ラ行」カテゴリーアーカイブ

レッドクローバーには女性ホルモンに似た働きをもつ成分が含まれている

効能・効果

レッドクローバーは、ヨーロッパ原産のマメ科の植物で、ハーブの一種です。赤紫色をした花を咲かせることから、和名では「アカツメクサ」または「ムラサキツメクサ」という名前で知られています。幸運をもたらすということから四つ葉のクローバーを探したことのある人は多いと思いますが、その白い花をもつシロツメクサの仲間です。

レッドクローバーは低温でも発芽するという性質があって、ヨーロッパでは、早春に種をまいて、初夏~夏にかけて開花した花の収穫がおこなわれます。葉がついたままの花を摘み取った後にきれいに洗浄し、乾燥させたものがハーブティーとして利用されていて、昔から、せき止めや皮膚の湿疹の改善に役立てられてきたといいます。

レッドクローバーにはその有効成分としてイソフラボンが含まれ、注目されています。イソフラボンは、抗酸化作用のあるフラボノイドの一種で、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と同じような作用をもつ成分です。エストロゲンは女性らしい体をつくったり、自律神経の働き、感情の動きなどにも関わっていますが、年齢を重ねるとともにエストロゲンの分泌量は減少します。

更年期に当たる女性は特に、エストロゲンの分泌量が減少することによって、さまざまな不快な症状があらわれるといわれています。ストレスによるホルモンバランスの乱れによって起こる生理不順といった女性特有の症状や、つらい更年期障害の症状の緩和にイソフラボンの摂取は有効であるので、それを含むレッドクローバーの摂取も役立つと考えられます。

また、レッドクローバーに含まれるイソフラボンは、不足しているエストロゲンを補うだけではなく、エストロゲンの分泌が過剰になったときにその分泌量を抑える働きもあわせもっていて、つまり、エストロゲンの過不足を調整することができるのです。

飲み方

女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をもつので、女性ホルモンのバランスがくずれやすい妊娠中や授乳中の人は、過剰摂取に注意が必要です。また、婦人科系疾患の医薬品を服用している人の場合にも、医師との相談のうえの摂取が良いでしょう。

こんな人におすすめ!

  • 更年期障害の症状を改善したい
  • 骨粗しょう症を予防したい
  • 肌を美しく保ちたい

最近では、大豆にかわる「高吸収型のイソフラボン」が豊富に含まれていることが注目されています。
イソフラボンといえば大豆食品に多く含まれていることは良く知られていますが、 低吸収型であることが多く、胃で直接吸収されるのではなく、腸内細菌の働きで高吸収型のイソフラボンに変換され、はじめて体内に吸収されます。
レッドクローバーに含まれるイソフラボンは「高吸収型」で 分子構造に糖がないため胃や腸から速やかに体内に吸収されるのが主な特徴です。

ght:1.4em;margin:5px;word-wrap:break-word”>

優れた抗酸化力を持つリコピン

効能・効果

トマトの鮮やかな赤い色には、体にうれしいパワーがギュッと詰まっています。この赤い色の正体は、カロテノイドのひとつであるリコピンという色素成分です。

カロテノイドとは植物に含まれる、赤やオレンジ、黄色の色素のことです。そのカロテノイドのひとつであり、にんじんやかぼちゃなどに多く含まれることで知られるβカロテンは、体内でビタミンAに変化することが知られていました。しかし、カロテノイド自体はただの色素にすぎないと思われていたのです。ところがカロテノイドには活性酸素を消し去ってくれる作用があることがわかりました。なかでもリコピンにはβカロテンの2倍以上、ビタミンEの100倍の抗酸化力があることがわかり、とても注目を集めています。

偏った食事や飲酒、また過度の運動などで体内の活性酸素が増えると、細胞が傷つけられてしまいます。これは、増えすぎた活性酸素が細胞にいたずらをし、体をさびたような状態にしてしまうのです。それがガン細胞ができる一因になったり、動脈硬化などの生活習慣病のきっかけになったりするといわれていますが、リコピンはこの活性酸素を消し去って、生活習慣病から私たちの身体を守ってくれる働きをしているのです。

