オリーブの葉抽出物

オリーブとオリーブの葉は決して目新しいものではありません。この2つは何千年もの間、食品として使われてきました。古代療法でさまざまな病気の治療に使われてきたオリーブの葉抽出物ですが、あらためて見直されています。

多くの天然製品と同様、オリーブの葉抽出物についての科学的研究はヨーロッパで行われています。残念ながら、研究結果が一般の人々に知られるまでには時間がかかるため、オリーブの葉抽出物は最近になってようやくアメリカでも注目されるようになったのです。

オリーブの葉は、エレノル酸(elenolic acide)を含んでいます。エレノル酸はバクテリアやウィルスの成長を抑えると同時に、感染症とたたかう重要な細胞を刺激し、免疫機能を強化します。

カリフォルニアの医師、プライヴァテラ医学博士は著書「オリーブの葉抽出物」のなかで、慢性のウィルス性、細菌性感染症患者にオリーブの葉抽出物を用いた話について記しています。

患者の多くはそれまで抗生物質治療の効果が得られませんでしたが、オリーブの葉抽出物で完治したというのです。博士の発見によると、オリーブの葉抽出物は、ヘルペスや膀胱感染症、菌感染症など、一般的な薬物治療に抵抗性のある感染症に効果があり、頑固な真菌感染症であるカンジダ膣炎にはとくに効果があったそうです。

また、エイズ患者にオリーブの葉抽出物を与えたところ、免疫機能が向上し、病気とたたかうT細胞が増加したということです。
オリーブの葉抽出物は、心臓にやさしいサプリメントです。動物実験ではオリーブの葉抽出物が血圧を下げ、悪玉コレステロールLDL (動脈を塞ぎ、心臓病の原因となる血小板を生成する)の酸化を防ぐことがわかっています。

オリーブの葉抽出物は抗酸化剤と同様の働きをすることから、未知の抗酸化物質を含んでいるのではないかと考える研究者もいます。オリーブの葉抽出物は慢性の感染症患者、とくにほかの治療法に耐性をもった感染症の患者におすすめします。おすすめします。効