毛細血管を強くするルチン

効能・効果

ルチンはビタミンPに含まれるビタミン様物質です。ビタミン様物質というのは、ビタミンに似た作用があったり、ビタミンの働きを助けたりするもので、人間が体内でつくり出すことができる物質です。柑橘系の黄色い色素のフラボン類とともにフラボノイド化合物とも呼ばれます。

日本人の身近な食品では、ソバに多く含まれています。特に、少し苦味のある「ダッタンソバ」には、普通のソバの60~100倍ものルチンが含まれているそうです。熱に弱い性質で、ソバを茹でると、せっかくの栄養成分がお湯に流れ出てしまうので、ソバを食べる時に一緒にソバ湯を飲むのが良いといわれています。ほかには、グリーンアスパラガスやトマト、オレンジ・グレープフルーツ・レモンなどの柑橘類の果皮、クランベリーやクワの実などにも含まれます。食品からのルチンの摂取量については、一日に30ミリグラムが理想的で、2回に分けて摂るのがよいです。

ルチンには、健康に良いさまざまな効能があるとされています。特に血流の改善に優れていて、毛細血管を強化する働きがあることが知られています。毛細血管に弾力がついて丈夫になれば、血液の流れがスムーズになります。その結果、血栓からおこる高血圧や動脈硬化などの症状の改善、予防につながります。脳細胞の活性化にも効果的です。歯ぐきからの出血や、打撲でできるアザなど内出血を防ぐ働きもあります。

また、ルチンは鼻づまりなどのアレルギー反応を引き起こすヒスタミンの分泌速度を遅らせることがわかっていて、アレルギー疾患に対する治療薬として使われることもあります。

そのほか、ルチンには、ビタミンC の吸収を良くして機能を助け、効果を高める作用があります。ビタミンC の機能が強化されるとコラーゲンの合成が促進されます。血管や細胞の機能を補う体内での働きと、シミやしわ、たるみを防いで、外見的な効果としては肌の老化を予防します。ビタミンC は抗酸化作用が強く、免疫力を高める効果があり、ルチンの摂取は風邪をはじめとしたウイルス性の感染症やガンの予防にも役立ちます。疲労回復にも効果があります。これらのことから効率良く効果的に摂取できるので、ビタミンC と一緒に摂るのがおすすめです。

飲み方

サプリメントの種類には、粒タイプやカプセルタイプなどがあります。また、ソバ茶からもルチンの摂取ができます。ただし、ソバから抽出されたルチンには、不純物としてソバアレルギーの原因たんぱく質が含まれる可能性があるので、ソバアレルギーの人は摂取しないでください。

こんな人にオススメ!

  • 血圧が高い
  • アレルギー症
  • 血栓・動脈硬化の予防
  • ガンの予防
  • 肌の老化予防

血管を強くするサプリ(ルチン)一覧はこちら

毛細血管を強くするルチン」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 色の濃い穀物で食物繊維をたくさん摂る | 便秘を解消しよう!

  2. ピンバック: はまぐりやイカは血圧上昇を防ぐ | 血管はもっと若返る

  3. ピンバック: ビタミンB17は存在するのか? | ビタミンQ&A

  4. ピンバック: 血管を強くするルチンが血圧を下げる「そば」 | 高血圧の治療と日常生活・食事

  5. ピンバック: ビタミンB17は存在するのか? | ビタミン Q & A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です