また、女性の大敵であるシミやそばかすの原因となる活性酸素を抑制して、肌の美白を促進し、美しい肌を保つようにします。紫外線によるメラニン色素の生成を促す活性酸素が消去され、メラニンの生成に必要なチロシナーゼという酵素の働きが抑えられることで、美白につながります。

リコピンにはもともと油に溶けやすい性質があり、油を使った調理法によって吸収がとても高まります。熱に強いので、炒めたり煮込んだりしても大事な成分はそれほど減りません。トマトは生で食べるより、オリーブオイルなどと一緒にソースにしたりなど加熱調理したほうが効率良くリコピンを摂ることができます。イタリアにはトマトとオリーブオイルを使ったメニューが数多くありますが、イタリア料理は味だけではなく、実はガンや生活習慣病の予防の面でもとても優れているのです。

さらに最近は、降圧効果にも注目があつまりライオンからは「トマト酢生活」という特定保健用食品のドリンクも登場しています。これは、酢の降圧効果とトマトのリコピンによる作用を利用した商品です。トマトは美容だけでなく、健康のためにも欠かせない食品として定着しつつあります。

飲み方

サプリメントの種類には粒タイプなどがあります。継続して摂取します。

こんな人にオススメ!

  • 生活習慣病の予防
  • 緑黄色野菜が不足している
  • 美肌を保ちたい
  • 若さを保ちたい

ルテインは目の網膜を保護する

効能・効果

ルテインは強い抗酸化力を持つカロテノイドの一種で、黄色の天然色素です。身近な食品では、ホウレンソウ、カボチャ、ニンジン、ブロッコリーといった緑黄色野菜に含まれ、また、マリーゴールドという花に多く含まれていることが知られています。人間の体内にも存在し、特に目にある水晶体や黄斑部(おうはんぶ)という部分にもともと存在している成分で、黄斑変性症や白内障などの加齢による目の病気の予防や症状の改善に対する効果が期待されています。

ルテインは、目の老化を引き起こす活性酸素を抑えたり、テレビや携帯電話などの電子機器が発する有害な青色の光や紫外線を吸収したりと、目を守る働きをしています。

目は、まぶたを開けている間、休むことなく光にさらされています。光には紫外線を含む日光や、蛍光灯、パソコン、テレビ、携帯電話などから発生する青色の光があり、活性酸素を発生させる要因となります。青色の光は波長が短く特に力の強い光であるといわれていて、視細胞に与えるダメージも大きいため、情報化社会である現代は、人間の目にとても活性酸素が発生しやすい環境であるといえます。

目の奥の網膜は光の刺激を神経信号に変えますが、光が網膜に達すると視神経が障害を受けます。水晶体や黄斑部に存在するルテインは有害な光を吸収することで網膜を守ります。老化とともに発症する加齢黄斑変性症は視力障害や失明の原因にもなりますが、抗酸化作用の強いルテインには、活性酸素を除去したり、過剰な発生を防ぐ効果があります。

ルテインは人間の体に存在していますが、体内で合成できない栄養素です。さらに、体内に存在するルテインは、加齢やストレス、偏った食生活、喫煙などによっても減少していきます。黄斑変性症や白内障をはじめとする眼病が加齢によって増加するのは、体内のルテイン量が年齢とともに減少していくことに関係がある可能性も考えられていて、目の健康を維持するために、普段の食事やサプリメントからルテインを積極的に摂取することが大切です。

ルテインのサプリメントに配合されている種類は、2種類あります。それは、「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」(エステル体)と呼ばれるルテインです。フリー体ルテインは体内に存在するものと同じ形に精製されたルテインであり、サプリメントとして摂取した後に形を変えずに吸収されます。一方、ルテインエステルはフリー体ルテインに脂肪酸が結合されたもので、抽出されて未精製のルテインを指します。こちらは、人の体内に入ってもそのまま吸収されません。摂取されると、体内で酵素によって脂肪酸をルテインから分離することで、フリー体ルテインに変化してから吸収されます。

