ピペリン サプリの吸収をアップさせる

ピペリンは、その風味と薬効からたいそう重宝がられ、戦争まで巻き起こしたスパイス、黒コショウから抽出されます。ローマ史に残るところでは、フン族の王、アッテイラがローマ市民に要求された身代金には約千㌘叫の黒コショウが含まれていました。
事実、探険時代に新大陸が発見されたのも、コショウを探し求めた結果です。

コショウ独特の「辛み」は天然の化合物ピペリンによるもので、ピペリンのおかげで、刺激のない食べ物が素晴らしい味に変わるのです。ピペリンは単なる調味料ではなく、からだが代謝を行ううえで重要な役割をします。栄養素が十分に吸収されるかどうかは、からだがどれだけ効果的に食物やサプリメントを分解して使うかに左右されます。

とくに高齢になると、胃酸や消化酵素が減少するので、サプリメントや食物から栄養素を吸収するのが難しくなります。また、穀類に含まれる亜鉛やフィチン酸、コーヒーに含まれるカフェインなどの化合物は、ビタミンやミネラルの吸収を阻害します。

さらに問題を複雑にしているのは、低脂肪の食事を心がける風潮が強くなり、ビタミンA、E、Dといった脂溶性ビタミンが効率よく吸収されなくなっていることです。しかしピペリンは、栄養素の吸収をよくするので、組織に必要な栄養素が運ばれるようになります。

たとえばある研究で、毎日5 mgのピペリン製品(商標バイオペリン)をベータカロチンやセレン、ビタミンB6などのいくつかのサプリメントと一緒に被験者に与えました。2週間後、ベータカロチンだけを摂取していた人と比べると、血中のベータカロチンの値は60%も上昇しました。ピペリンを摂取して1時間以内に血中のセレンとビタミンB6量が増加したのです。血中の栄養素の畳も増加しましたが、正常な範囲内でした。また、副作用はまったく見られませんでした。

オレガノオイル

何千年もの間、オレガノは防腐剤として利用されてきました。古代ギリシア人はさまざまな細菌感染症やウィルス感染症の治療にこのハープを利用しました。

いまでは、オレガノオイル(液体とカプセルがあります)が菌性感染症やいぼ、乾癬、ニキビ、ウィルス、あるいは一般的な風邪の治療薬として普及しはじめています。

まず、オレガノについての誤解を明らかにしたいと思います。オレガノと呼ばれているものすべてが本物というわけではないので注意が必要です。オレガノと思われているものの大半はマヨラナという植物で、本物のオレガノと同じ効果は期待できません。本物であることを確認する意味で、必ずハナッハカを原材料としている製品を買うようにしてください。

オレガノオイルには多くの化合物が含まれていますが、主な活性成分はカルバクロールとチモールで、どちらも防腐剤としての効果があります。試験管テストでは、野生のオレガノが真菌感染症のカンジダ膣炎の悪化を阻害することがわかっています。

以前に述べたように、オレガノオイルは真菌感染症によって悪化する乾癬や湿疹に使われています。オレガノオイルは抗炎症剤でもあるため、ねんざをやわらげるために患部に擦りこんだり、軽いやけどやケガの回復を早めるために直接塗って使います。

パスツール法が考案される以前は、牛舎のなかにオレガノの枝をつるして牛乳のバクテリア繁殖を防いでいました。今日では、これが単なる迷信ではなく、素晴らしい「科学」であることがわかります。

ギリシアで行われた風変わりな研究では、オレガノオイルに抗バクテリア特性があり、希釈率五5分の1であってもバクテリアの成長を激減することがわかりました。オレガノオイルを用いた治療法により、インフルエンザや歯周病菌感染、顔面ヘルペス、運動によるケガなどがやわらいだ症例も多数あります。オレガノオイルを使用する場合、とくに内服する場合は少量にするように注意するように、と述べています。

オリーブの葉抽出物

オリーブとオリーブの葉は決して目新しいものではありません。この2つは何千年もの間、食品として使われてきました。古代療法でさまざまな病気の治療に使われてきたオリーブの葉抽出物ですが、あらためて見直されています。

多くの天然製品と同様、オリーブの葉抽出物についての科学的研究はヨーロッパで行われています。残念ながら、研究結果が一般の人々に知られるまでには時間がかかるため、オリーブの葉抽出物は最近になってようやくアメリカでも注目されるようになったのです。

オリーブの葉は、エレノル酸(elenolic acide)を含んでいます。エレノル酸はバクテリアやウィルスの成長を抑えると同時に、感染症とたたかう重要な細胞を刺激し、免疫機能を強化します。

