免疫力アップやガンに霊芝

効能・効果

霊芝(レイシ)はサルノコシカケ科に属する担子菌類の一種です。和名ではマンネンタケと呼ばれているキノコで、広葉樹の枯れ木などに生えて栄養分を摂取しています。梅などの古木の10万本に2本~3本しか採取できないという非常に希少な品種は、滅多に人の目にふれることはありませんでした。その煎じた液は、古くから、心臓の機能に効力をもつ薬として珍重され、東洋医学では伝統的に使用されてきました。

霊芝の成分のβ-Dグルカンなどの多糖類や食物繊維、トリテルペン類には免疫活性作用や抗ガン作用があります。葉緑体を持たない菌類は光合成ができないために細い菌糸を縦横に伸ばし、ほかの生命体から栄養を吸収しているのですが、ガンの予防で注目されている霊芝のいろいろな成分は、キノコ本体よりも菌糸のほうに多く含まれているといわれています。β-Dグルカンは、霊芝の細胞壁をつくっている堅い食物繊維の構造で、人体においては、ガンやウイルスなどの異物を食べるマクロファージや、異物をみつけて攻撃するNK細胞(ナチュラルキラーさいぼう)に働きかけます。そして抵抗力を増強させ、感染症を防ぐものとして注目されています。また、医療の現場では、ガンの治療薬として利用もされています。

同じような効能をもったものに、アガリクスメシマコブがあります。

霊芝は、このような免疫機能のほか、血管や血圧、コレステロール、臓器の働きを調整したり、中枢神経の興奮を抑制するなど、身体のさまざまな機能のバランスをはかることがわかっていて、高血圧の改善や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病を予防したり改善する作用があります。また、鎮痛剤としての働きもあって、痛みやそれに伴う不眠を改善したり、不安な気持ちをとりのぞきます。抗ヒスタミン作用がアレルギーの改善に役立ちます。

飲み方

サプリメントの種類には、粒タイプ、カプセルタイプ、飲料タイプ、姿のままで販売され自分で煎じて飲むタイプなどもあります。独特の苦味がありますので、苦手な人は粒などがのみやすいでしょう。短期間では効果が期待できませんので、継続して摂取します。自分で煎じてのむものは、空腹時に摂取するほうが効果的です。

こんな人にオススメ!

  • ガンの予防
  • 動脈硬化の予防
  • 免疫力の強化
  • 血圧が高い
  • コレステロール値が高い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です