同じ配合量が記載されている場合でも、使用されている原料がフリー体ルテインかルテインエステルかによって実際に吸収される量は異なります。吸収が良いのはフリー体だという説とエステル体だという説の両方があり、専門家の意見も分かれています。

飲み方

サプリメントでルテインを効果的に摂取するには、ビルベリーエキスを配合したサプリメントと一緒に摂取すると、吸収量が向上するといわれています。

こんな人にオススメ!

  • 加齢黄斑変性症の予防
  • 白内障の予防
  • 視力を保ちたい
  • 美肌を保ちたい

 → ルテインについて、もっと詳しくはこちら。

レスベラトロールで老化を防ぐ

効能・効果

レスベラトロールは赤ワインに含まれる植物成分ポリフェノールの一種です。植物が病気や紫外線など外部の刺激から身を守るためにつくる、ファイトアレキシン(生体防御物質)ともいわれます。

『フレンチパラドックス』でブームを呼んだ赤ワインの健康効果の成分といえば、色素成分のアントシアニンや種子に多いプロアントシアニジンが良く知られていますが、微量で強力な抗酸化性をもつ機能性成分としてレスベラトロールがあります。 

フレンチパラドックスとは、フランスの人々が動物性脂肪の多い高コレステロールの食事をとっているのにも関わらず、他の先進国と比べて心臓病による死亡率が極端に低い現象をいいます。フランスは赤ワインの消費量が世界一であり、フレンチパラドックスの秘密は、この赤ワインに含まれるレスベラトロールが関与しているのではないかと考えられているのです。

レスベラトロールには抗酸化作用がありますが、ほかに、脂質代謝を改善する働き、また心臓病を予防する働きも期待されています。血中の悪玉コレステロールを減少させ血液をサラサラにして活性酸素を除去するので、心筋梗塞、心臓病、そのほかの生活習慣病の予防にも役立ちます。

強力な抗酸化物質として広く知られているポリフェノールですが、なかでもレスベラトロールは、抗酸化力の指標となるSOD様活性とDPPHラジカル補足活性が非常に高いことがわかっていて、ストレスや紫外線を受けることで発生する活性酸素や過酸化脂質から体を守り、老化を防ぐことが期待されています。

美肌を保つのにも有効だといわれ、注目されています。肌が紫外線を受けて炎症を起こすと、潤いやハリを保つのに重要なコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンの分解が促進され、肌の老化や衰えの原因となりますが、レスベラトロールには、この3大成分の分解を抑制し、肌を健康な状態に保つ効果があるとされています。

食品では、赤ワインやそのもととなるブドウの果皮、またピーナッツの薄皮などに多く含まれているレスベラトロールですが、摂取しても蓄積されず代謝されてしまうし、量の面からも食品からの摂取は難しいので、サプリメントで摂取する人が増えています。

飲み方

短期間の摂取では効果を感じにくいので、続けての摂取が大切です。ただし、必須栄養素ではないので不足により健康を害するものではありません。
女性ホルモンのエストロゲンと似た作用がありますが、大量に摂取すると女性特有のガンにかかりやすくなるというデータがあるそうで、子宮内膜症や子宮ガン、乳ガンといったホルモン感受性疾患がある人は、摂取を控えましょう。

こんな人にオススメ!

