コエンザイムQ10でアンチエイジング

効能・効果

コエンザイムQ10といえば、アンチエイジングで女性に注目され、その言葉を知っている人も多いでしょう。ビタミンQ、補酵素Q10などとも呼ばれ、体内で合成される補酵素で、エネルギーを生産するための必須成分です。もともと体内で合成されるものですが、量には個人差があって、しかも年齢を重ねるにしたがって減少していきます。不足すると細胞や臓器の機能が低下して、肌の老化、疲れ、肩こり、冷え性など特に女性には厳しい自覚症状が現れるようにもなります。加齢は誰もが避けられないことですが、老化は予防したり遅らせることができます。

日本では心臓の疾患に対し有効な医薬品として用いられてきましたが、2001年に厚生労働省により食品・医薬品の区分が改正されたことで、健康食品として認められ販売されるようになりました。アメリカでは既にコエンザイムQ10が体に活力を与えるサプリメントとして人気を得ています。

コエンザイムQ10は、心臓からの血液の循環を促し、狭心症、心筋梗塞、心不全などの予防や改善に効果的であるとされています。エネルギー源となる物質をつくるのに必須で、この働きが鈍ると細胞内のエネルギーの水準が低下してしまいます。そのほか、酸化ストレスに対しての作用が注目されます。酸化ストレスとは不規則な生活をおくることやストレスを抱えること、喫煙などによって体内で活性酸素が発生し増加するものです。コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があって、ビタミンEやビタミンB6などの抗酸化ビタミンとの相乗効果により、この酸化ストレスを減少させたり老化を防止することがわかっています。このように、コエンザイムQ10を補充することで、体内の酸化と抗酸化のバランスを保ち、体が酸化するのを防いで健康を維持することが期待されます。

飲み方

サプリメントの種類にはソフトカプセルや錠剤があります。コエンザイムQ10は脂溶性なので、錠剤の場合、油と一緒に摂ることでより吸収されます。

こんな人にオススメ!

  • 心臓疾患の予防・改善
  • 動悸や息切れがする
  • 生活が不規則
  • ストレスが多い
  • 老化の予防

ダイエット目的でコエンザイムQ10を活用するのであれば、効果を最大限にしたければ、コエンザイムQ10、L-カルニチン、αリポ酸の3つを摂取するといいようです。こちら
αリポ酸は炭水化物がブドウ糖になり、プリビン酸になりますがαリポ酸はピルビン酸をアセチルCoAに変える手助けをし、L-カルニチンは、脂質が脂肪酸になったものを、また運動によって体脂肪が脂肪酸になったものをミトコンドリアに運び、コエンザイムQ10は、電子伝達系でATPを助ける手助けをし、3つがそれぞれ役立ちます。
3つの成分を配合したサプリがキングオブベスト3サプリ アップグレードです。人気の商品で在庫切れになっているショップも増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です