美容と関節の健康維持にコラーゲン

効能・効果

コラーゲンは人の体内のタンパク質のおよそ30パーセントを占めている、繊維状のタンパク質の一種です。肌のハリを保つなど老化を防ぐ美容の効果で注目を浴びているコラーゲンですが、皮膚だけでなく、骨や軟骨、関節、血管といった多くの組織に豊富に含まれています。細胞と細胞をしっかりとつなぎ合わせ、酸素や栄養を供給し、老廃物を除去する働きがあります。皮膚の真皮(しんぴ)と呼ばれる、表皮の下の皮膚を生成する部分のおよそ70パーセントがコラーゲンで、表皮を下から支え、肌の潤いや弾力のもとになっています。

コラーゲンは食事から摂取するタンパク質が人の体内で分解、合成してつくられますが、それは20歳くらいがピークで、年齢を重ねるとともに量が減って作用が劣化したり、老化で新陳代謝が低下するのにともなって、やがては不足気味になります。すると肌はみずみずしさを失っていきます。また、関節の軟骨が分離して痛みが出たりする関節炎や骨粗鬆症など骨の健康維持が損なわれます。目の水晶体や角膜にもコラーゲンが多く含まれているので、新鮮なコラーゲンが不足することで眼精疲労がおこったり老眼が進行したりもします。ですから、コラーゲンを摂取することで関節の軟骨の動きをスムーズにしたり、痛みを軽減したり、骨の組織にカルシウムが定着するのを助ける働きによって、関節炎や骨粗鬆症の症状の改善や予防に効果的だとされています。

コラーゲンをたくさん含む食品には魚の頭部や豚足、牛すじなどがありますが、コラーゲンは水に溶けやすいので煮汁ごと摂ったり煮こごりで食べたりと、分解されたものを摂取したほうが体内での合成を促進して効率よく補給できます。従来はコラーゲンの原料に牛の成分が用いられてきましたが、狂牛病の問題があってからは魚、豚や鶏を用いたサプリメントが増えています。

飲み方

サプリメントには、粒、液状、粉末、ドリンクなどがあります。美容にはビタミンCや鉄分、ヒアルロン酸と組み合わせての併用、骨や関節炎の健康維持にはグルコサミン、コンドロイチンとの併用で、より高い効果に期待ができます。

こんな人にオススメ!

  • 美肌になりたい
  • ヒザやヒジが曲げにくい
  • 関節が痛い
  • 骨粗鬆症の予防

すっぽん小町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です