カリフォルニアの医師、プライヴァテラ医学博士は著書「オリーブの葉抽出物」のなかで、慢性のウィルス性、細菌性感染症患者にオリーブの葉抽出物を用いた話について記しています。

患者の多くはそれまで抗生物質治療の効果が得られませんでしたが、オリーブの葉抽出物で完治したというのです。博士の発見によると、オリーブの葉抽出物は、ヘルペスや膀胱感染症、菌感染症など、一般的な薬物治療に抵抗性のある感染症に効果があり、頑固な真菌感染症であるカンジダ膣炎にはとくに効果があったそうです。

また、エイズ患者にオリーブの葉抽出物を与えたところ、免疫機能が向上し、病気とたたかうT細胞が増加したということです。
オリーブの葉抽出物は、心臓にやさしいサプリメントです。動物実験ではオリーブの葉抽出物が血圧を下げ、悪玉コレステロールLDL (動脈を塞ぎ、心臓病の原因となる血小板を生成する)の酸化を防ぐことがわかっています。

オリーブの葉抽出物は抗酸化剤と同様の働きをすることから、未知の抗酸化物質を含んでいるのではないかと考える研究者もいます。オリーブの葉抽出物は慢性の感染症患者、とくにほかの治療法に耐性をもった感染症の患者におすすめします。おすすめします。効

ニーム

このハープは4500年前には現在よりも人気がありました。古代インドのハーブ療法で使われていたニームは、「村の薬屋さん」として重宝がられていました。

主に皮膚病や炎症、熱をやわらげるのに用いられますが、防虫剤やクリーム、マウスウォッシュとしてなど、60 類以上の使用法があります。近年の研究で、ニームにはさまざまな薬効があることがわかりました。このハープは外用薬として、あるいは内服するサプリメントとして用いられます。

インドではニームのペーストがニキビや湿しんなどの赤いプツブツを治療するのに用いられます。色々なこようーム製品があり、とくに、肌が非常に乾燥してかゆくなる「冬期掻痒症」に効果があります。また、真菌、抗ウィルス、抗細菌効果もありますから、白癬や疥癬などの感染症から肌を守ります。もっとも興味深い利用法は、歯磨き粉やマウスウォッシュとしてです。
インドでは何世紀も前からニームの枝が歯ブラシ代わりに使われていましたが、現在はニームの抗細菌作用と抗炎症作用が、歯周病に効果があることがわかっています。とくにデンタルケア製品は、口内に歯周病や虫歯の原因となる細菌の発生を防ぐ働きがあります。

また、防虫剤や肥料としても効果があります。虫はニームをスプレーした植物を食べません。食べると死ぬからです。人体に有害な他の防虫剤とは違って、ニームは我々のからだにはよいのです。ニーム製品はガーデンショップや園芸店で入手できます。さらに、ニームは内服するとアスピリンと同様の働きをし、熱を下げてくれます。

天然プロゲステロン

5千万人ものベビーブーム世代が中年期を迎えた現在(半数以上が女性ですが)、薬局や自然食品店には閉経期の症状をやわらげる製品が溢れています。そのなかでももっとも多く見かける製品のひとつが、天然プロゲステロンクリームで、徐々にその価値が認められつつあります。

エストロゲンという別の女性ホルモンが話題になっていたため、プロゲステロンはこれまで取り上げられませんでしたが、月経周期を正常に保つ重要な役割をしています。中年期になると、プロゲステロンとエストロゲンの分泌量が急激に減り、やがて閉経期を迎えるようになります。

これまでは顔面紅潮や不眠症、うつ状態などの閉経期特有の症状をやわらげるのに、エストロゲンを補給する治療法が行われてきました。しかし、乳がんのリスクが高くなるという説があることからエストロゲンの使用をいやがる女性もいます。

彼女たちは、エストロゲンの代わりに天然プロゲステロンクリームに注目しています。このクリームにはエストロゲンとほぼ同じ効果があり、がんになる危険性はありません。

むしろ、天然プロゲステロンには子宮がんなど一部のがんを予防する働きがあるのです。プロゲステロンは天然の抗うつ剤でもあり、精神を高揚させる効果があります。

事実、プロゲステロンはリビドー(性的エネルギー)を高め、弱い鎮静効果もあることから、女性を「心地よくする」ホルモンと呼ばれています。

女性がエストロゲンを摂取する主な理由は、骨粗鬆症(骨密度が低くなり、骨がもろくなる)の予防のためです。閉経を迎えた女性は、約十年にわたって毎年2~4%ずつ骨の質量が低下します。その後低下量は減少しますが、その時点ですでに多くのダメージを受けているのです。

