乳酸菌で整腸

効能・効果

乳酸菌とは、ブドウ糖を利用して増殖し、糖の分解によって乳酸を生みだす善玉菌の総称です。乳酸菌には主に整腸作用があります。下痢の予防や治療、腸内細菌のバランスや腸の蠕動(ぜんどう)運動の調整をして便秘を改善します。

人の腸内には、100兆個以上もの細菌がすんでいて、その種類はおよそ100種類もいるといわれています。これらの腸内細菌には、人の体にとって良い働きをする有用菌(善玉菌)と、悪い働きをする有害菌(悪玉菌)、その中間の位置にいる無毒な菌(日和見菌=ひよりみきん)の3種類がありますが、その有用菌の代表がよく耳にするビフィズス菌などの乳酸菌です。腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が増えてくると便秘や下痢をおこします。普通、善玉菌の数は腸内細菌の20パーセントくらいにあたりますが、年齢を増すに連れ悪玉菌が増えていきます。また中間にいる日和見菌は、勢力を増すほうに味方する性質をもっています。

乳酸菌が含まれている食べ物では、ヨーグルトがよく知られています。ヨーグルトにも便秘の解消や腸内環境を整える効果がありますが、サプリメントの場合は純粋に乳酸菌だけを培養しているので、ヨーグルトよりも効果が期待できます。また、ヨーグルトのようにカロリーや糖分も一緒に摂ってしまうことがないので、サプリメントはダイエットをしている人にもおすすめできます。

乳酸菌の種類にもさまざまあって、すべてが腸内で生きられるわけではありません。胃酸に負けずに生きたまま腸までたどり着く乳酸菌が注目されています。腸内乳酸菌は腸の中で、本来の働きである乳糖やブドウ糖を分解して乳酸や酢酸をつくることで腸の運動を活発にします。それにより便通を整えて、悪玉菌やほかの病原菌の増殖を抑制します。また、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、さらに、有害物質の吸着や排泄も果たします。これらの作用の相乗効果によって免疫機能が活性化し、ガンや感染症に対しての抵抗力が増すことにもつながります。

話題の乳酸菌がしっかり配合されたサプリメント、乳酸菌革命はこちら

飲み方

乳酸菌のサプリメントには、粒、カプセル、粉末、エキス、ドリンクなどがあります。乳酸菌は安全性が高いので、小さな子供から年配の人まで幅広く利用できます。抗生物質を服用している場合には、乳酸菌の効果が減少します。

こんな人にオススメ!

  • 便秘でつらい
  • お腹をこわしやすい
  • アレルギー・アトピー症状の緩和
  • 免疫力の強化
  • ガンの予防

乳酸菌で整腸」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 生きたまま腸に届くのが理想!死んだ菌でも乳酸菌は腸プラス | 腸をごきげんに

  2. ピンバック: 過敏性腸症候群(IBS) | 薬を使わない食事療法(病気・症状別)

  3. ピンバック: 生きたまま腸に届くのが理想!死んだ菌でも乳酸菌は腸プラス | 腸をごきげんに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です