ハ行」カテゴリーアーカイブ

ハトムギ ( ヨクイニン ) 肌荒れやイボに

ハトムギ ( ヨクイニン ) 肌荒れやイボに

肌荒れやイボには ハトムギ ( ヨクイニン ) の 効能 効果 が役立ちます。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。古くから健康・美容のために用いられ、食用と薬用に利用されてきました。栄養成分を豊富に含んでいますが、中でも、タンパク質は新陳代謝を活発にします。この働きが、肌荒れに効くと考えられています。

ハトムギ ( ヨクイニン ) 効能 効果

ハトムギ(はと麦)は、中国の南部から東南アジアが原産地のイネ科の一年草作物。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。日本へは中国や朝鮮半島を経由して伝来してきたという説があります。

ハトムギの種子は古くから健康や美容のために用いられ、食用として、皮をむいて煎ったりお団子などにして食べられてきました。

また、漢方では外皮をむいたものをヨクイニンといい、イボを取るのに効果があるとされ薬として利用されてきました。さらに神経痛やリウマチ、関節炎などの鎮痛にも用いられてきました。栄養価が高く新陳代謝を盛んにすることから、現在では多くの種類の食品が開発され、健康食品としても愛用されるようになりました。

ハトムギに含まれているコイクセノリドという成分には抗腫瘍作用があり、皮膚上や体の内部にできたイボ状のものを消す効果があります。タンパク質や脂質、カルシウム、カリウム、リンや鉄といったミネラル分、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれ、非常に栄養豊富なのですが、特にタンパク質は良質なアミノ酸でできていて、新陳代謝を活発にします。そしてこの働きこそが、肌荒れに効果的であると考えられています。

ほかにも、新陳代謝による利尿作用があり、余分な水分や熱を体の外に排出するため、むくみや痛みなどの症状を緩和します。神経痛やリウマチの痛みを和らげるにはお粥にして食べるのが良いといわれますが、手軽に摂りたい人にはサプリメントが良いでしょう。

ハトムギエキスは、美容面では皮膚に塗ると保湿や美白作用があることも知られていて、基礎化粧品に配合されていることも多いです。このように、美肌を保つために役立ちます。

飲み方

ハトムギ茶として飲まれることが一般に多いですが、サプリメントの種類には、粒や顆粒、粉状のものなどがあります。 ※子宮の収縮を促進する可能性があるため、妊婦さんは摂取を避けましょう。また、授乳中の人は過剰摂取を避けたほうが安全です。

こんな人にオススメ!

  • イボを消したい
  • 肌荒れが気になる
  • むくみやすい
  • 神経痛・リウマチの痛みの緩和

美肌

発酵はとむぎ スーパーゴールド 口コミ 使用感 効能 効果 一覧 | impressions

ポリフェノール 老化予防、生活習慣病予防

ポリフェノール 老化予防、生活習慣病予防 についての情報です。ポリフェノールは、植物や樹皮などが持つ色素や香り、苦みや渋みの成分で、ファイトケミカルと呼ばれます。そして、その多くが抗酸化作用をもっています。ファイトケミカルにはおよそ4000種もの種類があるといわれていますが、そのうちのひとつとしてよく知られているのがポリフェノールです。

ポリのフェオール 効能 効果

ポリフェノール アントシアニン

ポリフェノール アントシアニン

ポリフェノールは、植物や樹皮などが持つ色素や香り、苦みや渋みの成分で、ファイトケミカルと呼ばれます。

そして、その多くが抗酸化作用をもっています。ファイトケミカルにはおよそ 4000 種もの種類があるといわれていますが、そのうちのひとつとしてよく知られているのが ポリフェノール です。「抗酸化」とは、植物自身が紫外線や害虫などから身を守るために備えてきた防衛システムであり、細胞の酸化を防止することによってDNAを損傷せずに老化を抑えます。

ポリフェノールだけでも 300 種類以上もありますが、大きく分けると次の 3 つに分類されます。 1 つめは、天然のフラボノイド。大豆のイソフラボンやぶどうのアントシアニン、緑茶のカテキン、ココアのケルセチンなどがフラボノイド類です。

2 つめは、コーヒー豆やリンゴなどの果実に含まれるカフェイン酸と、その複合体でゴマに代表される リグナン です。そして3つめは、お茶や赤ワインに含まれることで知られているタンニンです。

これらのポリフェノールは、血液をサラサラにして、体内の活性酸素を除去します。水溶性も脂溶性も関係なく、すべてが抗酸化作用を発揮します。私たちの体内でも SOD という酵素がこういった働きをしていますが、ストレスや食生活、強い紫外線や環境汚染などによっても現代社会では細胞が日常的に損傷されやすくなっています。

ですから、ポリフェノールの強力な抗酸化作用が様々な病気の予防につながることが期待されています。

活性酸素は身体に侵入してきた病原体を撃退するのに必要不可欠ですが、体内で量が増えすぎると悪影響をもたらし、様々な生活習慣病を引き起こすようになります。

例えば、血管が活性酸素に傷つけられれば動脈硬化になるし、脳なら脳卒中、心臓なら心筋梗塞、遺伝子が傷つけられた場合はガンになりますが、ポリフェノールがファイトケミカルとして、このような生活習慣病の予防や改善をします。ポリフェノールを含む食品を多く摂取することで血液がサラサラになり、血管の老化を防ぐのにも役立ちます。

また、シミやシワなどの肌のトラブルを予防、改善するアンチ・エイジングの効果でも注目されています。

飲み方

サプリメントの種類には、粒タイプ、チュアブルタイプ、飲料タイプなどがあります。生活習慣病の予防・改善には、短期では効果が期待できないので、継続して摂取します。また、ビタミンCと併用すると、酸化されたポリフェノールを修復させます。

こんな人にオススメ!

  • 動脈硬化の予防
  • 高血圧の予防
  • ガンの予防
  • 美肌を保ちたい
  • 更年期障害の改善