エストロゲンによって、骨のもろくなる危険性が半数以上も軽減されることがわかっており、このため多くの女性が仕方なくエストロゲンを摂取しているのです。
しかし、エストロゲンと同様、天然プロゲステロンが骨の損傷をくいとめることがわかっています。

ブリティッシュコロンビア大学のプライヤー博士が行った研究によると、天然プロゲステロンは、エストロゲンのように骨の損傷をくい止めるだけではなく、造骨細胞(新しい骨を生成する細胞)を刺激するという、エストロゲンにはない効果があるということです。

カリフォルニアのジョン・リー博士は、プロゲステロンがエストロゲンと同様に骨粗鬆症をくいとめると断言しています。天然プロゲステロンと黄体ホルモン(女性がホルモン治療で内服するホルモン)を混同しないでください。

黄体ホルモンは合成されたプロゲステロンですが、体内で生成されるプロゲステロンとは構造が異なり、浮腫やイライラ、感情の起伏など不快な副作用を伴うことがあります。天然プロゲステロンは体内で生成されるプロゲステロンと同一の構造をしています。

漢方でも効かなかった更年期によるイライラ、不眠をヌーススピリッツで軽減

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NADH)

最近は、抗酸化剤が健康に与える影響についての関心が高まり、いままでなじみの薄かった抗酸化剤も注目されるようになってきました。リボ酸と、補酵素Q10として知られるNADHも、このように新しく発見された抗酸化剤です。

酵素は化学変化を引き起こすたんばく質で、NADHも補酵素と同様、文字どおり酵素を助けて体内の多くの生化学反応を起こします。ナイアシン誘導体のN ADH は全細胞中に存在し、エネルギー生成、とくに脳や神経システムで重要な役割をします。

NADH量が多ければ多いほど、細胞のエネルギー生成量は多くなりまとしす。歳をとるとほかの重要な抗酸化物質と同様、NADH畳も減少します。多くの研究者が、NADH が失われるとアルツハイマー病やパーキンソン氏病など、脳の老化に伴う病気を進行させると考えています。

また、NADH 量が少ないとうつ病や、慢性疲労症候群になりやすいといえます。近年、非常に興味深い研究が行われ、NADHは世界中の医療団体の注目を集めました。

ウィーンにある有名なバークマイヤーパーキンソン氏病治療研究所の研究では、885人のパーキンソン氏病患者にNA DHを内服薬、もしくは静脈注射の形で投与しました。身体障害を引き起こすパーキンソン氏病は、単収縮や筋委縮が起き、運動機能に障害をきたします。治療薬はなく、効果的な治療法もほとんどありませんが、NADHが希望を与えてくれています。

NADHを投与された患者の80%は症状が改善され、20%は非常によい反応が得られました。特異的に、NADH にはパーキンソン氏病に通常伴う、うつ状態をやわらげる働きがあるようです。また、N A D H は老人に多い脳の退化が原因で起こるアルツハイマー病の治療にも使われています。アルツハイマー病患者のNADH量は、同年齢の健康な人と比べて20%から50%も少ないのです。毎日100mgのNADHを投与されているアルツハイマー病患者は、認識機能と記憶が著しく改善しましたが、科学的には、NADHに本当に効果があるのかを調べるための大規模な二重盲検が必要です。

アルツハイマー病患者に関する大規模な研究が、首都ワシントンDC にあるジョージタウン大学メディカルセンターで現在行われており、ここでは慢性疲労症候群の患者を対象にしたNADHの研究も行われています。

慢性疲労症候群の原因は不明で、極度の疲労が持続しますが、休養しても回復せず、ほかの病気との関連性もありません。現在、アメリカ国民の6%が、慢性疲労症候群にかかっています。活力を与えるサプリメントがフィットネス愛好家に支持されはじめていますが、NADH もそのひとつです。また、運動選手がNADHを使用し、運動能力が増したという詰も耳にします。実際、ニューヨークにあるレノックスヒル病院ニコラススポーツ研究所では、NADH がもつ運動能力とスタミナを高める効果について研究が行われています。

NADHを日常的に摂取している人に感想をたずねると、身体の隅々まで機敏になり、活力があふれるような心地よさがあるといいます。精神、肉体ともにNADH を必要としていることがわかるでしょう。

NADHのサプリ

N-アセチル・システイン(NAC)

NAC(N・アセチル・システイン)は体力づくりから慢性疾患まで、幅広い効果があります。NACはグルタチオン前駆物質のアミノ酸で、すべての細胞内に存在する体内でもっとも豊富な抗酸化物質です。

