体力の向上にエゾウコギ

効能・効果

エゾウコギ(蝦夷ウコギ)は、日本では北海道東部に自生するウコギ科の植物で、シベリアニンジンとも呼ばれています。根皮が薬用として用いられ、刺五加(しごか)または五加皮(ごかひ)という生薬名があります。根にはサポニンという成分が含まれ、滋養強壮に有効であるとされています。幹に大きくてかたい棘(トゲ)があることから、その昔、北海道の開拓民たちには邪魔な雑草として、とても嫌われていたそうです。中国ではなんと約2000年も前から、このエゾウコギの根が薬用として利用されていたといいます。1968年には、旧ソ連の科学アカデミーが『極東地区の新しい薬草・エレウテロコックス(命の根)』として発表し、耐久力や抵抗力を増強し、作業能率を向上させる、疲労回復に役立つなど、現在もエゾウコギの薬効が研究されています。

これまでの研究などから明らかになっているのは、エゾウコギの根には、肉体的・精神的苦痛、疲労、ストレスを感じにくくするといわれている成分『β(ベータ)-エンドルフィン』の血中濃度を上げる作用があることです。このβ-エンドルフィンには免疫細胞の活性化や体の防御機能を高める働きをする重要な役割があり、エゾウコギを摂取することでβ-エンドルフィンの分泌を促し、免疫力・体力が向上して病気にもかかりにくくなるのです。

副作用については、明らかになっていないようです。ただ、まれに軽い下痢をおこすことがあります。

血圧を高める効能があるので、高血圧の人は服用するのに注意が必要です。

飲み方

即効性はありませんので、長期にわたり摂取します。根から抽出したエキスを濃縮させた粉末や錠剤、カプセル、ドリンクやお茶など、種類は様々です。

こんな人にオススメ!

  • 虚弱体質
  • カゼをひきやすい
  • 運動能力の向上
  • ストレスが多い

エゾウコギには体の機能のバランスを整える他、心身を健やかに保つ働きが。イライラと戦い肉体的・精神的なくたびれ感をケアする働きは、慌しい日々を送る現代人にとって大変心強い味方です。体力&気力ともに健やかでいることは体調を整えることにも繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください