サ行」カテゴリーアーカイブ

シソの実油でアレルギー症状を抑える

効能・効果

シソ科の植物の種子から採取される油脂をシソの実油(シソ油)といいます。この脂質成分であるα-リノレン酸は、多価不飽和脂肪酸の一種で、体内に入ると代謝でEPAやDHAに変換されます。脂肪をためにくかったり、悪玉コレステロールを減少させたりという働きがあって、アレルギーやガン、血栓の予防に有効です。EPA・DHAには生活習慣病の改善や予防、脳の働きを活発にする作用があるので、これらもシソの実油で期待できます。

シソの実油にはα-リノレン酸が70パーセント近くも含まれ主体となっていますが、このα-リノレン酸の摂取量が増えることでアレルギー作用を抑制することがわかっています。こうして、花粉症やアレルギー性の鼻炎、気管支ぜん息といったアレルギー症状の緩和や改善をします。α-リノレン酸と、もうひとつリノール酸が多価不飽和脂肪酸の代表で、両方ともバランス良く摂取するのが健康な体にとって大切になるのですが、通常はα-リノレン酸のほうが不足しがちです。このようにふたつのバランスが崩れてリノール酸のほうが増えてくると、体にアレルギー反応が出てきます。また、肥満や血栓の誘因にもなります。

健康食品業界ではα-リノレン酸のシソの実油はリノール酸に次ぐ健康油として注目が高まりました。そして、乳ガンや大腸ガンなどの抑制・予防の有効性など、α-リノレン酸の独自の効果がたくさんの研究や試験によって明らかにされてきました。シソの実油のサプリメントが、アレルギー症状を引き起こすロイコトリエンという生理活性物質の産出を抑え、アレルギーによる炎症反応に対して抑制的に働くことも認められています。

なお、シソのもつ特有の香りはペリルアルデヒドという成分によるもので、防腐作用があります。お刺身にシソの葉が添えてあるのはそのためで、鮮度を保ち食中毒を予防します。

飲み方

アレルギーの症状に合わせて継続して摂取します。花粉症やアレルギー性鼻炎に対しては、甜茶やバラの花のエキスなどとの併用が可能でより効果的であるとされています。

こんな人にオススメ!

  • アレルギー症状に悩んでいる
  • 肥満
  • ガンの予防
  • 血栓の予防
  • 脳の活性

花粉やホコリなどに負けないカラダづくりに役立つ、植物由来の7つの成分がバランス良く配合されたサプリメント。むずむず対策におすすめです。

肝臓の働きを助けるシジミ

効能・効果

シジミは、淡水域などに生息する小さな二枚貝。日本では二日酔いに効いたり滋養のある食べ物として、昔から親しまれてきました。中国でも古くからシジミの薬効が伝えられていて、薬書にはアルコール性肝炎や黄疸に効果があると記されています。現在では、シジミを煮だして抽出したエキスを加工した健康食品が多く流通しています。

シジミには肝臓の働きを助ける成分がたくさん含まれています。その代表的なものとして、メチオニン(必須アミノ酸)や、疲労回復・高血圧の改善に効果的とされているタウリンがあります。そして、これらには胆汁の流れをスムーズにする働きがあります。胆汁は肝臓でつくられ、腸に運ばれて脂肪の消化を助けます。胆汁の流れが悪くなると肝機能が弱くなったり、黄疸を招いたりします。黄疸(おうだん)とは、ビリルビンという色素が過剰に増加したことが原因で、皮膚や眼球などが黄色っぽく染まった状態をいいます。また、シジミにはビタミンB12の含有量が多いのですが、この含有量は魚介類の中では一番です。ビタミンB12は、血液をつくったり脳細胞を活性したりするほか、肝臓の機能を強化するのにも有効です。肝臓に脂肪が沈着するのを防止するイノシトールも多く含まれています。

さらに、シジミの持つ風味成分のコハク酸には、胆汁の分泌を促す働きがあります。胆汁の分泌が促進されれば肝臓の働きが活発になるのと一緒に、コレステロールが消費されることにつながり増加するのも抑えることになります。シジミはこのように肝臓の働きを助けますが、それだけでなく、貧血の改善や予防にも有効です。カルシウム、亜鉛、銅や貧血を防ぐ鉄などミネラルも多く、血液の循環を良くし体力をアップさせるといった効果に期待ができます。

飲み方

サプリメントの種類は、粒、顆粒、粉末、エキスドリンクなどがあります。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ) | 実際に試してみた効果(レビュー)

こんな人にオススメ!

