ルテインは目の網膜を保護する

効能・効果

ルテインは強い抗酸化力を持つカロテノイドの一種で、黄色の天然色素です。身近な食品では、ホウレンソウ、カボチャ、ニンジン、ブロッコリーといった緑黄色野菜に含まれ、また、マリーゴールドという花に多く含まれていることが知られています。人間の体内にも存在し、特に目にある水晶体や黄斑部(おうはんぶ)という部分にもともと存在している成分で、黄斑変性症や白内障などの加齢による目の病気の予防や症状の改善に対する効果が期待されています。

ルテインは、目の老化を引き起こす活性酸素を抑えたり、テレビや携帯電話などの電子機器が発する有害な青色の光や紫外線を吸収したりと、目を守る働きをしています。

目は、まぶたを開けている間、休むことなく光にさらされています。光には紫外線を含む日光や、蛍光灯、パソコン、テレビ、携帯電話などから発生する青色の光があり、活性酸素を発生させる要因となります。青色の光は波長が短く特に力の強い光であるといわれていて、視細胞に与えるダメージも大きいため、情報化社会である現代は、人間の目にとても活性酸素が発生しやすい環境であるといえます。

目の奥の網膜は光の刺激を神経信号に変えますが、光が網膜に達すると視神経が障害を受けます。水晶体や黄斑部に存在するルテインは有害な光を吸収することで網膜を守ります。老化とともに発症する加齢黄斑変性症は視力障害や失明の原因にもなりますが、抗酸化作用の強いルテインには、活性酸素を除去したり、過剰な発生を防ぐ効果があります。

ルテインは人間の体に存在していますが、体内で合成できない栄養素です。さらに、体内に存在するルテインは、加齢やストレス、偏った食生活、喫煙などによっても減少していきます。黄斑変性症や白内障をはじめとする眼病が加齢によって増加するのは、体内のルテイン量が年齢とともに減少していくことに関係がある可能性も考えられていて、目の健康を維持するために、普段の食事やサプリメントからルテインを積極的に摂取することが大切です。

ルテインのサプリメントに配合されている種類は、2種類あります。それは、「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」(エステル体)と呼ばれるルテインです。フリー体ルテインは体内に存在するものと同じ形に精製されたルテインであり、サプリメントとして摂取した後に形を変えずに吸収されます。一方、ルテインエステルはフリー体ルテインに脂肪酸が結合されたもので、抽出されて未精製のルテインを指します。こちらは、人の体内に入ってもそのまま吸収されません。摂取されると、体内で酵素によって脂肪酸をルテインから分離することで、フリー体ルテインに変化してから吸収されます。

同じ配合量が記載されている場合でも、使用されている原料がフリー体ルテインかルテインエステルかによって実際に吸収される量は異なります。吸収が良いのはフリー体だという説とエステル体だという説の両方があり、専門家の意見も分かれています。

飲み方

サプリメントでルテインを効果的に摂取するには、ビルベリーエキスを配合したサプリメントと一緒に摂取すると、吸収量が向上するといわれています。

こんな人にオススメ!

  • 加齢黄斑変性症の予防
  • 白内障の予防
  • 視力を保ちたい
  • 美肌を保ちたい

 → ルテインについて、もっと詳しくはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です