総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる「コレステ生活」

血管がもろくなり、心疾患や脳血管疾患など、さまざまな病気の引き金となる「動脈硬化」。そして、その動脈硬化を引き起こす大きな原因のひとつがコレステロールです。
コレステロールは、血中をはじめ体内のいたるところに存在する脂質の一種であり、私たちが生命を維持するのに欠かすことのできない、重要な物質です。
ところが、コレステロール値が一定の基準を超え多すぎてしまうと、血管壁に悪影響を及ぼし、動脈硬化を進行させるのです。

コレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐためには、適度な運動や禁煙なども大切ですが、なんといっても食生活の改善が重要になります。とはいえ、今まで重ねてきた食生活を大きく変えるのは、簡単なことではありません。さらに、禁酒や禁煙、運動やストレスの軽減など、生活習慣の改善が大切だとわかっていても、なかなか変えられないのが現実です。

加えて、コレステロール値は年齢を重ねるに連れて高くなる傾向にあるので、40代以降は特に危険です。また、「コレステロール値が高いなんて、おじさんだけ。」と思うかもしれませんが、実は、女性は閉経後にコレステロールが急増するので注意が必要です。これは、閉経後に女性ホルモンのエストロゲンの分泌が少なくなり、新陳代謝の働きが低下して肥満の影響を受けるためです。

  • 脂っこい食事や甘いものが好き
  • ついついお酒を飲んでしまう
  • 野菜はあまり食べない
  • 加齢とともに体重が増えてしまった
  • 運動不足だと感じる

そんな人には、『コレステ生活』がおすすめです。

このコレステ生活は、サプリメントで手軽にコレステロール対策ができると人気の、機能性表示食品です。松樹皮由来のプロシアニジン(プロシアニジンB1として)が含まれ、コレステロールが高めの人に適した食品で、総コレステロールや悪玉(LDL)コレステロールを下げる機能があります。
その効果は、コレステロールが高めな男性・女性を対象とした、12週間の臨床試験で確認されています。

注目の自然素材はフラバンジェノール

コレステ生活の機能性関与成分は、フランスの南西部に生育している海岸松の樹皮から抽出された『フラバンジェノール』です。
この自然素材フラバンジェノールに含まれているプロシアニジンという成分に、LDL(悪玉)コレステロールを低減する作用があります。


総コレステロールや悪玉コレステロールを自然素材で下げる「コレステ生活」」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: こんな食習慣はNG | 健康メモ

  2. ピンバック: 高コレステロールになる重要な6つの原因 | 健康メモ

  3. ピンバック: 動脈硬化は高コレステロールが原因 | 健康メモ

  4. ピンバック: 痛風の予防と治療 | 健康マニア

  5. ピンバック: 気づかないうちに老化がすすむ血管 | 血液・血管の浄化

コメントは停止中です。