サ行」カテゴリーアーカイブ

セサミン 体の酸化を防ぎ肝機能を上げる

セサミン 体の酸化を防ぎ肝機能を上げる

セサミン 体の酸化を防ぎ肝機能を上げる 効能 効果 についてです。

セサミン 効能 効果

セサミンはゴマに含まれる成分のひとつで、強い抗酸化作用があります。セサミンが含まれるサプリメントはテレビCMなどメディアでも多く取り上げられているので、知っている人も多いでしょう。ゴマに含まれるセサミンの量は 0.5 % とほんのわずかな量なので、サプリメントの利用が効率的です。

ゴマは世界各地で遙か昔から栽培され、健康に良い食品として大切に扱われてきたといわれます。アフリカが起源地で、日本へは中国経由で伝わってきました。日本で流通しているゴマはほとんどが輸入されているもので、国産のゴマは極少です。

ゴマの成分は半分以上が脂質のためゴマ油としても用いられますが、ゴマ油はほかの油と違い、酸化しません。この抗酸化性は、強い抗酸化力をもっているリグナンという物質によるもので、ゴマの代表的なリグナンがセサミンです。

脂質はオレイン酸、リノール酸が8割くらいを占め、タンパク質も豊富に含んでいて、コレステロールを抑制するのにも効果的です。

ガンや動脈硬化などの生活習慣病といわれる循環器系の病気や老化を招く原因として、活性酸素による生体障害が認められています。そして、この活性酸素を除去するのにゴマリグナンの抗酸化作用が有効だとされています。活性酸素が体内で生成されるのを抑え、肝臓の機能を強化して細胞の老化やガン化を抑制します。

セサミンの摂取によって、活性酸素により酸化した脂肪を抑制することが実験で明らかになっていますが、人の体内でそれが証明されているのは、たくさんある抗酸化物質の中でもゴマ成分とビタミンEだけなのです。

セサミンには肝機能障害を防ぐ働きがあることもわかっています。アルコールを摂取したときの分解速度を上げ、二日酔いを予防するの有効です。活性酸素を撃退するセサミンの強力な抗酸化作用は肝臓まで直接届いて、肝機能を強化・改善するので、アルコールの分解を促進し、悪酔いや二日酔いに効果があります。

飲み方

セサミンのサプリメントには粒があります。悪酔い・二日酔いの防止なら、飲酒の前に摂取することがオススメです。

こんな人にオススメ!

  • 老化予防
  • ガン予防
  • 肝機能の強化
  • 動脈硬化の予防
  • コレステロール値が高い
  • 二日酔い




ごま一筋150余年。老舗かどやの手造り胡麻せんべい

肝機能

シジミ 肝臓の働きを助ける

シジミ 肝臓の働きを助ける

シジミ 肝臓の働きを助ける 効能 効果 についてです。

シジミ 効能 効果

シジミ は、淡水域などに生息する小さな二枚貝。日本では二日酔いに効いたり滋養のある食べ物として、昔から親しまれてきました。

中国でも古くからシジミの薬効が伝えられていて、薬書にはアルコール性肝炎や黄疸に効果があると記されています。現在では、シジミを煮だして抽出したエキスを加工した健康食品が多く流通しています。

シジミには肝臓の働きを助ける成分がたくさん含まれています。その代表的なものとして、メチオニン(必須アミノ酸)や、疲労回復・高血圧の改善に効果的とされているタウリンがあります。そして、これらには胆汁の流れをスムーズにする働きがあります。

胆汁は肝臓でつくられ、腸に運ばれて脂肪の消化を助けます。胆汁の流れが悪くなると肝機能が弱くなったり、黄疸を招いたりします。黄疸(おうだん)とは、ビリルビンという色素が過剰に増加したことが原因で、皮膚や眼球などが黄色っぽく染まった状態をいいます。

また、シジミにはビタミンB12 の含有量が多いのですが、この含有量は魚介類の中では一番です。ビタミンB12 は、血液をつくったり脳細胞を活性したりするほか、肝臓の機能を強化するのにも有効です。肝臓に脂肪が沈着するのを防止するイノシトールも多く含まれています。

さらに、シジミの持つ風味成分のコハク酸には、胆汁の分泌を促す働きがあります。胆汁の分泌が促進されれば肝臓の働きが活発になるのと一緒に、コレステロールが消費されることにつながり増加するのも抑えることになります。

シジミはこのように肝臓の働きを助けますが、それだけでなく、貧血の改善や予防にも有効です。カルシウム、亜鉛、銅や貧血を防ぐ鉄などミネラルも多く、血液の循環を良くし体力をアップさせるといった効果に期待ができます。

飲み方

サプリメントの種類は、粒、顆粒、粉末、エキスドリンクなどがあります。

GOT GPT 高い 数値が不安定なら シジミ ( 使用感 効果 )

こんな人にオススメ!

  • 肝臓障害
  • 黄疸
  • 二日酔い
  • 貧血
  • 疲れやすい

肝機能強化