オリゴ糖で腸の調子を整える

効能・効果

オリゴ糖とは、ブドウ糖・果糖といった単糖類がいくつかつながった糖のことをいいます。栄養学的には糖類に分類されますが、体内の消化酵素では分解されにくく、食物繊維と同じような働きがあって、整腸作用に優れています。オリゴ糖は、ビフィズス菌に代表される善玉菌の栄養分となって腸まで届き、腸内の善玉菌を増殖させて、腸の調子を整えます。
特にビフィズス菌の栄養になって腸内環境を整える際に貢献します。これにより腸の調子が整い、ビタミンの合成を促進し免疫機能を向上させます。

人の腸内には、およそ100種類、数にしてなんと100兆個以上もの細菌が生息しているといわれていますが、その中には腸に溜まった老廃物を栄養にして有毒な物質を発生させる悪玉菌も存在しています。腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌に分類され、善玉菌は宿主、つまり人の健康維持に貢献し、悪玉菌は害を及ぼし、日和見菌はどちらか勢力の強いほうに味方するとされています。便秘などで便を排出することができないでいると悪玉菌が増殖してしまい、有毒物質や発ガン物質の発生する確率が高くなります。逆に善玉菌が増殖すると便通がスムーズになり、悪玉菌の活動を抑制することができます。

オリゴ糖は食物繊維と同じように働き、腸内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排泄するので、血中コレステロールを減少させ動脈硬化を予防、肝機能を高めます。

オリゴ糖のカロリーは、砂糖の半分以下です。しかし、オリゴ糖は糖質なのに体内に吸収されずに排出され、実際のカロリーはほとんどないため、ダイエットしたい人や糖尿病の傾向の人にもおすすめです。オリゴ糖の特長を生かした商品としては、砂糖に代わる甘味料、整腸用に特定保健用食品(トクホ)として認められているものも多いです。

飲み方

種類によって程度に差はありますが、1回に多量に摂取した場合に一過性の下痢症状をおこすこともあるので 、摂りすぎには注意しましょう。

こんな人にオススメ!

  • 便秘
  • ガンの予防
  • コレステロール値が高い
  • 血糖値が高い

おすすめのオリゴ糖はスムーズな排便のための「ラフィノース」頑固な便秘に悩む30~40代の女性に評判です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です