目・眼」タグアーカイブ

ブルーベリー 目の健康を保つ

ブルーベリー 目の健康を保つ アントシアニンの 効能 効果 に関する情報です。青紫の色素成分は、ポリフェノール類のアントシアニン。

ブルーベリー 効能 効果

ブルーベリー 目の健康を保つ

ブルーベリー 目の健康を保つ

ブルーベリーは北アメリカ原産の果実で、目に良いといわれるベリー類の代表格です。青紫の色素成分は、ポリフェノール類のアントシアニン。

ブルーベリーには種類がいくつかありますが、サプリメントの原料となっているのは、栽培されているブルーベリーではなく、北欧野性種のビルベリーといわれるものです。ブルーベリーは多種の総称で、ビルベリーもブルーベリーの一種です。

ビルベリーの果実は、ブルーベリーの果実よりも小さくて、柔らかくて、果汁が多いのが特徴です。外皮の色はより暗く、黒に近い紫色をしています。ブルーベリーの果肉が薄緑色であるのに対して、ビルベリーの果肉は赤や紫色です。

このビルベリーは、柔らかいためにつぶれやすく、酸味が強いために生のまま食されることは少なくて、ジャムやジュース、洋菓子の材料などに多く使用されます。

果実には、有効成分であるアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンは、目の網膜に含まれる『ロドプシン』という物質の再合成を促進し、眼精疲労の改善や網膜の保護など、目の健康を保持します。

目の網膜にはロドプシンという視力を保つために働くタンパク質が存在し、これが分解されることによって脳に伝わり、目が見える状態になっています。ロドプシンは分解と再合成を繰り返し、疲れや加齢の影響で機能が低下していきますが、アントシアニンが、このロドプシンの再合成を促すのです。

また、ビルベリーには抗酸化作用や抗炎症作用があり、糖尿病性の網膜症や高血圧性の網膜症の改善、加齢性白内障の予防にも有効です。

アントシアニンは眼精疲労を改善する働きをしますが、この効果はビルベリーの抽出液を使った臨床試験で実証されています。目の疲れ、かすみ、ちらつき、眼精疲労に伴う肩コリや頭痛の症状の改善が多くの人にみられました。暗闇でも目がみえやすいなど夜間の視力に影響すると一部ではいわれているようですが、それについては定かではありません。

コーヒー豆に含まれていることでも知られるクロロゲン酸には高い抗酸化作用があり、動物での実験では抗炎症、毛細血管の保護、血管拡張などといった作用が確認されていて、アントシアニンは目の健康に対する効果だけでなく、ガンや生活習慣病に対しての予防効果が期待されます。

飲み方

サプリメントの種類には、おもにカプセルタイプや粒タイプ、ジュースがあります。ビルベリーのアントシアニンは摂取してから24時間後には体外へ排出されるので、毎日継続して摂取するのがおすすめです。

こんな人にオススメ!

  • 目の疲れが気になる
  • 糖尿病性網膜症
  • 高血圧性網膜症
  • 加齢性白内障の予防
  • 生活習慣病の予防


アントシアニン 効果

メグスリノキ 眼と肝臓に役立つ

メグスリノキ 眼と肝臓に役立つ 情報です。目によい植物といえばブルーベリーなどベリー類が代表的ですが、それだけではありません。知っている人もいるかと思いますが、メグスリノキという樹木があります。

メグスリノキ 効能 効果

目によい植物といえば ブルーベリー アサイーベリー などベリー類が代表的ですが、それだけではありません。

知っている人もいるかと思いますが、メグスリノキという樹木があります。メグスリノキは、日本特産のカエデ科の落葉樹で、東北地方の南部から四国や九州地方まで広い範囲に自生しています。

5~6月に黄緑色の花が咲き、秋になると美しく紅葉します。『目薬木』というその名前のとおり目の病気に効く民間薬として知られていますが、江戸時代から利用されてきたといわれています。地域によってはチョウジャノキ(長者の木)などとも呼ばれるそうですが、煎じた液を飲むと、目のかすみがなくなり千里先までよく見えるようになったことから、「千里眼の木」という別名もあります。

メグスリノキ は昔から、疲れ目や目のかすみに樹皮を煎じた汁を服用したり、目薬や洗眼剤として、ほかに、二日酔いの解消など肝臓への効果があるとして重宝されてきたようです。

有効成分はロドデンドロールという成分で、含まれているのは主に樹皮の部分です。このロドデンドロールの働きで肝機能が高まり、機能を改善させます。解毒作用が活発になり、利尿作用もあるといわれています。

葉や茎、小枝にも成分は含まれていますが、効果に対する成分やメカニズムは、まだ十分には解明されていません。しかし、近年の科学的研究により、目の疾患への効果が期待できるデータが発表されています。よく起こりがちな目の症状、例えば目のただれ、ものもらい、アレルギー性結膜炎などには、メグスリノキに含まれるタンニンによる、細菌の増殖を抑える抗菌作用、炎症を抑える収斂(しゅうれん)作用が効果をもたらすものと報告されています。

目と肝臓には密接な関係があると東洋医学ではいわれていますが、このように、メグスリノキは目のほかに肝臓にも効果をもたらすことが注目されています。白内障、網膜症といった糖尿病の合併症の発症を抑える可能性も考えられています。

飲み方

お茶、健康飲料、煎じ用の小枝チップ、粒タイプなどの種類があります。妊娠中や授乳中の人は、摂取する前に医師への相談が必要です。
目には乾燥させた葉や小枝を煎じたものを、肝機能には樹皮を煎じたものを飲むとよいとされています。なお、煎じたものにはロドデンドロールによる苦味がありますので、苦手な人には粒のサプリメントがよいでしょう。

こんな人にオススメ!

  • 眼精疲労
  • 目がかすむ
  • 結膜炎
  • 白内障
  • 眼圧低下
  • 肝機能の強化