NACは化学的に誘発されたがんや、呼吸器系疾患などの治療薬として幅広く研究が行われてきました。米国立がん研究所およびヨーロッパのユーロスキャン・プロジェクト、安全かつ効果的、経済的ながん治療を目的としたプロジェクト)による研究が現在行われており、これまでに得られた研究結果は非常に有望です。

動物実験では、フリーラジカルの形成を促し、がん細胞の成長の原因となるDNAのダメージを阻害する作用がNACにあることがわかっています。ある研究では、煙草の煙を浴びせ、NACを投与したラットは肺や器官などの易損性箇所(損傷を受けやすい性質をもつ箇所のことで、日常的に煙草の煙にふれていると肺と器官に損傷を受けやすい)のD N A に、予想されていた変化が起きませんでした。

NACによって肺組織のグルタチオンが増加して、フリーラジカルによるダメージから細胞を守るからです。現在煙草を吸う人、あるいは以前にタバコを吸っていた人は、このサプリメントを摂取することを考えてみてください(当然のことですが、禁煙・辞煙をすることもおすすめします。禁煙はこちら。)。

フリーラジカルによるダメージはがん以外にも、慢性呼吸器系疾患など多くの病気の原因となっています。人体を対象とした研究から、NAC が気管支炎や気管支炎ぜんそく、気腰、慢性副鼻腔炎などの予防に効果のあることがわかっています。

ある研究で、2500人以上の重度の呼吸器系疾患患者に毎日、600 mgのNACを与えました。患者の多くは肺活量が大幅に改善し、せきたん咳や疾が緩和されました。
また、NACは予期せぬ侵入者とたたかう働きをもった、重要な細胞を活性化させ、免疫機能を高めます。NACを摂取している人の気管支には病原となるバクテリアがほとんど見られませんでした。このことから、NACには予防効果があると考えられます。

肺感染症にかかりやすい人は、NACを毎日摂取すれば健康でいられるはずです。NACは重傷の内耳感染症の治療にも用いられています。耳の感染症はほとんどの場合、自然治癒しますが、内耳に何ヶ月も水が溜まったり、聴覚に影響することがあります。また、子どもの場合、抗生物質を投与しすぎると、薬に耐性をもつ新種バクテリアが誕生して抗生物質が効かなくなり、治療が非常に難しくなります。NACは現在の治療法よりも安全で効果のある、代替治療法です。

ボディビルダーは、トレーニングの疲労回復を早めるためにNACを摂取します。激しい運動を行うと、血中のフリーラジカルが増えて筋肉の痛みやこわばりを感じます。また、フリーラジカルを除去するために、グルタチオンが消耗されて減少します。NACサプリメントを摂ると血中グルタチオン値が元に戻るため、血中のフリーラジカルが減り、回復が早まります。

MSM(メチル・スルフォニル・メタン)

2千年前、現代医学の父として知られるヒポクラテスは、ニンニクに含まれるイオウ臭をがんなどのさまざまな病気の治療に用いました。

非金属性ミネラルのイオウはすべての体細胞に含まれており、ほとんどすべての休機能に不可欠です。イオウ、とくに吸収率が非常に高いMSM(メチル・スルフォニル・メタン)という有機イオウの効能は、ごく最近になって見直されはじめました(非金属性の有機イオウ「sulfur」とアレルギーを起こしやすい合成薬品の「sulfa」と混同しないように)。

MSMは植物や肉類、卵、乳製品などに含まれています。MSMは体内で酵素や抗体、グルタチオン(体内の主な抗酸化剤)、そのほか軟骨やコラーゲン、毛髪やツメ、皮膚をつくるのに必要な物質です。MSMはアミノ酸(たんばく質を構成する一要素)の生成に不可欠です。

MSMやほかのイオウ化合物がなければ、たんばく質は分子構造をもつことができません。それだけ重要な栄養素ですが、イオウは摂取する過程で破壊されやすいため、食物だけで十分な量を摂るのが難しいのです。とくに、直接的な原因かどうか定かではありませんが、軽度のイオウ欠乏症が多くの病気を引き起こしているのではないかと私は考えます。

いくつかの研究から、MSMがさまざまな病気の治療に有効であることがわかっています。ひどいアレルギー症状やぜんそくに効果があります。

事実、症状がひどい人にビタミンC やほかのバイオフラボノイドと一緒にMSMを摂取することをすすめており、望ましい結なみだめ果が出ています。花粉症のもっともひどい時期でさえ、2 週間から3週間で鼻水や涙目などの不快な症状がすっかり治ったのです。

