ローズマリー 正常な細胞ががん化するのを防ぐ

何世紀も前からローズマリーは記憶力を高めるハープとして知られていますが、がんとたたかうハープとしても知られるようになってきています。

ペンシルバニア州で1996年5月、「栄養学」誌に報告された研究プロジェクト「ローズマリー研究」で、強力な発がん物質を投与されたラットの発がん率が、ローズマリーによって著しく軽減されたことが明らかになりました。

別の実験では、スーパーマーケットで売られているものと同じドライローズマリーの葉を使って2週間、ラットのエサに1%のローズマリーを混ぜて与えました。その後、ローズマリー入りのエサを与えたラットの乳細胞を攻撃し、DNA にダメージを与える発がん物質を投与してがんを発症させました。

その結果、ローズマリー入りのエサを食べていたラットは、がんの原因となる化学物質が乳細胞に着床しにくいことがわかり、ローズマリーによって初期の腫瘍形成が阻害される可能性が強いことがわかりました。

ローズマリーが長年、記憶力を高めるハーブとして知られてきたことを科学的に裏付ける証拠があります。ローズマリーにはアセチルコリン(精神機能に関与する神経伝達物質)の分解を抑えるアセチルコリンステラーゼ阻害剤が含まれていることがわかっています。

アセチルコリン値が低いと、通常の老化に伴う記憶の喪失やアルツハイマー病などを引き起こします。バスタブにローズマリーオイルを入れたり、肌にオイルを直接塗ることでアルツハイマー病の進行を遅らせたり、進行を止めることができる可能性があり、現在、研究が行われています。

ローズマリーの特徴と作用、注意点