メシマコブで免疫力を高めガンを予防

効能・効果

メシマコブは、長崎県の男女群島の女島(めしま)でみられる、桑の古木に寄生するタバコウロコタケ科のキノコ。かたいコブ状になっていて、見た目はサルノコシカケや霊芝に似ていて傘の裏が黄色いのが特徴です。自然のごく限られた場所でしか生息しないし、天然のメシマコブはとくに成長が遅いといわれています。また人工栽培も難しいキノコです。メシマコブというのは日本名で、女島の野生の桑の木に寄生するキノコで、女島のコブタケ=メシマコブと呼ばれるようになりました。中国では古くから桑黄(そうおう)と呼ばれて薬として用いられていたし、韓国ではガンの予防や治療に使われ効果をあらわしたため医薬品として認められています。

メシマコブの有効成分は、細胞と細胞の間などにあるヘテロマンナンというタンパク複合体です。ヘテロマンナンが免疫力を増強させることで、ガンと闘う力を強化する働きのある細胞を活性化します。しかも抗ガン剤によって起こる副作用を軽減する効果が示されているのです。ほかに、β(ベータ)-グルカンなどが含まれます。キノコの健康パワーは多糖体にあるといわれていますが、キノコによって多糖の構造には違いがあります。メシマコブは、多糖の中でも注目されているβ-(1-3)D-グルカンや、β-(1-6)D-グルカンをたくさん含んでいます。

このメシマコブの強力な抗ガン作用は、1968年に国立ガンセンターにより発表されました。いくつかの菌類を用いて、マウスにガン細胞を移植した実験では、マウスにメシマコブの煎じ汁を投与したところガンの増殖阻止率が96.7パーセントまで達したといわれています。メシマコブの基礎研究では、本来人間がもっている免疫機能のうちの、ガン細胞を攻撃するNK細胞(ナチュラルキラーさいぼう)で約2倍、マクロファージなどの免疫細胞で約3~5倍の活性を高めることがわかっています。

経口摂取で有効であり、特に問題となる副作用がほとんどないメシマコブは、抗ガン作用のほか、糖尿病、アトピー、関節リウマチなどに代表される膠原病といった自己免疫疾患への効果も期待ができます。病気に負けない体をつくるため、日頃から免疫力を高め予防しておくのにおすすめです。

飲み方

サプリメントの種類には、粉末、顆粒、粒、お茶などさまざまなものがあります。朝起きてから、昼食と夕食の食間、夜寝る前などの空腹時に服用すると効果的です。医師の治療を受けている場合には、相談のうえ摂取してください。

こんな人にオススメ!

  • ガンの予防
  • 免疫力の強化
  • 生活習慣病の予防、改善
  • 自己免疫疾患

メシマコブで免疫力を高めガンを予防」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 免疫力アップやガンに霊芝 | 100種類のサプリメントの効能と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です