  • 美肌を保ちたい
  • コレステロール値が高い
  • 老化の予防
  • ガンの予防

肝臓と脳の働きを良くするレシチン

効能・効果

レシチンとは、脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質のひとつです。別名ホスファチジルコリンとも呼ばれ、生体の細胞膜の主な構成成分で、さまざまな生理機能を担っています。レシチンという言葉は、ギリシャ語で卵黄を意味するレシトースという言葉に由来していて、リン脂質といわれる脂質の一種です。

人間の身体の中には、水に溶ける性質をもった水溶性のものと、油に溶ける性質をもった脂溶性のものがありますが、その仲立ちをするのがレシチンの役目で乳化作用があります。生体膜では、細胞が栄養を取り込んだり不要物を放出するのを助けるとされていて、血液中のコレステロールを溶かし、血管壁をきれいにする働きがあるといわれています。

サプリメントとしてのレシチンは、大豆か卵黄を原料にして作られていて、それを摂取することで脳や肝臓に作用することがわかっています。例えば、ウイルス性肝炎やアルコール性の肝障害に対して肝機能を改善する働きがあります。これは、レシチンからつくられる「コリン」という成分が肝臓での脂質代謝に欠かせない成分であることと、肝機能を保護する作用をもっているためです。肝臓や腸からのビタミンの吸収を助けたり、血中に入ってきたアルコールや化学物質などを除去してダメージを受けた肝臓の修復をしたり、肝細胞を新たに入れ替えるのにも使われています。

また、レシチンは、身体のそれぞれの器官から脳へ情報を伝えるのにも深く関わっています。アルツハイマー型認知症の症状の一部は、アセチルコリンという神経伝達物質の合成や利用が減少するために起こるものだといわれていますが、レシチンはこのアセチルコリンのもととなる物質であるため、これを摂取することで認知症の予防にもなります。脳内に不要な物質などが入らないように脳を保護している血液脳関門を通過することができる数少ない物質でもあり、脳細胞で学習や記憶と密接に関わる化学物質をつくり出しています。

飲み方

摂取量の目安は特にありませんが、短期間では効果が期待できないので、続けて摂取します。脳を若く保つには、アセチルコリンの合成を促進するビタミンB12との併用がおすすめです。

こんな人にオススメ!

  • 肝機能の強化
  • アルコール性肝障害の改善
  • 脳の老化予防
  • コレステロール値が高い


大豆レシチン 約30日分

免疫力アップやガンに霊芝

効能・効果

霊芝(レイシ)はサルノコシカケ科に属する担子菌類の一種です。和名ではマンネンタケと呼ばれているキノコで、広葉樹の枯れ木などに生えて栄養分を摂取しています。梅などの古木の10万本に2本~3本しか採取できないという非常に希少な品種は、滅多に人の目にふれることはありませんでした。その煎じた液は、古くから、心臓の機能に効力をもつ薬として珍重され、東洋医学では伝統的に使用されてきました。

霊芝の成分のβ-Dグルカンなどの多糖類や食物繊維、トリテルペン類には免疫活性作用や抗ガン作用があります。葉緑体を持たない菌類は光合成ができないために細い菌糸を縦横に伸ばし、ほかの生命体から栄養を吸収しているのですが、ガンの予防で注目されている霊芝のいろいろな成分は、キノコ本体よりも菌糸のほうに多く含まれているといわれています。β-Dグルカンは、霊芝の細胞壁をつくっている堅い食物繊維の構造で、人体においては、ガンやウイルスなどの異物を食べるマクロファージや、異物をみつけて攻撃するNK細胞(ナチュラルキラーさいぼう)に働きかけます。そして抵抗力を増強させ、感染症を防ぐものとして注目されています。また、医療の現場では、ガンの治療薬として利用もされています。

同じような効能をもったものに、アガリクスメシマコブがあります。

霊芝は、このような免疫機能のほか、血管や血圧、コレステロール、臓器の働きを調整したり、中枢神経の興奮を抑制するなど、身体のさまざまな機能のバランスをはかることがわかっていて、高血圧の改善や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病を予防したり改善する作用があります。また、鎮痛剤としての働きもあって、痛みやそれに伴う不眠を改善したり、不安な気持ちをとりのぞきます。抗ヒスタミン作用がアレルギーの改善に役立ちます。

飲み方

サプリメントの種類には、粒タイプ、カプセルタイプ、飲料タイプ、姿のままで販売され自分で煎じて飲むタイプなどもあります。独特の苦味がありますので、苦手な人は粒などがのみやすいでしょう。短期間では効果が期待できませんので、継続して摂取します。自分で煎じてのむものは、空腹時に摂取するほうが効果的です。

こんな人にオススメ!

