血栓の予防にEPA・DHA

効能・効果

血管内にできる血液の固まり(血栓)が、心筋梗塞や脳梗塞の発症に大きな関わりをもっています。血管が詰まると高血圧などの循環器系の病気の原因にもなります。つまり血栓をできないようにすることで、こういった病気を予防することができるのです。これらに有効なのが、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)の摂取です。EPA・DHAは、サンマ、サバ、イワシ、マグロなどの青魚や赤身の魚に多く含まれています。不飽和脂肪酸といい、人の体内ではつくられないため食品から摂取するしかない必須脂肪酸です。EPAとDHAは、どちらも共に血流を正常化する効果があります。

EPAは血液を固まりにくくする働きがあり、血管内に吸収されても血小板を固めることがなく血管を詰まらせません。これと逆に作用し血液を固まりやすくするのが、肉などに含まれるアラキドン酸。血小板に作用して血栓ができやすくなります。このアラキドン酸も、実は、EPA・DHAと同じ不飽和脂肪酸なのですが、その中でも作用が違い、血液をドロドロにします。両方バランス良く摂るのが良いのですが、食の欧米化などにより現代の日本人には、EPA・DHAが不足しています。そのほか、EPAはアトピー性皮膚炎や、ぜん息、花粉症といったアレルギー疾患の予防や症状の改善にも有効とされています。

DHAは血液中にその量が増えると細胞が柔軟になり、毛細血管のように細い血管の中も血液が流れやすくなります。動脈硬化の防止、コレステロールの上昇を防止します。そのほか、DHAは、EPAの働きにプラスして脳の働きを高める効果があります。よく頭が良くなるなどといわれますが、学習記憶能力を維持するのに大切な役割をもっていたり、眼の健康維持にも効果が期待できます。

食べるのが苦手な人もいるでしょうから、サプリメントにも頼りましょう。EPAとDHAが配合されたサプリメントが多いです。

飲み方

EPAは、サプリメントで過剰摂取すると血液が固まりにくくなり、出血しやすくなるので注意が必要です。種類は粒やカプセルタイプがあります。カプセルのゼラチン等の比率は一粒中に全量の半分以下のものを選びましょう。

こんな人にオススメ!

  • 血栓の予防
  • 痴呆の予防
  • 高血圧
  • アレルギー体質
  • 眼の健康維持
みやび

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress

サプリメント