クロレラで免疫機能を強化する

効能・効果

クロレラは淡水にすむ植物プランクトンで藻の一種。アオノリと同じ緑藻類の仲間です。クロレラにはタンパク質をはじめ、アミノ酸、ビタミン類、ミネラル、食物繊維といった栄養素が豊富に含まれています。成分の50パーセント以上が良質のタンパク質でできていて、古くから注目されてきました。その組成は緑黄色野菜のかぼちゃやほうれん草に似ていて、クロレラを摂取することで緑黄色野菜を食べるのと同じような栄養素を摂ることができます。栄養補給源として優れていて、比較的安全性が高く、いろいろな病気の予防や改善に利用されています。

多くの有効作用がありますが、近年では体の抵抗力を高める食品として期待されています。また、体内の有害物質、汚染物質などを除去し解毒する作用が注目を集めています。それは、クロレラの摂取によるアルブミン値の上昇にあります。アルブミンは体内で一番強力な抗酸化物質といわれていて、ビタミン、ミネラル、脂肪酸などを運び、また体内の毒素を細胞から除去して解毒するために肝臓へと運ぶ働きをしています。アルブミン値が上がるのは肝臓や腎臓の機能が良く、毒素の排出や免疫機能を強化していることにつながります。

クロレラは藻の一種で葉緑素(クロロフィル)の含有量が多いのですが、この葉緑素には抗酸化作用があって、生活習慣病の予防や改善に効果的です。臨床実験では、高血圧、コレステロール値、中性脂肪値の改善効果が認められています。

一般の食材に近い成分なので、副作用は特に知られてはいませんが、人によってはアレルギー症状や過敏症を起こすこともあるようです。

飲み方

サプリメントには粒、粉末、エキスなどがあります。空腹時に摂取すると、より効果的です。

こんな人にオススメ!

  • 疲れやすい
  • 風邪をひきやすい
  • 肝・腎機能の強化
  • 高血圧
  • コレステロール値が高い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です