  • ガンの予防
  • 動脈硬化の予防
  • 免疫力の強化
  • 血圧が高い
  • コレステロール値が高い

レモンバームはリラックスのハーブ

効能・効果

レモンバームは南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。別名を「メリッサ」といいます。このメリッサという名前には花の蜜を求めるハチが集まるミツバチの葉というような意味があります。ミツバチからとれるハチミツが唯一の甘味料だった時代には、とても価値の高い植物でした。

このようにミツバチと縁の深いレモンバームですが、そのパワーが注目されています。レモンバームは高血圧、神経性の消化不良、頭痛、ストレスなどに良いとされ、さらに脳の活性化や若返りといったうれしい働きがあります。ヨーロッパでは昔から、毎日飲み続ければ長生きすると言われ「長寿のハーブ」と呼ばれて親しまれてきました。

レモンバームの魅力は、何といってもその爽やかな香り。名前のとおり、レモンに似た爽やかで甘い香りがします。レモンとミントを合わせたような香りを嗅ぐだけでも、イライラや気分の落ち込みを取り除き、爽快感を与えてくれます。

見た目にもきれいで、料理やデザートに添えものに最適です。生の葉は、ハーブティーのほか、サラダ、ドレッシングといった料理に活用できます。レモンのような酸味はありません。摘みとった葉は乾燥させてハーブティーやポプリなどにも用います。また、葉や茎から抽出された精油(エッセンシャルオイル)は、緊張をやわらげ鎮静作用、リラックス作用があるため、アロマテラピーに利用されます。不安な気持ちを鎮め、悲しみを追い出し、気分を高めてくれるハーブです。ほかにもシトラール、シトロネラールなどの香り成分が含まれていて、花粉症に伴うイライラを沈める働きもあり、精神的ストレスの解消に役立ちます。

レモンバームにはアレルギー症状を緩和する効果があり、花粉症に対し優れた効力があることがわかっています。疲労回復、花粉症の予防にレモンバームティーがおすすめです。花粉症にはミントやシソなどのシソ科のハーブに含まれるポリフェノールが有効だといわれ、シソ科であるレモンバームでも効果的だということです。玉川大学の研究では、数あるハーブの中でも、このレモンバームが抗アレルギー作用ではとても高い効果があることが確認されています。

レモンバームのロズマリン酸というポリフェノール化合物は、生活習慣病の原因となりストレスがたまると増える活性酸素を除去する力が優れています。炎症を阻止する作用、血小板の凝集を抑制する作用があり、血流が良くなることで筋肉のコリを和らげます。

ほかに、解熱作用があり、風邪やインフルエンザによる発熱・頭痛を緩和します。消化促進作用があり、胃腸の調子を整えストレスからくる消化不良などを緩和します。

飲み方

レモンバームのサプリメントには、粉末や飲料タイプなどがあります。薬を飲みたくない人、眠気やだるさが気になる人はサプリメントを利用するとよいでしょう。妊婦さんや授乳中の人は摂取しないでください。

こんな人にオススメ!

  • アレルギー症
  • ストレスが多い
  • 疲れやすい
  • 消化不良
  • 肌荒れが気になる

ローヤルゼリーはミツバチ由来の元気の源

効能・効果

ローヤルゼリーは、ミツバチ(働きバチ)の体内でいちど消化吸収され、咽頭部(唾液腺)から分泌されるクリーム状の物質です。ハチミツと同じでハチの巣から採取されますが、一般的には乳白色で発酵食品のような酸味のある食品です。

