関節障害にコンドロイチン

効能・効果

コンドロイチンは、メディアでもおなじみの、関節を保護する成分。水分や栄養を関節の軟骨に吸収し体の潤滑油の役割をしています。人体では軟骨をはじめ、骨や皮膚、血管壁、角膜、水晶体などにも含まれています。体内で合成されますが、加齢によってその能力は低下していきます。そうなると、体の節々がきしんだり、軟骨がすり減って痛くなったりと、関節障害となって現れるのです。膝痛など関節の痛みが生じるのは、このコンドロイチンなどのムコ多糖が減少することに大きく影響していると考えられています。

ムコ多糖は動物や魚に含まれている粘ばり気のある物質です。細胞同士の間を構成する結合組織の基礎となるもので、水分を蓄えておくタンクのような役目を果たし、血管壁と細胞膜の間との水路を形成しています。栄養成分や酸素はこの水路を通ってそれぞれの細胞に運ばれ、老廃物が回収されていて、体内の代謝にとって重要な存在です。

コンドロイチンが減少すると、必然的に保水力が失われて、肌のハリがなくなったり乾燥したりします。そのほか、細胞や組織の弾力がなくなって傷が治りにくく、組織構造の機能が低下し、免疫力の低下にもつながります。また、血液中の脂肪の代謝もうまく行われません。このように、コンドロイチンの減少により様々な不調が現れるのですが、コンドロイチンの減少を防ぐには、体の外から補給しなくてはなりません。関節痛などの治療薬として、コンドロイチンが精製されたものが古くから使用されていますが、その効果はサプリメントでもじゅうぶん期待ができます。

サプリメントとしてのコンドロイチンは、近年では牛や鶏の軟骨からも抽出されるようですが、吸収効率の良さや安全性の高さから、主にサメの軟骨から抽出されるものです。副作用に関しては特にないようですが、妊婦さんや授乳中の人は摂取を控えたほうがよいでしょう。

飲み方

同じように、変形性関節症などに効果があるとされている成分『グルコサミン』との併用によって、関節の痛みにさらに効果的です。

こんな人にオススメ!

  • 関節が痛い
  • 傷を早く治したい
  • 肌の乾燥が気になる
  • 変形性関節症の予防・改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です