ハトムギは肌荒れやイボに

効能・効果

ハトムギ(はと麦)は、中国の南部から東南アジアが原産地のイネ科の一年草作物。タンパク質やビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいます。日本へは中国や朝鮮半島を経由して伝来してきたという説があります。

ハトムギの種子は古くから健康や美容のために用いられ、食用として、皮をむいて煎ったりお団子などにして食べられてきました。また、漢方では外皮をむいたものをヨクイニンといい、イボを取るのに効果があるとされ薬として利用されてきました。さらに神経痛やリウマチ、関節炎などの鎮痛にも用いられてきました。栄養価が高く新陳代謝を盛んにすることから、現在では多くの種類の食品が開発され、健康食品としても愛用されるようになりました。

ハトムギに含まれているコイクセノリドという成分には抗腫瘍作用があり、皮膚上や体の内部にできたイボ状のものを消す効果があります。タンパク質や脂質、カルシウム、カリウム、リンや鉄といったミネラル分、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれ、非常に栄養豊富なのですが、特にタンパク質は良質なアミノ酸でできていて、新陳代謝を活発にします。そしてこの働きこそが、肌荒れに効果的であると考えられています。

ほかにも、新陳代謝による利尿作用があり、余分な水分や熱を体の外に排出するため、むくみや痛みなどの症状を緩和します。神経痛やリウマチの痛みを和らげるにはお粥にして食べるのが良いといわれますが、手軽に摂りたい人にはサプリメントが良いでしょう。

ハトムギエキスは、美容面では皮膚に塗ると保湿や美白作用があることも知られていて、基礎化粧品に配合されていることも多いです。このように、美肌を保つために役立ちます。

飲み方

ハトムギ茶として飲まれることが一般に多いですが、サプリメントの種類には、粒や顆粒、粉状のものなどがあります。 ※子宮の収縮を促進する可能性があるため、妊婦さんは摂取を避けましょう。また、授乳中の人は過剰摂取を避けたほうが安全です。

こんな人にオススメ!

  • イボを消したい
  • 肌荒れが気になる
  • むくみやすい
  • 神経痛・リウマチの痛みの緩和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です