このローヤルゼリーのみを与えられた幼虫だけが、やがて女王バチになります。栄養価がとても高いため、ローヤルゼリーを食べて育った女王バチは体が大きく雄の1.5倍ほどあります。寿命に関してはなんと働きバチの40倍も長く、産卵では1日におよそ2,000個もの卵を産むこともあるそうです。

このような驚きの生命力と産卵の能力を持つ女王バチの様子から、エネルギーの源となっているローヤルゼリーの働きが注目されます。

良質のタンパク質がしかも高純度で含まれていて、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富なことがわかっています。まだ解明されていない成分もあり、40種類以上の栄養素が含まれているのではないかといわれています。

含有するローヤルゼリー特有の成分「デセン酸」は脂肪酸の一種ですが、優れた殺菌力を持ち、抗腫瘍作用が注目されています。また、「類パロチン」という成分は、人間の唾液腺から分泌されるパロチンに似たホルモン様物質で、老化を防ぐ優れた働きを持っています。20歳を過ぎると人体で分泌されるパロチンが低下するため、類パロチンを外から補うことで、細胞を活性化し老化を予防することができます。

アセチルコリンという物質は、ミツバチたちが集める花粉中には含まれていないことから、ミツバチの体内で合成されていると考えられています。アセチルコリンには人間の神経伝達物質として重要な役割があります。

そのほか、成長を促すリジンや体力を回復させるバリン、善玉コレステロールを増やすパントテン酸なども多く含まれています。

このように美容や健康に関係する成分を豊富に含むローヤルゼリーは、加齢によって衰えがちな体の代謝機能や食欲などをつかさどるホルモンを生成する副腎を刺激し影響をもたらすことが期待できます。
エネルギーの補給に、そして、いつまでも肌を若く美しく保ちたいと願う女性だけでなく、スタミナをつけたい男性も摂りたい栄養です。

ローヤルゼリー+セサミンE

飲み方

アトピーやぜんそくをもつアレルギー体質の人が摂取すると、アレルギー反応を引き起こす可能性があるので注意が必要です。医師に相談の上の摂取か、摂取を避けたほうがよいでしょう。

サプリメントの種類には、カプセル、粒、濃縮ドリンク、生タイプなどがあります。短期間で効果が出るわけではないので、継続して摂取するのがよいです。

こんな人にオススメ!

  • 肌を若く保ちたい
  • 疲労回復
  • 気力が出ない
  • 閉経後の女性
  • ガンの予防



毛細血管を強くするルチン

効能・効果

ルチンはビタミンPに含まれるビタミン様物質です。ビタミン様物質というのは、ビタミンに似た作用があったり、ビタミンの働きを助けたりするもので、人間が体内でつくり出すことができる物質です。柑橘系の黄色い色素のフラボン類とともにフラボノイド化合物とも呼ばれます。

日本人の身近な食品では、ソバに多く含まれています。特に、少し苦味のある「ダッタンソバ」には、普通のソバの60~100倍ものルチンが含まれているそうです。熱に弱い性質で、ソバを茹でると、せっかくの栄養成分がお湯に流れ出てしまうので、ソバを食べる時に一緒にソバ湯を飲むのが良いといわれています。ほかには、グリーンアスパラガスやトマト、オレンジ・グレープフルーツ・レモンなどの柑橘類の果皮、クランベリーやクワの実などにも含まれます。食品からのルチンの摂取量については、一日に30ミリグラムが理想的で、2回に分けて摂るのがよいです。

ルチンには、健康に良いさまざまな効能があるとされています。特に血流の改善に優れていて、毛細血管を強化する働きがあることが知られています。毛細血管に弾力がついて丈夫になれば、血液の流れがスムーズになります。その結果、血栓からおこる高血圧や動脈硬化などの症状の改善、予防につながります。脳細胞の活性化にも効果的です。歯ぐきからの出血や、打撲でできるアザなど内出血を防ぐ働きもあります。

また、ルチンは鼻づまりなどのアレルギー反応を引き起こすヒスタミンの分泌速度を遅らせることがわかっていて、アレルギー疾患に対する治療薬として使われることもあります。

