調整ストラペクチン ( MCP )

調整ストラペクチン ( MCP ) に関する情報です。がん細胞の広がりを遅らせ、とくにメラノーマや前立腺がんなど、治療の困難ながんに効果があります。

何千年も前、中国の療法士は乳がんの治療にシトラスの皮を使っていました。今日、世界でも指折りのがん研究者らがこの民間伝承治療法についての研究を行っており、予備研究の結果、古代療法士がシトラスの働きを正確に理解していたことがわかっています。

シトラスの皮(普通、シトラスを食べるときに取り除く白く柔らかい部分)には植物の細胞壁に存在する炭水化物の一種、ペクチンが含まれています。

オレンジやレモン、グレープフルーツかんきつなどの柑橘類にはとくにべクチンが多く含まれています。 通常のペクチンよりも効果が高く、吸収率もよい 調整ストラペクチン ( MCP ) は、がん細胞の広がりを遅らせ、とくにメラノーマや前立腺がんなど、治療の困難ながんに効果があります。

「米国立がん研究所ジャーナル」誌に発表された研究報告によると、 調整ストラペクチン ( MCP ) がマウスのメラノーマ、とくに悪性の皮膚がんの広がりを抑える働きがあるそうです。

また、動物実験ではMCPが前立腺がんや乳がん、肺がんなどの広がりを阻害することもわかっています。 試験管内テストにおいては、人間のがん細胞にも同様の効果が見られるため、現在、がん患者を対象にした研究が行われています。

しかしアメリカでは、すでにがん治療に 調整ストラペクチン ( MCP ) を使用している医者もいます。 調整ストラペクチン ( MCP ) ががん細胞を縛りつけるので、がん細胞は増殖に必要な新しい血管に付着できなくなると考えられています。

がん細胞が新しい血管に入りこめなければ、がんは転移しないのです。 栄養士によると、がんを予防できるほど十分なべクチンを摂取するには毎日、グレープフルーツ3個分の柑橘類を(皮も全部丸ごと)食べるのがよいということです。

りんごの「ペクチン」は大腸ガンを予防