また、軟骨(クッションの役割をする)の摩耗が原因となる関節炎にも効果があります。私は、最近「関節炎治療薬」として話題となったグルコサミン」とMSMの併用をすすめています。この2つのイオウ化合物は相乗効果があり、イオウとグルコサミンのサプリメントを摂取したら痛みやこわばり、痛覚がやわらいだという報告もあります。

皮膚の再生に必要なコラーゲンの生成を促すため、キズの回復にも重要です。MSMを摂っている人の話では、毛髪やツメが丈夫になり、とくに割れやすいツメや二枚ヅメに効果があるということです。経験からいうと、頭髪の量が少ない人や、髪の色が薄い人に効果があります。
冷えたひざがじんわり温まり炎症も引いたMSMクリームの使用感とその効果

モノラウリン

普通、母乳で育った子どもは、粉ミルクで育った子どもより健康で体力があります。母乳には感染症とたたかう働きがあり、免疫機能を強化する特別な化合物が含まれているためです。

たとえば母乳に含まれる脂肪酸の一種で、モノラウリンという名称で販売されているラウリン酸には強力な抗ウィルス効果があります。ウィルスは抗生物質に抵抗性があり、扱いが非常に難しいといえます。自ら増殖する細菌と異なり、ウィルスは私たちのからだの細胞にとりつき、細胞機能を破壊してはじめて増殖が可能となります。

ウィルスを抑制するためには、増殖を阻止しなければならないのですが、ウィルスを退治するために健康な細胞まで犠牲にしたくはありません。数多くの試験管内テストが行われ、そのうちの何例かは健康な細胞を犠牲にすることなく、ウィルスの増殖を阻止することに成功しています。

十年以上前から、代替医療分野ではモノラウリンを大量のビタミンCと併用することで慢性疲労症候群( エブスタイン・バール・ウィルスやⅠ型、Ⅱ型ヘルペスウィルスが関係するといわれる感染症)やインフルエンザの治療に用いています。

現在、モノラウリンは、健康食品やメールオーダーなどで入手できます。毎日摂取するサプリメントではありまsんが、風邪やインフルエンザ症が出た場合に備えて手元に置いておくとほうがいいでしょう。
効果を最大限に高めるためには筋肉や喉の痛み、頭痛、リンパ腺のはれなど、ウィルスによる症状の出始めに摂取しましょう。
ウイルス感染症で最もよくみられるのは、鼻、のど、上気道に生じるものですからこれらの症状に注意します。

モノラウリンは、最先端の抗ウィルスサプリメントですが、古くからウィルス性の治療には脂肪酸が使われています。乳酸は、毒性がなくアメリカではFDAが一般的に安全とみなす食品添加物法に定められています。また、ヘルペスウィルスにおる感染症に通常、モノラウリンとアミノ酸のリジンを併用します。

モノラウリン

調整ストラペクチン(MCP)

何千年も前、中国の療法士は乳がんの治療にシトラスの皮を使っていました。今日、世界でも指折りのがん研究者らがこの民間伝承治療法についての研究を行っており、予備研究の結果、古代療法士がシトラスの働きを正確に理解していたことがわかっています。

シトラスの皮(普通、シトラスを食べるときに取り除く白く柔らかい部分)には植物の細胞壁に存在する炭水化物の一種、ペクチンが含まれています。オレンジやレモン、グレープフルーツかんきつなどの柑橘類にはとくにべクチンが多く含まれています。

通常のペクチンよりも効果が高く、吸収率もよい調整シトラスペクチン(MCP) は、がん細胞の広がりを遅らせ、とくにメラノーマや前立腺がんなど、治療の困難ながんに効果があります。

「米国立がん研究所ジャーナル」誌に発表された研究報告によると、MCPがマウスのメラノーマ、とくに悪性の皮膚がんの広がりを抑える働きがあるそうです。また、動物実験ではMCPが前立腺がんや乳がん、肺がんなどの広がりを阻害することもわかっています。

試験管内テストにおいては、人間のがん細胞にも同様の効果が見られるため、現在、がん患者を対象にした研究が行われています。しかしアメリカでは、すでにがん治療にMCPを使用している医者もいます。
MCPががん細胞を縛りつけるので、がん細胞は増殖に必要な新しい血管に付着できなくなると考えられています。がん細胞が新しい血管に入りこめなければ、がんは転移しないのです。

栄養士によると、がんを予防できるほど十分なべクチンを摂取するには毎日、グレープフルーツ3個分の柑橘類を(皮も全部丸ごと)食べるのがよいということです。