そのほか、ルチンには、ビタミンC の吸収を良くして機能を助け、効果を高める作用があります。ビタミンC の機能が強化されるとコラーゲンの合成が促進されます。血管や細胞の機能を補う体内での働きと、シミやしわ、たるみを防いで、外見的な効果としては肌の老化を予防します。ビタミンC は抗酸化作用が強く、免疫力を高める効果があり、ルチンの摂取は風邪をはじめとしたウイルス性の感染症やガンの予防にも役立ちます。疲労回復にも効果があります。これらのことから効率良く効果的に摂取できるので、ビタミンC と一緒に摂るのがおすすめです。

飲み方

サプリメントの種類には、粒タイプやカプセルタイプなどがあります。また、ソバ茶からもルチンの摂取ができます。ただし、ソバから抽出されたルチンには、不純物としてソバアレルギーの原因たんぱく質が含まれる可能性があるので、ソバアレルギーの人は摂取しないでください。

こんな人にオススメ!

  • 血圧が高い
  • アレルギー症
  • 血栓・動脈硬化の予防
  • ガンの予防
  • 肌の老化予防

血管を強くするサプリ(ルチン)一覧はこちら

ラズベリーの香りの成分で肥満予防

効能・効果

ラズベリーは、バラ科の植物でキイチゴ属の果実。ヨーロッパや北米が原産で、果実は粒が塊のようになっているのが特徴で、甘みと酸味があります。見た目にかわいらしく、ガーデニング用の果樹としても人気です。さらに、優れた風味をもち、ジャムや洋菓子、ハーブティーやリキュール類などに食用としてよく用いられ、フランボワーズと呼ばれています。

ラズベリーには健康維持のための有用成分が豊富に含まれていますが、主成分は幅広い効用のあるビタミンC、エネルギーの燃焼を促進し疲労回復効果のあるクエン酸です。そして、アントシアニンなどのポリフェノール類が注目されています。ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、細胞が酸化するのを抑制することで、体の老化や、ガン、動脈硬化などを予防します。記憶力の増強、運動機能の改善にも効果的です。果実にはビタミンCやミネラル類、ポリフェノール類が豊富に含まれ、美容効果も高いといわれています。メラニン色素を抑える働きがあるので肌の美白効果にも期待できます。

ラズベリーの香り成分であるラズベリーケトンには脂肪の分解を促進する作用があります。脂肪は体内に吸収されると筋肉で分解され、最終的には二酸化炭素と水になります。しかし、分解されなかった脂肪はそのまま蓄えられて肥満につながってしまいます。脂肪の分解能力を高めることが肥満を予防するのに有効なわけですから、脂肪分解促進作用のあるラズベリーケトンを含むラズベリーが役立ちます。ラズベリーケトンは、その分子構造が、ダイエットに有効とされている唐辛子に含まれるカプサイシンに似ているのですが、効能は、なんとカプサイシンの3倍にもなるといわれています。そのため、ラズベリーケトンが配合されたダイエット用補助食品が人気を集めたこともありました。ラズベリーケトンが配合されたものには、サプリメントのほかにシェイプアップインナーなどもあります。

ラズベリーの葉(ラズベリーリーフ)には、婦人科系の効果があることが知られています。妊娠後期に摂取することで、子宮筋や骨盤の働きを正常にするように働いたり、母乳の出を良くしたり母乳の栄養価を高める作用があるといわれています。このようなことからヨーロッパでは「妊婦のハーブ」と呼ばれています。日本でも安産のためのハーブとして浸透してきています。また、子宮に働きかける作用があるため生理痛の緩和にも効果があり、さらにリラックス効果もあるので、ハーブティーとして女性に人気があります。

飲み方

錠剤のサプリメントもラズベリーリーフティーも、妊娠初期の摂取は控えてください。

こんな人にオススメ!

  • 肥満の予防
  • 疲労回復
  • 肌荒れが気になる
  • 老化予防
  • ガンの予防