肝機能の強化にウコン

効能・効果

ウコンは主にインドを産地とするショウガ科の多年草です。日本では、沖縄を中心に栽培されています。日本で栽培されているウコンには、春ウコン(キョウオウ)、秋ウコン(ウコン)、紫ウコン(ガジュツ)といわれる3種類があります。同じウコンでも、花の咲く時期によって別の名前がついています。通常、ウコンというのは秋ウコンのことを指します。

春ウコンには強い苦味と酸味があります。沖縄ではウコンが肝臓に効いて二日酔いを防ぐことが昔から知られていて、春ウコンを原料としたお茶が昔から飲まれてきました。精油成分が多く含まれ、ミネラルや食物繊維も含まれています。
秋ウコンは、よくカレーを作るのに使われるターメリックです。色が強いので食用や薬用のほか、染料としても使われます。この秋ウコンには、クルクミンという抗酸化成分が豊富に含まれています。クルクミンは、特に肝臓に作用して肝機能を強化し、胆汁の分泌を活発にする働きがあります。胆汁の分泌はコレステロールを消費して、動脈硬化を予防します。脂肪肝、肝炎、肝硬変に有効です。また、遺伝子に作用しガンが発生するのを抑制します。たばこに含まれる発ガン物質の場合、その作用を50パーセント抑制するという話もあるようで、喫煙量の多い人は期待できます。
紫ウコンは赤紫の花をつけ、茎が白紫であることなどから、紫ウコンと呼ばれています。特に胃潰瘍(いかいよう)に有効とされています。健胃作用に優れていて、殺菌・抗菌作用も強く、胃潰瘍の原因だと考えられているピロリ菌を除去する成分が含まれます。

このように、春ウコンは精油成分とミネラルが豊富、秋ウコンにはクルクミンが多く、紫ウコンは健胃作用が強いという特徴をもっています。これら3種類のウコンをブレンドして摂取すると、相乗効果が働き、さらに健康に役立ちます。

飲み方

サプリメントの種類には、粉末、錠剤、タブレットなどがあります。ウコンには消化器系の活動を活発にする成分があるので、できれば食べる前や飲む前に摂取するのがおすすめです。ウコンのサプリメントは、クルクミン量に換算して1日あたりに30~70mg程度を飲むと良いとされています。
粉末ウコンの場合、においや味が気になるという人はオブラートに包んで飲みましょう。それでも飲みにくいという人は、粉末を水またお湯に溶かして、そこにオリゴ糖などを入れれば飲みやすくなります。

こんな人にオススメ!

  • お酒をたくさん飲む
  • 二日酔いに
  • 胃腸の調子が悪い
  • ガンの予防に
  • 喫煙量が多い

ウコンについて詳しい内容はウコンの効能・効果が参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です