ヒアルロン酸で潤いのある美肌に

効能・効果

ヒアルロン酸は、皮膚のみずみずしさをサポートするアンチ・エイジング・サプリメントとして注目され、おもに美容目的で利用される成分です。皮膚や軟骨、関節液といった体内組織にあるムコ多糖類で、優れた保水機能があります。肌組織の水分、潤滑性や柔軟性を保持するのに役立っています。ムコ多糖類にはほかに、コンドロイチンやグルコサミンがあります。食品でヒアルロン酸を多く含むものには、豚足や鶏皮、ふかひれ、サメの軟骨部分などがあります。

人の体では50パーセントが皮膚に存在しているヒアルロン酸ですが、あとは関節軟骨や関節液に多く存在し、目の硝子体(しょうしたい)という透明なゼリー状の組織にも含まれています。関節ではクッションとしての役目があるので、膝や腰の痛みなどを予防するのにも有効に働くと考えられています。体内の含有量は胎児の時が最も多くて、成人を過ぎると4分の1の量まで減り、さらに40歳頃からは急速に減少していってしまいます。ですから、年齢を重ねたらヒアルロン酸を体外から補うことで保湿力を高め、若々しく美しい肌を保ちましょう。

ムコ多糖は体内の細胞同士をつなげ、それぞれの機能の働きを円滑にする潤滑油のようなものですから、このムコ多糖が減少することで関節に痛みが出たり肌の保湿力が失われたりと、体の老化現象が進むのです。皮膚はヒアルロン酸が不足すると保水機能が落ち、肌のハリや潤いがなくなって、シミやシワ、たるみの原因になります。

その強い保水力にはヒアルロン酸1グラムで水6リットルを蓄える力があるとされ、それだけに補給効果が高そうですが、健康食品として開発され、さらに注目を集めるようになったのは10年ほど前のことです。それまでは、美容や関節炎の治療薬として注射での利用がほとんどでした。ヒアルロン酸の補給は、摂取したものがそのまま細胞組織になるのではなく、消化吸収されて体内の代謝によって再び合成されます。コラーゲンと比べ、代謝の回転が速いことがわかっています。

肌に潤いを与えるだけでなく、ヒアルロン酸の機能として、抗酸化物質として働いたり、免疫系に影響を及ぼすことも示唆されています。

飲み方

サプリメントの種類には、錠剤や顆粒があります。吸収されやすいよう低分子加工されたサプリメントで摂取するのが効率的で、毎日続けて摂取することが大切です。
ヒアルロン酸の効能を高めるには、コンドロイチン硫酸とデルマタン硫酸のふたつのムコ多糖類を併用します。

こんな人にオススメ!

  • 肌あれが気になる
  • 肌の老化予防
  • 目の老化予防
  • 関節が痛い
  • 関節軟骨の機能維持


ダーマフィラーは、世界初の新技術でヒアルロン酸を超微細な針状に結晶化。角質層の奥で溶けてじっくり浸透し、内側から肌を押し出します。年齢が気になる箇所をしっかりケアする新感覚のエイジングケア化粧品です。

  1. 医療分野でも最先進的なバイオテクノロジー「溶解型マイクロニードル」。皮膚浸透に関する新しい視点の研究成果から、Dermafillerは開発されました。粒子が大きく角質層に浸透しにくいヒアルロン酸、コラーゲンを、超微細加工技術により、ミクロン単位の針状に結晶化。角質の奥に入り、浸透・溶解し、そのまま肌へ留まる、世界初の化粧品パックです。
  2. ミクロン単位の超微細な突起によって、潤い成分が肌表面に留まらず角質層に入り、先端部が中で溶解。角質層の奥まで浸透します。
  3. 肌の水分を保つ為に必要なヒアルロン酸は、粒子が大きく角質層に浸透しません。Dermafillerはヒアルロン酸を数ミクロン単位の針状に結晶化。角質の奥に、直接注入します。一晩かけてゆっくり溶解することで、角質層の奥からじっくり肌に潤いを補給し、ハリを与えます。

ヒアルロン酸で潤いのある美肌に」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 悪化する一方の関節の痛みにヒアルロン酸治療 | 覚書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です