レモンバームはリラックスのハーブ

効能・効果

レモンバームは南ヨーロッパ原産のシソ科の多年草です。別名を「メリッサ」といいます。このメリッサという名前には花の蜜を求めるハチが集まるミツバチの葉というような意味があります。ミツバチからとれるハチミツが唯一の甘味料だった時代には、とても価値の高い植物でした。

このようにミツバチと縁の深いレモンバームですが、そのパワーが注目されています。レモンバームは高血圧、神経性の消化不良、頭痛、ストレスなどに良いとされ、さらに脳の活性化や若返りといったうれしい働きがあります。ヨーロッパでは昔から、毎日飲み続ければ長生きすると言われ「長寿のハーブ」と呼ばれて親しまれてきました。

レモンバームの魅力は、何といってもその爽やかな香り。名前のとおり、レモンに似た爽やかで甘い香りがします。レモンとミントを合わせたような香りを嗅ぐだけでも、イライラや気分の落ち込みを取り除き、爽快感を与えてくれます。

見た目にもきれいで、料理やデザートに添えものに最適です。生の葉は、ハーブティーのほか、サラダ、ドレッシングといった料理に活用できます。レモンのような酸味はありません。摘みとった葉は乾燥させてハーブティーやポプリなどにも用います。また、葉や茎から抽出された精油(エッセンシャルオイル)は、緊張をやわらげ鎮静作用、リラックス作用があるため、アロマテラピーに利用されます。不安な気持ちを鎮め、悲しみを追い出し、気分を高めてくれるハーブです。ほかにもシトラール、シトロネラールなどの香り成分が含まれていて、花粉症に伴うイライラを沈める働きもあり、精神的ストレスの解消に役立ちます。

レモンバームにはアレルギー症状を緩和する効果があり、花粉症に対し優れた効力があることがわかっています。疲労回復、花粉症の予防にレモンバームティーがおすすめです。花粉症にはミントやシソなどのシソ科のハーブに含まれるポリフェノールが有効だといわれ、シソ科であるレモンバームでも効果的だということです。玉川大学の研究では、数あるハーブの中でも、このレモンバームが抗アレルギー作用ではとても高い効果があることが確認されています。

レモンバームのロズマリン酸というポリフェノール化合物は、生活習慣病の原因となりストレスがたまると増える活性酸素を除去する力が優れています。炎症を阻止する作用、血小板の凝集を抑制する作用があり、血流が良くなることで筋肉のコリを和らげます。

ほかに、解熱作用があり、風邪やインフルエンザによる発熱・頭痛を緩和します。消化促進作用があり、胃腸の調子を整えストレスからくる消化不良などを緩和します。

飲み方

レモンバームのサプリメントには、粉末や飲料タイプなどがあります。薬を飲みたくない人、眠気やだるさが気になる人はサプリメントを利用するとよいでしょう。妊婦さんや授乳中の人は摂取しないでください。

こんな人にオススメ!

  • アレルギー症
  • ストレスが多い
  • 疲れやすい
  • 消化不良
  • 肌荒れが気になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です