免疫力の向上にケール

効能・効果

ケールは青汁の主原料でおなじみのアブラナ科の植物。原産地は温暖な気候の地中海沿岸地域です。キャベツの原種に近く、一種ではありますが、結球はしません。つまり、キャベツや白菜のように葉が重なりあって球状になることはなく葉が広がるので、どの葉も太陽の光をいっぱいに浴びて緑色になります。サラダや炒めものにして料理できることから家庭菜園でも好まれて栽培されてきましたが、栄養成分にとても優れているため、青汁の原料として栽培され使われています。

この緑色のケールの葉には栄養成分が豊富で、緑黄色野菜の中でもビタミン、ミネラルの含有量はとても多く、食物繊維や葉緑素も含まれます。なかでもビタミンA(β-カロテン)、ビタミンCが多く含まれています。ある青汁の製造メーカーによると、キャベツと比較した場合、カルシウムは3.5倍、ビタミンC、ナトリウムやカリウムは2倍、β-カロテンにいたっては、なんとおよそ30倍も含まれているそうです。

ケールに多く含まれるこのβ-カロテンには、活性酸素を抑制する強い抗酸化作用があります。活性酸素は心臓の病気や動脈硬化などを引き起こす原因となる物質であり、老化の元になるともいわれてるので、ケールの青汁を摂取することで生活習慣病や老化を予防する効果が期待できます。また、β-カロテンは体内のビタミンAが不足したときにはビタミンAに変化して働くという機能があって、目や口・鼻などの粘膜の増強、肌荒れの予防や視力の回復などにも役立ちます。

青汁製造メーカーが女性を対象に行った血液検査では、毎日一定量の青汁を一ヶ月間ほど摂取したところ、免疫力を高めるNK(ナチュラルキラー)細胞の活性化が認められています。免疫力の向上は、風邪からガンまで様々な病気の予防に効果的です。

飲み方

青汁として粉末タイプが主流。粒タイプもあります。健康な人が摂取するぶんには摂りすぎの心配は特にありません。カリウムを多く含むものについては、腎臓疾患のある人は注意が必要です。

こんな人にオススメ!

  • 風邪をひきやすい
  • 目が疲れる
  • 肌荒れが気になる
  • ガンの予防
  • 動脈硬化の予防

おいしい青汁|青汁畑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です