 静脈瘤
  • 糖尿病性網膜症
  • 女性特有の悩み
  • 生活習慣病の予防
  • 老化予防

ピクノジェノールを配合した健康食品着色料、香料、保存料は一切使用していない安心のサプリメント

ピクノジェノール
ピクノジェノール 60粒

ナットウキナーゼで血栓症を予防

効能・効果

ナットウキナーゼは、納豆だけに含まれている血栓溶解酵素です。文字どおり血栓を溶かして、脳梗塞や心筋梗塞を防ぎます。血液をサラサラにして流れを良くします。『キナーゼ』は酵素という意味です。納豆は蒸した大豆に納豆菌を加え発酵させたものですが、蒸した豆には酵素はなく、納豆菌が大豆をエサにして発酵中に作り出されます。

ナットウキナーゼには、血栓症の原因となる血栓ができないようにしたり、できてしまった血栓を溶かしたりする働きがあります。血栓の主要成分に直接働きかけて血栓を溶解します。また、体内で血栓を溶かすウロキナーゼという酵素を活性化するように働き、血栓の分解を促します。血栓症とは、心臓病や脳卒中といった、血管内にできた血栓によって起こる病気です。人間の体には、出血した時に血液を固める血栓形成作用と、血栓を分解する溶解作用があって、それぞれのバランスが保たれています。しかし、生活習慣の乱れや老化などにより高血圧や動脈硬化になると、血液・血管の異常が起こりやすくなります。

ナットウキナーゼは体内で合成されないので体外から摂取する(納豆を食べる)しかないのですが、独特のにおいがあり納豆が苦手だという人もいるでしょう。ほかの食品と炒めたりすると食べやすくはなりますが、ナットウキナーゼは熱に弱く70℃以上の熱を加えると壊れてしまいますから、その点でサプリメントの摂取がおすすめです。

血栓は体の場所によってできやすい時間帯があるので、きちんと働くよう、それに合わせるように摂取すると、より効果が期待できるでしょう。就寝中は筋肉があまり動いていないため、血液が固まりやすくなっています。統計でも、心筋梗塞や脳梗塞は明け方から午前中にかけての時間帯に起こりやすい、という報告があります。ナットウキナーゼの血栓溶解作用は体内で6時間~8時間持続するので、夜に摂れば就寝中にも働きが期待できます。心筋梗塞の予防には朝の摂取、脳梗塞の予防には夜の摂取が良いです。

飲み方

サプリメントの種類には粒状やカプセルのものがあります。抗血液凝固剤のワーファリンを服用している人は、ナットウキナーゼの摂取を避けましょう。もちろん、納豆を食べる場合も同じです。納豆に含まれるビタミンKはワーファリンの効果を弱めてしまいます。

こんな人にオススメ!

  • 血栓症の予防
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 血圧が高い

血栓の予防にEPA・DHA

効能・効果

血管内にできる血液の固まり(血栓)が、心筋梗塞や脳梗塞の発症に大きな関わりをもっています。血管が詰まると高血圧などの循環器系の病気の原因にもなります。つまり血栓をできないようにすることで、こういった病気を予防することができるのです。これらに有効なのが、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)の摂取です。EPA・DHAは、サンマ、サバ、イワシ、マグロなどの青魚や赤身の魚に多く含まれています。不飽和脂肪酸といい、人の体内ではつくられないため食品から摂取するしかない必須脂肪酸です。EPAとDHAは、どちらも共に血流を正常化する効果があります。

EPAは血液を固まりにくくする働きがあり、血管内に吸収されても血小板を固めることがなく血管を詰まらせません。これと逆に作用し血液を固まりやすくするのが、肉などに含まれるアラキドン酸。血小板に作用して血栓ができやすくなります。このアラキドン酸も、実は、EPA・DHAと同じ不飽和脂肪酸なのですが、その中でも作用が違い、血液をドロドロにします。両方バランス良く摂るのが良いのですが、食の欧米化などにより現代の日本人には、EPA・DHAが不足しています。そのほか、EPAはアトピー性皮膚炎や、ぜん息、花粉症といったアレルギー疾患の予防や症状の改善にも有効とされています。

DHAは血液中にその量が増えると細胞が柔軟になり、毛細血管のように細い血管の中も血液が流れやすくなります。動脈硬化の防止、コレステロールの上昇を防止します。そのほか、DHAは、EPAの働きにプラスして脳の働きを高める効果があります。よく頭が良くなるなどといわれますが、学習記憶能力を維持するのに大切な役割をもっていたり、眼の健康維持にも効果が期待できます。

食べるのが苦手な人もいるでしょうから、サプリメントにも頼りましょう。EPAとDHAが配合されたサプリメントが多いです。

飲み方

EPAは、サプリメントで過剰摂取すると血液が固まりにくくなり、出血しやすくなるので注意が必要です。種類は粒やカプセルタイプがあります。カプセルのゼラチン等の比率は一粒中に全量の半分以下のものを選びましょう。

こんな人にオススメ!

  • 血栓の予防
  • 痴呆の予防
  • 高血圧
  • アレルギー体質
  • 眼の健康維持
みやび