  • 肝臓障害
  • 黄疸
  • 二日酔い
  • 貧血
  • 疲れやすい

ザクロで更年期障害を軽減

効能・効果

ザクロはイランなど中近東を原産とする落葉樹につく果実です。ザクロには、女性ホルモンと同じ様な働きをするエストロゲンという成分が含まれています。エストロゲンは種子に集中して含まれているのですが、人と同じ分子構造をもっています。天然エストロゲンの女性ホルモン様作用で、ザクロがブームになったときには、ザクロを原料にした果汁飲料、濃縮エキス液や錠剤などが登場しました。女性の体は、40歳を過ぎると卵巣の機能が低下することにより女性ホルモンが減少します。それによって体調にいろいろな変化があらわれ老化していきます。ザクロは、この女性特有の不快な症状の改善に役立つとされている、ホルモン様食品のひとつです。

女性ホルモンの分泌量が低下すると、生理不順、めまい、のぼせ、イライラ、食欲不振などが起こるようになり、予防や治療にはホルモン剤が処方されますが、ホルモン剤の服用には副作用がともなうことから注目されたのが、女性ホルモンと同じ様な構造であり体内でホルモンのように働く、この天然の成分です。ザクロをはじめとしたホルモン様食品からの女性ホルモンの摂取は根本的に科学的なホルモン療法とは違っていて、安心して摂取することができます。憂鬱な症状がある軽度の更年期障害に対しての症状の改善には有効です。また、女性らしい体型や肌のハリを保ったり、骨を丈夫にするのにも期待できます。

ほかにホルモン様食品として知られているのは、大豆イソフラボンやナツメヤシです。大豆イソフラボンはその代表的なものであり、もともと大豆の摂取量が多い日本人女性は乳ガンになる率が少ないとされています。

ザクロのジュースやサプリメントは種子から採取されたエキスが配合されている確かなものを選ぶよう、注意しましょう。あまり価格の安いものには有効成分の含有量が少なく、効果のほども期待できないかもしれません。ただし、価格が高いからといって効果があるとは限りません。自分が信頼できるものを選びましょう。

飲み方

ジュースのほか、サプリメントには粒や顆粒があります。量の摂りすぎで嘔吐や下痢を起こすことがありますので注意しましょう。

こんな人にオススメ!

  • 更年期障害の緩和
  • 骨粗鬆症の予防
  • 肌にハリがない
  • 髪に潤いがない

サイリウムで腸の調子を整える

効能・効果

サイリウムは、地中海地域やインドなどで栽培されるプランタゴ・オバタというオオバコ科の一種の植物の種皮から得る食物繊維です。インドではイサゴールとも呼ばれます。種皮にはキシロース、アラビノースなどからなる粘性多糖を主成分に、ペクチンやヘミセルロースなどが含まれています。その種子の外皮には食物繊維が多く含有されていて、これまでにも便秘の治療などに用いられてきました。

サイリウムは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいて、それぞれの食物繊維が体内で作用します。水溶性の食物繊維は体内でゲル化し食べたものの消化吸収の速度を抑えて、急激な血糖値の上昇や血中コレステロールの上昇を抑えます。また、水に溶け便に水分を含ませて便をやわらかくします。一方、不溶性の食物繊維は水分を含むと何十倍にも大きくふくらみ、腸のぜん動運動を促して便通を整えます。このことから、満腹感を与えられるため、ダイエットにも有効であるとされています。食べ過ぎを防ぐのにありがたい成分です。ほかに、体内の有害物質を吸着して便と一緒に排出する働きがあります。

日本では、おなかの調子を整えるとして、トクホ(特定保健用食品)に認められているサイリウムを原料にした健康食品もたくさんあります。キレイで健康な腸になることは、全身の健康にも大きく影響します。

一般的に特に問題となる副作用などは知られていません。妊婦さんや授乳中の人は注意が必要です。

飲み方

サプリメントには、粉末や粒などの種類があります。サイリウムは水分によりふくらむので、摂取するには水を多めに飲みましょう。

こんな人にオススメ!

  • 腸の調子を良くしたい
  • 便秘を解消したい
  • つい食べ過ぎてしまう
  • コレステロール値が高い
  • 糖尿病の予防
  • 動脈硬化の予防

サイリウムを主原料にしたトクホのイサゴールはこちら。便秘改善にとてもメジャーな健康食品です。